トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月30日 (水)

ムック本「机上空間」はラミー特集

机上空間
机上空間

ブログにラミーの話ばかりを書いていたら、友人からこんなムック本を紹介されました。

なんとラミー特集というではないですか!!

ラミーって、メジャーな筆記具メーカーだったんですね。その歴史、思想、日本未発売の製品の情報が巻頭特集されていて、ラミーファン必読です。

当ブログのラミー特集はこちらです。




訪問の記念にコメントをお寄せください。励みになります。

人気blogランキングへ
バナー



楽天ブログランキング


テーマモールスキン・ノートを使いこなす
で、モールスキン仲間の輪を広げませんか?


手帳、文具好きのためのテーマ私の手帳活用法


■ノートにこだわる■
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
価格 1,500円 (税込1,575円)5000円以上お買い上げで送料無料。
ダクト モールスキンポケット対応革製カバー
ダクト モールスキンポケット対応革製カバー
限定発売!モールスキンBAG
限定発売!モールスキンBAG
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
価格 1,600円 (税込1,680円)
送料別










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月29日 (火)

【モールスキンにピッタリ】LAMY2000 万年筆

モールスキン用に買ったLAMY2000シリーズの4色ボールペン。

MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート

このグリップ感をすっかり気に入ってしまい、同じシリーズの万年筆も買ってしまいました。

ラミー 2000 万年筆
ラミー 2000 万年筆

ライカなどのカメラを中心にヴィンテージ万年筆を扱っているレモン社で、1万円。古物商では、こちらの住所も書かなければいけないんですね。初めて知りました。箱にはダメージがありましたが、万年筆本体は新品同様。欧州の万年筆は日本製よりも若干太めと聞き、F(細字)を選びました。

確かに、細字よりもM(中字)に近い感じ。インクはラミーの純正ではなく、ペリカンのブルーブラックを使ってみました。モールスキンのソフトな紙質にもなじみ、いかにも万年筆らしい筆記が味わえます。




訪問の記念にコメントをお寄せください。励みになります。

人気blogランキングへ
バナー



楽天ブログランキング


テーマモールスキン・ノートを使いこなす
で、モールスキン仲間の輪を広げませんか?


手帳、文具好きのためのテーマ私の手帳活用法


■ノートにこだわる■
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
価格 1,500円 (税込1,575円)5000円以上お買い上げで送料無料。
ダクト モールスキンポケット対応革製カバー
ダクト モールスキンポケット対応革製カバー
限定発売!モールスキンBAG
限定発売!モールスキンBAG
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
価格 1,600円 (税込1,680円)
送料別






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月28日 (月)

【LAMY】ラミー2000 4色ボールペン到着

ラミー2000 4色ボールペンが到着しました。



ペンなんか書ければいい。そんなレベルにしか思っていませんでした。「ラミー」という会社のことも知りませんでした。ネットで調べて、ドイツの筆記具メーカーだと知った次第です。

シンプルなブラックボディに一目惚れでした。早速、購入しようと、いろいろ探しましたが、ほとんど品切れ。ようやく入手できました。

「ラミー2000」シリーズは40年前、2000年をみこして、デザインされたそうです。飽きのこないデザイン。まさにシンプル・イズ・ベストといった感じでしょうか。太さもほどよく、持った感じがいい。

あえて、ひとつ星を減らして、4つ星にしたのは、ペンの太さの問題。漢字を書くには、やや太い。きっと、アルファベットを書くには、この太さが適しているのでしょう。これは国産の極細、細字などのリフィールが使えますので、問題はありません。

このシリーズに惚れ込んで、万年筆もゲットしました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月26日 (土)

今年の手帳は「放送手帳」

今年の手帳は能率手帳がベースになった某放送局の「放送手帳」を使っています。


その「放送手帳」は評判がいいのですが、表紙には放送局のロゴが大きく入っているので、ちょっと恥ずかしい。そこで、銀座の伊東屋で革製カバー(2000円くらい)を賈って、金文字で自分の名前を入れています。


手帳を使うに当たっては、いくつか活用本を買いました。

手帳200%活用ブック
「手帳200%活用ブック」(日本能率協会マネジメントセンター刊)


この本に載っていた斎藤孝さんの「三色ボールペン手帳術」を自分なりに応用しています。

斎藤さんのやりかたでは黒はまったく使わないのですが、私の場合は結構な頻度で使っています。だから、四色ボールペン術かも。




訪問の記念にコメントをお寄せください。励みになります。

人気blogランキングへ
バナー



楽天ブログランキング


テーマモールスキン・ノートを使いこなす
で、モールスキン仲間の輪を広げませんか?


手帳、文具好きのためのテーマ私の手帳活用法


■ノートにこだわる■
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
価格 1,500円 (税込1,575円)5000円以上お買い上げで送料無料。
ダクト モールスキンポケット対応革製カバー
ダクト モールスキンポケット対応革製カバー
限定発売!モールスキンBAG
限定発売!モールスキンBAG
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
価格 1,600円 (税込1,680円)
送料別







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

MOLESKINEとの出会い

MOLESKINE(モールスキン) 方眼ノート Lサイズ
モールスキン メモポケッツ L
PDAやパソコンを愛用して、日記、アドレス帳とあらゆることに使っていたが、最近、手書き派に転向した。思ったことをすばやくメモするということにおいて、紙は相当優れている。

パソコンは何度も書き直しが効くのはいいが、突然、消えてしまうこともあり、度々悔しい思いもしてきた。

文具店やネットで文具を見るのが好きだ。そこで見つけた魅力的なノートがMOLESKINE(モールスキン)。見た目が美しく、しかも丈夫。文豪ヘミングウェイ、ピカソ、ゴッホも愛用したという代物。

100円均一でノートが買える時代に、一冊のノートに投資するのは少し高い。しかし、ペンで書くという作業が非日常的になっているからこそ、書くことという作業に贅沢さを感じたい。いいノートをそろえると、書くという作業がもっと楽しくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年4月 »