« 包み込むシステム手帳 | トップページ | 激安・使い捨てコンタクトレンズ »

2005年5月27日 (金)

ヴォラントをミニ6穴手帳に「バインド」する

MOLESKINE モールスキン VOLANT ヴォランチ(ポケット横罫・3冊タイプ)
MOLESKINE モールスキン VOLANT ヴォランチ(ポケット横罫・3冊タイプ)

5/22付で、モールスキンノート・ポケット版の後ろポケットにはミニ6穴のシステム手帳のリフィールが収まりますと、紹介させていただきましたが、逆も可なり。<ヴォラントって、「なんぞや?」という方は少しだけ日記をさかのぼってください>

まずはミニ6穴手帳とヴォラントの大きさ比べです。黒いノートがヴォラントです。
ヴォラントとミニ6

ベルトを締めると、こんな感じ。
ヴォラントとミニ6収納

システム手帳のリングは長所であり短所でもあります。多彩なリフィールをバインドでき、カスタマイズできる一方、書くときにはひっかかってしまいます。

僕はバインドしたまま、リフィールに書くのは苦手です。<みなさんはどうしていますか?>

しかし、ボラントを挟んでおけば、ミニ6穴の欠点を補うことができます。ミニ6穴は、服のポケットに入れるには少し大きすぎますから、ミニ6はカバンに、ヴォラントをポケットに入れるという手があります。薄いヴォラントは小回りが効きますね。



|

« 包み込むシステム手帳 | トップページ | 激安・使い捨てコンタクトレンズ »

モールスキン Moleskine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40725523

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォラントをミニ6穴手帳に「バインド」する:

« 包み込むシステム手帳 | トップページ | 激安・使い捨てコンタクトレンズ »