« 【ビジネス書】名刺交換で名前を忘れない方法「記憶の法則」 | トップページ | 「TQ」に学ぶ〜1日の計画を立てる »

2005年7月30日 (土)

「野ブタ。をプロデュース」

野ブタ。をプロデュース
野ブタ。をプロデュース
1000円

いつものビジネス書路線から閑話休題。
昨年、芥川賞候補になった作品の紹介です。書き手は白岩玄という21歳の専門学校生。

高校生の主人公・桐谷修二が、最高にイケてないイジメられっ子のデブの転校生を人気者にプロデュースするという物語です。主人公は「桐谷修二」という人気者の着ぐるみを着ているのだ、と自覚しながら、毎日学校に行きます。どこか、シニカルな見方を持っています。

主人公が演じている日常から描かれるのですが、話の読み出しとしてはややかったるい。野ブタが出てきてからは俄然面白くなります。

ただ、プロデュースの技としては古典的で、もう一捻り欲しいところ。アイデアの発想そのものはテレ朝「内村プロデュース」と近いものが。

10月からは日テレ系で連続ドラマにも。金持ちのボンボンで世間擦れした同級生役を新たに設け、転校生役はデブの男の子から、都会の匂いのする性格ブスの女の子に変更。修二がこの二人をプロデュースするという話になるようです。修二役にKAT-TUNの亀梨和也、ボンボン役はNEWSの山下智久。転校生役は新人になる模様。

原作とは違った中身になりそうですが、これはテレビ賞を受賞した「すいか」の脚本家コンビ木皿泉の腕前次第。ちょっと心配もしながら、期待しています。




人気blogランキングへ
バナー



楽天ブログランキング


手帳、文具好きのためのテーマ私の手帳活用法
で、手帳好きの輪を広げませんか?



■ノートにこだわる■
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 方眼ノート
価格 1,500円 (税込1,575円)5000円以上お買い上げで送料無料。
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 ミュージック(MUSIC)
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版 ミュージック(MUSIC)
価格 1,500円 (税込1,575円)
5000円以上お買い上げで送料無料。
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版スケッチブック
MOLESKINE(モールスキン) ポケット版スケッチブック
価格 1,500円 (税込1,575円)5000円以上お買い上げで送料無料。
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
モールスキン Storyboard Notebook ポケット
価格 1,600円 (税込1,680円)
送料別





|

« 【ビジネス書】名刺交換で名前を忘れない方法「記憶の法則」 | トップページ | 「TQ」に学ぶ〜1日の計画を立てる »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:「野ブタ。をプロデュース」(07/30)
SECRET: 0
PASS:

ドラマ化とは…知りませんでした。

この作品、今どきの人(こういう時点でもう年寄りですね)が、

書いたものだなぁという感想でした。

投稿: うさ★うさ | 2005年7月31日 (日) 18時26分

TITLE: Re[1]:「野ブタ。をプロデュース」(07/30)
SECRET: 0
PASS:

うさ★うささん

>この作品、今どきの人(こういう時点でもう年寄りですね)が、



今どき感はありますよね。カギ括弧内の「(笑)」というのは、どう思われました?

僕は意味ないので、やめたほうがいい気がしました。



受賞作の「グランド・フィナーレ」の方がインパクトはありました。「人のセックスを笑うな」は積ん読中です。読んでますか?

投稿: ヒサヒロ4 | 2005年7月31日 (日) 20時11分

TITLE: Re[2]:「野ブタ。をプロデュース」(07/30)
SECRET: 0
PASS:

ヒサヒロ4さん



>今どき感はありますよね。カギ括弧内の「(笑)」というのは、どう思われました?

>僕は意味ないので、やめたほうがいい気がしました。



これって私のような表現力の乏しい人が使う物だとおもっていました。小説に登場するとはノ

しかも多すぎ!



>受賞作の「グランド・フィナーレ」の方がインパクトはありました。「人のセックスを笑うな」は積ん読中です。読んでますか?



『グランド・フィナーレ』は設定がいただけませんでした。

『人の〜』はもともと恋愛物はあまり好きではないので食わず嫌いで手をつけていません。

投稿: うさ★うさ | 2005年7月31日 (日) 21時00分

TITLE: Re[3]:「野ブタ。をプロデュース」(07/30)
SECRET: 0
PASS:

うさ★うささん



>これって私のような表現力の乏しい人が使う物だとおもっていました。小説に登場するとはノ

>しかも多すぎ!



なるほど。

(笑)はブログでもやめたほうがいいですね。

この際、聞きますが、顔文字も許せませんか?



>『グランド・フィナーレ』は設定がいただけませんでした。



これは生理的に許せないってことですか?娘を持つ身としては共感はできなかったです。共感できたら、怖いですけどね。



>『人の〜』はもともと恋愛物はあまり好きではないので食わず嫌いで手をつけていません。



そうですか、ビジネス書もちょっと一息ついたので、読んでみますね。

投稿: ヒサヒロ4 | 2005年7月31日 (日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40726124

この記事へのトラックバック一覧です: 「野ブタ。をプロデュース」:

« 【ビジネス書】名刺交換で名前を忘れない方法「記憶の法則」 | トップページ | 「TQ」に学ぶ〜1日の計画を立てる »