« 青空作業場、キットハウス | トップページ | 【スケッチ】SAYURI »

2005年11月28日 (月)

「生協の白石さん」はアフィリエイトの教科書

生協の白石さん
生協の白石さん

言わずもがなのベストセラーは、文具ブログの盟友koji011さん(本人は迷惑かも)のおすすめだったので、読んだ。

東京農工大にある生協の「ひとことカード」をまとめたもの。学生から寄せられた商品のリクエスト、質問、はたまた珍妙な人生相談に、生協の白石さんが小粋なコメントを返していく。

あくまでも、真面目。しかもペーソスに満ちたコメントに大いに笑わせられ、ホンワカした気持ちになる。

そんなカードの内容が学生のブログで取り上げられ、いつの間にか、評判になり、出版に結び付いた。しかし、ここまでの大ヒットに、白石さんもビックリだろう。いずれ、ドラマ化、映画化は間違いない。

しかし、白石さんのコメント力はすごい!!!斎藤孝氏も絶賛間違いなし。

コメント力


個人的には「生協はいつ紀伊国屋くらいの大きな建物にな・る・の?」の答えが好きだ。

白石さんは答える。

「紀伊国屋程の大きさになったら、我々も嬉しいところです。

ところで、思いの外プロ野球チップスの売れ行きが芳しくありません。見本が土橋選手で地味だからなのでしょうか。

しかしこの選手は、敵に回すと憎らしい程の名選手ですし、店頭に並んでいるチップスのカード全てが土橋とは限りません。

以上、追記としてセールスポイントを挙げさせて頂きました。

この課題をクリアすることが『紀伊国屋計画』の第一歩かもしれません」




導入部はオーソドックスに、紀伊国屋のことを触れる。そして、「プロ野球チップス」という意表をついた転換。

白石さんの仕事はひとことカードを書くことではない。生協の商品を売ることだ。そこで話題に出したのは、売り上げが悪い「プロ野球チップス」のこと。あくまでも真面目なのだ。

カルビー 22g 2005プロ野球チップス第3弾 24入

そして、土橋選手。地味だから売れないのか?と一旦落としてみる。ところが、「敵に回すと」というフレーズで視点を変えて、持ち上げる。

しかも、「憎らしい程の名選手」。この表現はなかなか見付からない。最大級の賛辞だ。誰も敵を作らない気配り。

さらに、カードの中身は土橋選手ばかりではないと念を押す。文を読むと、カードを集めてなくとも、なんとなく中身が気になってきた。

最後は紀伊国屋ネタに戻す。起承転結がきちっとはまった構成。細部の表現も巧みな名文だ。

ついでに言うと、最後の一文で、自分を下げるところがよい。チップスをなんとかすることが「紀伊国屋計画の第一歩」とかわいらしいことを書く。こっちも、チップスくらい買うよ、と思わず”計画”に加担したくなる。

この本のコメントの数々は、きちんと勉強を積んだ人の文。国語の教科書に載せる価値あり。思わず商品を買いたくなることでも分かる通り、アフィリエイトの参考にもなる。

人を動かす新装版
デール・カーネギーの「人を動かす」ばりの名著と言っても過言ではない。

買わなきゃソン!
生協の白石さん
生協の白石さん


|

« 青空作業場、キットハウス | トップページ | 【スケッチ】SAYURI »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40730604

この記事へのトラックバック一覧です: 「生協の白石さん」はアフィリエイトの教科書:

« 青空作業場、キットハウス | トップページ | 【スケッチ】SAYURI »