« モールスキンでもっと遊んでみよう | トップページ | DIY本「はじめての家具作り」 »

2005年11月18日 (金)

カントリー風物置作りをめぐる失敗

物置の出来映えには満足しているものの、いくつか失敗したと思っていることがあります。これから物置を作ろうと思っている方の参考になれば(そんな人は数多くはいないでしょうが)。

作ることに夢中で、あまり写真を撮っていませんが、製作過程です。
物置 骨組み
骨組みに板を張りました
物置扉なし
形になりました

物置扉右だけ
右だけ扉がつきました

物置扉つき
扉がついたので、物も入れられるようになりました

物置

物置2
これが完成品です。

デザインも試行錯誤しています。こちらにあります。

まずは木材選び。雨に晒されるからと、防腐剤注入材を選んだのですが、ベストチョイスではなかった。ちなみに、緑がかった色は注入材の色です。

エクステリア全般に言えることですが、強度、耐久性を考えると、米杉(レッドシダー)がよかったようです。これはウッドデッキの本に書いてあったことです。ただし、注入材よりも米杉の方が高い。

ウッドデッキ・レッドシダー 4x4 14feet90×90×4267mm 16.6kg
ウッドデッキ・レッドシダー 4x4 14feet90×90×4267mm 16.6kg

第2に塗装。これも途中から塗るべきだと知りました。防腐剤が入っているから、大丈夫だろうとタカをくくっていたのですが、やはり必要。塗っていれば、雨を弾いてくれる。

見た目ではまったく分かりませんが、アサヒペンの外部用水性塗料のクリアを塗っています。防腐剤の緑色を活かしたいと思いました。根幹の骨組は後塗りです。

防虫・防腐・防カビ・防藻効果に優れた木部専用塗料アサヒペン 《水性》ガーデン用カラー 3L
防虫・防腐・防カビ・防藻効果に優れた木部専用塗料アサヒペン 《水性》ガーデン用カラー 3L

木材を買ってきた日に塗るのがいいです。ローラーで簡単に塗れる。

後は釘の代わりに主流になっている木ネジ「コースレッド」。鉄製のものを購入しましたが、ガーデン家具には、錆びないステンレス製を使うのが常識だと、本で知りました。もう少し、前調べをすべきだった。これも途中で知り、見える部分は打ち直しました。

しかし、こういうことは実際、分からないこと。そういう意味では非常に勉強になりました。次回の教訓になりました。

既製品の木製物置はこちらから。

今後は上に植木鉢を置ける横に長い物置とウッドデッキに挑む予定。


|

« モールスキンでもっと遊んでみよう | トップページ | DIY本「はじめての家具作り」 »

DIY・エクステリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40730674

この記事へのトラックバック一覧です: カントリー風物置作りをめぐる失敗:

« モールスキンでもっと遊んでみよう | トップページ | DIY本「はじめての家具作り」 »