« 【スケッチ】年賀状のデザインを書く | トップページ | 【スケッチ】年賀状を描くPART2 »

2005年12月30日 (金)

2005年決算!出会ってよかった手帳本10冊

順位をつけてみたものの、そんなに厳密な意味はない。10冊の本は僕の手帳術に大きな影響を与えてくれた。著者に感謝。

第1位
人生は手帳で変わる
人生は手帳で変わる
フランクリン・プランナーのノウハウが詰まった手帳本。僕はフランクリンは使っていない。しかし、このノウハウはほかの手帳ユーザーにも有益のはず。
過去記事1
過去記事2


第2位
ブランド人になれ!
ブランド人になれ!
手帳本とは言えないが、「自分を会社に見立てよう」「自分をブランドにしよう」という考え方の数々は手帳術の指針となった。

第3位
頭がよくなる本改訂新版
頭がよくなる本改訂新版
本当は「人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考」が入るのだが、絶版になっている。マインドマップに関する本はたくさん出ているが、本家トニー・ブザン氏によるものがオススメ。
過去記事

第4位
私(わたし)の生活流儀新装版
私(わたし)の生活流儀新装版
これも手帳本ではないが、生活の指針となる本。手帳術についても言及。本多氏はバインダー式を使っているという。システム手帳のような使い方だ。
過去記事

第5位
『7つの習慣 成功には原則があった!』 
『7つの習慣 成功には原則があった!』 

ビジネス啓蒙書のバイブル。仕事だけに終わらず、プライベート、家庭などにも言及。生き方を考え直すきっかけになる。
過去記事

第6位
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ

これも手帳本ではないですね。思い当たる人は一読を。読めば、仕事ができる人に?
過去記事

第7位
TQ
TQ

彗俊さんがこの本をテーマにしたブログを書いているが、熟読するに値する名著。

過去記事7/28
過去記事7/31

第8位
三色ボールペン情報活用術
三色ボールペン情報活用術

テレビで大ブレークした斎藤孝氏の本。ラミー2000 4色ボールペンを使うきっかけになった。

第9位
手帳200%活用ブック
手帳200%活用ブック

手帳に目覚めるきっかけになった。いろんな方の手帳術を一挙に読める。ライフスタイル、考え方に共感できた人の術を真似するのも手。

第10位
「朝」日記の奇跡
「朝」日記の奇跡

朝、日記を書く。夜に書く日記と違って、前向きな自分を作ることができる。まだ、習慣化できていないが、来年こそは!
過去記事


|

« 【スケッチ】年賀状のデザインを書く | トップページ | 【スケッチ】年賀状を描くPART2 »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40730833

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年決算!出会ってよかった手帳本10冊:

« 【スケッチ】年賀状のデザインを書く | トップページ | 【スケッチ】年賀状を描くPART2 »