« 【八丈島】飛行機でたった45分 | トップページ | 【八丈島】宿選びは大事 »

2005年12月25日 (日)

【八丈島】流刑の島

ダイビングスポットのメッカ、かつてはハネムーンの島として人気だった全盛期は年間20万人が訪れた八丈島が、江戸時代に流刑島だったという事実はどれくらいの人が知っているのだろうか?

建築家の団紀彦氏が「るにんせん」として書き、奥田瑛二氏が映画化した。

るにんせん
るにんせん

流刑島といっても、牢屋があるわけではない。島そのものが牢屋なのだ。るにんたちは、そこで「勝手に暮らせ」とお上から告げられ、自給自足の暮らしをしていた。初期は政治犯、資産階級が、後期には凶悪犯が送られた。

周囲は断崖絶壁、海には流れが速い黒潮が走る。脱獄不可能。島抜けに成功した者はたった一人しかいない。その意味では、アルカトラズ島よりも堅牢かもしれない。

アルカトラズからの脱出(期間限定) ◆20%OFF!
アルカトラズからの脱出(期間限定) ◆20%OFF!
この頃のイーストウッドはかっこよかった。

ここは地元の人もあまりいかないという黒砂。
黒砂2

絶壁から海を見た。
黒砂

おお、こわい。

火山で生まれた八丈島は、自然の驚異に満ちている。到着するなり、驚かされた八丈富士はその象徴だろう。八丈の巨大なモニュメントだ。

八丈富士

そんな自然の中、ここで暮らす先人の苦労が想像できるのが、玉石垣。800メートル先の海岸にごろごろ転がっている玉石を集めて作った珍しい石垣。玉石は荒波が作り出したもの。

玉石垣

るにんは1個運ぶと、おにぎり1個もらえたとか。実際に玉石を持ってみたが、これがかなりのもの。女性は持ち上がらなかった。重さを考えると、おにぎりをもらうよりじっとしていた方が得な気がする。

さて、食事。

八丈での食事

島寿司、クサヤ、アシタバのおひたし、天ぷら。おいしかった。


明日葉は島の特産で、健康食品、お茶としても人気がある。カラッと揚げた天ぷらは最高だ。

八丈島の明日葉茶100%で作りました!
八丈島の明日葉茶100%で作りました!
ちょっとだけ苦みはあるが、飲みやすい。

独特の臭いを持つ「くさや」。青ムロアジに塩をまぶして天日に干す。同じ塩につけているうちに、魚のエキスがにじ出て、塩汁(くさや)が生まれた。最初に食べた人間は勇気がいったに違いない。

好き嫌いははっきり分かれるが、八丈では健康、長寿の秘訣として日頃から食卓にのぼるそうだ。

New!手間入らず♪炭焼 『青ムロアジくさや・姿焼き』(大サイズ)一枚入り真空パック☆グルメ...
New!手間入らず♪炭焼 『青ムロアジくさや・姿焼き』(大サイズ)一枚入り真空パック☆グルメ...

関東エリアページ

八丈島の宿
Kencha Rumah ケンチャ・ルマ
Kencha Rumah ケンチャ・ルマ

八丈ビューホテル
八丈ビューホテル

八丈島 民宿 そこど荘
八丈島 民宿 そこど荘

ペンション ブルーマーリン
ペンション ブルーマーリン

あしたば荘
あしたば荘

八丈シーパークリゾート
八丈シーパークリゾート


|

« 【八丈島】飛行機でたった45分 | トップページ | 【八丈島】宿選びは大事 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40730867

この記事へのトラックバック一覧です: 【八丈島】流刑の島:

« 【八丈島】飛行機でたった45分 | トップページ | 【八丈島】宿選びは大事 »