« 村上春樹とボストンマラソン | トップページ | 【スケッチ】雲南省の旅 »

2005年12月23日 (金)

松任谷正隆氏はナイキだそうです

ジョギングといえば、何はともあれシューズ。万年筆はメイドインジャパンを使わない僕(持っていないだけ)だが、シューズは国産品がいい、と思う。

ファッション性、デザイン性を考えると、外国産も魅力あるけど、悲しいかな外国人の足と日本人の足は違うのだ。多くの日本人の足は幅広。

ジョギングシューズではないが、過去に、縦に細くスマートなイタリアンシューズを買ったことがある。それはもうデザインにほれたのだが、靴擦れがひどくなって、ほとんど履かなくなったこともあった。

僕が目下、愛用しているのはミズノ。もう既に型落ちになっていると思うので、紹介はしないが、現行モデルだったら、ウェーブというのが評判がいい。

男性用
【数量限定】ミズノ ランニングシューズウェーブマーベリック3 ワイド
【数量限定】ミズノ ランニングシューズウェーブマーベリック3 ワイド
価格 9,900円 のところ
価格 6,100円 (税込6,405円) 送料別


女性用
MIZUNO (ミズノ) ランニングシューズウェーブマーベリック4 (W)
MIZUNO (ミズノ) ランニングシューズウェーブマーベリック4 (W)
価格 8,900円 のところ
FUN価格 8,000円 (税込8,400円)

ミズノ製品はほかにも、いろいろあるので、予算に合わせて買うのがいい。


本当いうと、靴はネットではなく、店頭で買うのがベスト。やっぱり、実際、履かないとね。はき慣れたメーカーのものだったら、ネット買いもいいと思うけど。

アシックスはネットで買ったが、届いてみたら、横幅が狭く、サイズ交換してもらったこともある。ミズノよりもワンサイズ大きいものを買うのがよさそう。(購入履歴にも書いた)

ユーミン夫の松任谷正隆氏はジョギング歴11年だそうだが、ナイキの愛用者だそうだ。全身ナイキづくめ。いろいろなことを総合すると、ナイキに行き着いたのだという。ナイキ、かっこいいですね。

「僕の散財日記」では、ナイキのショックスについて書いている。
僕の散財日記
僕の散財日記

「走り心地は独特のものがあった。直進性がいい。車でもあるまし本当かよといわれそうだが本当だ」と書いている。


取り上げているモデルとは違うけど、こんなショックスはこんな感じ。
NIKE SHOX 2:40 ランニングシューズ
NIKE SHOX 2:40 ランニングシューズ


|

« 村上春樹とボストンマラソン | トップページ | 【スケッチ】雲南省の旅 »

ジョギング・マラソン・ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40730879

この記事へのトラックバック一覧です: 松任谷正隆氏はナイキだそうです:

« 村上春樹とボストンマラソン | トップページ | 【スケッチ】雲南省の旅 »