« 谷川真理ハーフマラソン | トップページ | 旅の思い出に色彩を »

2006年1月 9日 (月)

スケッチブックで絵日記を

ハーフマラソン一夜明け。
体が機能してない。下半身が見事に筋肉痛。これが筋肉痛の見本です、とお医者さんに標本にされてもいいのではないかという感じ。

特に階段を降りるのが大変。

絵日記風

最初はカニ歩き、夕方になってロボット歩きへと「進化」を遂げた。
そんな姿を見て、娘が喜んでいう。
「パパどうしたの?ロボットみたい」
「パパと呼ぶな。ASIMOと呼べ」
痛みでヤケになって、答えた。

ディスカバリーチャンネル ロボサピエンス 進化するヒューマノイド
ディスカバリーチャンネル ロボサピエンス 進化するヒューマノイド
さすがに楽天ではASIMOは売っていない!

娘は昼間は近所の友達と遊んでいたが、夕方になって家に戻ってきた。
「パパ、何かして遊ぼう」
筋肉痛に苦しんでいるパパに対して娘は非情だ。

しかし、心優しいパパは遊んであげる。
家の前の道路でローラーブレードの練習。
2年前に買い与えたローラーブレードだが、最近になって、滑りらしくなってきた。

娘に教えるのも飽きたころ、やや急な坂に挑戦。

結末は見えましたね?

そうです。スピードを殺せず、スッテンコロリン。ノーヘルの後頭部を強打。

いまだから、冗談めいて書けるが、打った瞬間は目に火花が散り、腕の筋肉に痺れが走り、耳には聴覚検査の信号音のような高い音が鳴りっぱなしだった。

「パパ、大丈夫?」
「大丈夫じゃない」
しばらく動けなかった。ローラーブレードにヘルメットは必需品です。

アイスノンで冷やしたが、それこそタンコブの見本のような見事なタンコブが出来上がっていた(涙)。



さて、本日、モールスキン スケッチに稚拙な絵日記を描いたのには、訳がある。

MOLESKINE/モールスキンSketch book【スケッチブック】
MOLESKINE/モールスキンSketch book【スケッチブック】

すごく素敵な絵日記をモールスキンスケッチで描いている方がいるのだ。
ユキさんです。
モレスキンに綴る絵日記。

ぜひ遊びに行ってください。

楽天に限らず、モールスキン・ブログをやっている方と知り合えたらと思いました。



TOPへ




|

« 谷川真理ハーフマラソン | トップページ | 旅の思い出に色彩を »

モールスキン Moleskine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40731104

この記事へのトラックバック一覧です: スケッチブックで絵日記を:

« 谷川真理ハーフマラソン | トップページ | 旅の思い出に色彩を »