« 初心者ランナー、完走す〜谷川真理ハーフマラソン PART2 | トップページ | 初心者ランナー、躁鬱す〜谷川真理ハーフマラソン »

2006年1月 8日 (日)

初心者ランナーは谷川真理ハーフで思った

このテーマのマラソン参加者の日記を拝見すると、2時間15分台なんて、恥ずかしい成績。みなさん、すごい練習を積まれているし、1時間30分を切っている方も相当いる。

谷川真理ハーフマラソン
大会でのひとコマ

実はあまり大会には出る気はなかった。

大した練習もしていないし、
どうせ記録は大したことないし、
朝早いし、
つらいし

なんて、いろいろネガティブなことを考えていたが、出てよかった。

ハーフを走り切ることができると自信にもなったし、まだまだだとも思った。

まだまだってことは、まだまだタイムを縮める楽しみもあるということ。
ハーフ1時間半ってのは、夢の話だが、その可能性がないというわけではない。とにかく、もっと走り込もう。ただ、モモの筋肉痛と左ヒザ痛で、すぐには走れそうにないけど。とほほ。

市民ランナーでもある作家の村上春樹氏は「うずまき猫のみつけかた」の中で、マラソンに触れている。(前にも書いたけど)

「マゾヒスティックと人は言うかも知れないけれど、でも決してそれだけではない(中略)むしろ好奇心に似た種類のものなのだろう。回数を積み重ね、限界を少しずつ上げていくことによって、自分の中に潜んでいる自分のまだ知らないものをもっとよく見てみたい、日の当たるところにずるずるとひきずりだしてみたい、というような・・・」

マラソンは、より自分との闘いという色が強いように思える。(多分、どの競技も、最後は自分との闘いなのだろうが)

何位だったのでよかったというよりは、自分の記録が前より、どうなったかが重要。みなさんの日記も、そんな風に書いている。そういう意味では、他人の目を気にせず、自分自身と向き合える面白い、個人的なスポーツだ。

家に帰って、トランスミッターの調子が悪かったポラールの心拍計の具合を見てみた。

ネットで調べてみると、冬場はなかなか感度が悪いらしい。
潤滑剤などを塗ってから、装着するといいとあった。

指でぐっと押しつけてみると、脈が取れたので、潤滑剤の代わりにメンソレータムを胸に塗り込んでみた。すると、ほどなくして、レシーバーが「60」を表示。

以前、大枚をはたいて買った心拍計。これで、再び出番となりそうだ。

僕が買ったものと同型。楽天ではここが一番安い。

ポラール POLAR S610i
ポラール POLAR S610i
定価 34,650円
15%OFF価格 28,050円 (税込29,452円) 送料別

お得情報
楽天スーパーポイントがゲットできる情報が載っているサイト
http://blog.livedoor.jp/shoiko/archives/50307767.html

P.F−ROADではラミー・2000・4色ボールペン10000円 6500円)が特価中。10日まで。

高級万年筆の文栄堂では蔵出しセールを実施中。57のアイテムが対象になっています。




TOPへ




|

« 初心者ランナー、完走す〜谷川真理ハーフマラソン PART2 | トップページ | 初心者ランナー、躁鬱す〜谷川真理ハーフマラソン »

ジョギング・マラソン・ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40731110

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者ランナーは谷川真理ハーフで思った:

« 初心者ランナー、完走す〜谷川真理ハーフマラソン PART2 | トップページ | 初心者ランナー、躁鬱す〜谷川真理ハーフマラソン »