« モールスキン・シールの使い道 | トップページ | 趣味の文具箱 »

2006年2月 4日 (土)

「絶妙な手帳メモの技術」

さっき見たら28位。よかったらクリックしてください。
ranking

まずは「検索性をあげるのは」という彗俊さんの悩み。詳しくは彗俊さんの記事を読んでみてください。

僕には明確な回答がなかったのですが、こんな本を読みました。

絶妙な手帳メモの技術
絶妙な手帳メモの技術

サブタイトルは「ポストイットとオリジナルルールで手帳が変わる」。
ポストイット術と手帳術の本です。

著者の福島哲史氏は、綴じノートとポストイットで仕事をこなしているそうです。

僕もポストイットは使っていますが、短冊型と透明タイプばかり。福島氏は手帳と同じくらいのサイズのポストイットを使っているそうです。

福島氏紹介の品番655、ノート型。
ポストイット・フセン紙655Y(3M)幅127ミリ縦76ミリ 1パッド入り
ポストイット・フセン紙655Y(3M)幅127ミリ縦76ミリ 1パッド入り
メーカー希望小売価格 367円 のところ
当店特別価格 258円 (税込) 送料別

福島氏は、まずポストイットに書き込み、確定したことや保存したいことノートに書き込んでいるそうです。

ということは、逆も可ですね。

修正があった場合、このポストイットに書き込み、モールスキンに貼るというのはどうでしょう?そうすれば、同じ案件のページに、項目を足すことができる。モールスキンは貼り込みが効くノートなのですから。

あるいは修正が想定される案件については、まずポストイットに書いて、モールスキンに貼る。

ノート型のポストイット。僕も活用してみようかと思いました。
どうでしょうか、彗俊さん。



ranking

シュミットさんのおかげで、順位ジャンプアップ。この意味はこちらから。

ジョギング/ダイエット/モールスキン/ロディア/吉田かばん/楽天ブックス




日本ブログ大賞2006
大胆にもビジネス部門に参加しています。最下位だけは避けたいので、よかったら1票を投じてください。



TOPへ




|

« モールスキン・シールの使い道 | トップページ | 趣味の文具箱 »

モールスキン Moleskine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40731313

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶妙な手帳メモの技術」:

« モールスキン・シールの使い道 | トップページ | 趣味の文具箱 »