« フルマラソン明けの体は? | トップページ | ナイキ3D足型診断 »

2006年3月21日 (火)

視聴率40%を越えるかWBC決勝戦

「モールスキンとめぐる冒険」は36位にいる?
ranking

お気に入りリンクしているブログを見たら、みんながみんな王ジャパンのWBC世界一について書いていました。結構、在宅率が高いよう。


日韓戦の平均視聴率は36.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったけど、この調子なら40%はいけるかな?


昨年のG戦の平均視聴率は過去最低の10.2%。僕はサッカーよりも野球派。野球の低視聴率を大変、心配していました。このままでは野球中継がお茶の間からなくなるかもって。


ゴールデンの平均は12%前後ですから、一昨年程度の数字なら黄金ソフトとは言わないまでも、テレビ局的には合格点。今季は1桁を切る可能性も大いにあって、こうなると、単なるお荷物。野球中継が地上波からなくなる日もそう遠くはないと案じていました。


終わってもみれば、盛り上がったWBCですが、民放各局はやや引き気味でした。報道によれば、放送権料が高かったらしく、当初提示されたのは1局10億円、とか。(最終的にはこじんまり落ち着いた気がしますが)


全盛期の巨人戦の1試合の放送権料は1億、日本シリーズで1億5000万円とか、言われていましたから、1局2、3試合しか放送できないのに、この金額はどう考えても高い。


このオファーに、受信料問題揺れるNHKが降り、ライブドア問題で赤字決算のフジテレビが引き、日テレ、TBS、テレビ朝日が残ったと言われています。


この3局にしても、「ぜひ、うちに!」といった積極姿勢ではなく、電通とのおつきあいで買わされた感もなきにしもあらず。


しかし、そんな野球の人気凋落という不安を一気に吹き飛ばしてくれるような選手たちの活躍だった。


韓国にブーイングを浴びながらも、ずっと強気で押したイチロー(雄弁すぎて、びっくりした)。

◎OAKLEY サングラス ICHIRO JULIET 684
◎OAKLEY サングラス ICHIRO JULIET 684
価格 29,800円 (税込31,290円) 送料別
イチロー選手モデル、2004 '05 バージョン(これ、ずっと欲しかった)

きょう先発で対メキシコ戦では快刀乱麻といった気迫のピッチングを見せた松坂(今日はやや疲れが見えた)。

国際試合負けなしの上原(巨人での投球より全然素晴らしい)。

エース級投手をリードし、打撃も印象的だった里崎捕手。

メンバーを陰で支え、韓国戦ではいぶし銀のヒットを見せた宮本。

韓国戦で代打本塁打、きょうも代打で活躍した福留…。言い出したらきりがない。

選手たちはプライドをかけて闘い、野球は面白いんだぞということを身をもって見せてくれた。

本当はWBCにかこつけて、トランジスタラジオのことを書こうと思ったのですが、書き出したら、結構な分量になってしまった。



ranking


プラズマテレビ/ジョギング/ダイエット/モールスキン/ロディア/吉田かばん/楽天ブックス




日本ブログ大賞2006
大胆にもビジネス部門に参加しています。最下位だけは避けたいので、よかったら1票を投じてください。



TOPへ




|

« フルマラソン明けの体は? | トップページ | ナイキ3D足型診断 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40731450

この記事へのトラックバック一覧です: 視聴率40%を越えるかWBC決勝戦:

« フルマラソン明けの体は? | トップページ | ナイキ3D足型診断 »