« 500円玉貯金の成果 | トップページ | 再び佐倉ふるさと広場 »

2006年4月 4日 (火)

佐倉・利根川50kmサイクリング

地図

著作権フリーのページから手に入れた地図。真ん中の●から上の●までが今回の経路。

このショート・アトベンチャーを決めたのは前夜でした。

今日は休日。夜は神宮開幕戦となるヤクルト巨人戦を見る予定だけど、昼間なら空いている。

検見川浜〜佐倉ふるさと広場に続くサイクリングをしてみよう。

このコースは花見川に始まって、八千代市に入ると、新川となり、佐倉市では印旛沼、さらに栄町に入ると、長門川と名前を変え、果ては利根川へと続いています。

長らく千葉県民をしていましたが、こんな風に伸びているとは知りませんでした。

検見川浜からだと、全長54.4km。佐倉ふるさと広場からでも23.2kmになります。

前回到達した佐倉ふるさと広場まで車に載せます。佐倉ふれあい広場までは車。ワゴン車なので、後ろのシートを倒せば、MTBもどきの自転車くらいは載せることができます。

自転車

8時すぎにスタート地点に到着。

チュ−リップ

12日からチューリップ祭りが開かれますが、一部は満開となっています。

風車

チューリップといえば、オランダ。オランダと言えば、風車ですね。この風車がランドマークとなっています。

さて、8時16分にペダルをこぎ始めました。ところが、ろくに地図を見なかったせいでいきなり脇道へ。

この辺りは、マラソンの小出義雄監督の練習コースらしく、有森裕子選手の名前を取った「裕子コース」という看板がありました。

しかし、砂利道。ジョギングコースとしてはいいけど、サイクリングコースとしては道が悪すぎる。そんな疑問を持ちながら進んでいくと、京成線とぶつかった。踏み切りには遮断機がなく、煙草と花がそなえられていました。横断中に亡くなったようです。

不吉な予感とともに地図を見直すと、コースを大きく外れていました。

結局スタート地点に戻って、本来行くべき道を進みました。こちらは高橋尚子の名前を取った金メダルロードの看板があります。

ここで有森、高橋が走ったと聞くと、市民ランナーでもある僕には感慨深いものがあります。

確かに、いい道なんです。左に印旛沼が見えて、ストレートな道が続く。野鳥の声も聞こえます。ただ風は強いようで、草は一方だけ向かって生えています。行きは追い風、帰りは逆風。

写真も撮らずに、追い風に乗って、走り抜きました。

5.6km山田休憩所。

ここで朝食。昨晩はラーメンを食べて、エネルギーをため込んだおかげで、腹もちがいい。

コンビニで買ったゆで卵サンドを食べて、進もうとすると、便意が(笑)。

この冒険のバイブルであるコースマップを見ると、次は利根川付近までトイレはないとありました。

ファミリーマートで、ティッシュとウエットティッシュを買って、休憩所のトイレへ。でも、トイレットペーパーは常備されていました。

手をふこうとしたら、タオルも忘れていました。やれやれ。

身も軽くなって、再び快走。双子橋を越えた、この直線は今回の冒険のクライマックス。絵になる橋と風景。

山田休憩所

その後は桜並木が続く。

山田休憩所すぎ

風のおかげでスピードも乗って、時速35km。ナウマン象の化石の発見地との記念碑がありましたが、素通りしちゃいました。

続きは右側にある沼の左端くらいからの話です。地図の写真はクリックすると、拡大します。

印旛沼自転車道地図

印旛村を過ぎると、本埜村に入ります。読み方、分かりますか?
標識

僕は分かりませんでした。「もとのむら」と言います。

冬になると、白鳥の村となるそうです。これも、知らなかった。
本埜村の白鳥のページ

北印旛沼に出ると、民家はほとんどありません。沼と草むら。延々と続く専用路を走ります。

それが終わると、栄町の酒直水門。

栄水門

ここからは一般道となります。マップによれば、3通りの行き方があるそうで、迷わないように順路をチェック。道端に座っていると、散歩中の老人から声をかけられました。

「そうか、利根川まで行くの? 自転車ならすぐだよ。どこから来たの?千葉?そりゃご苦労さま。気を付けて」

近くの風土記の丘も景色がいいとか、五分くらい世間話をして、別れました。

この先もやや分かりにくいところがあり、おばさんに聞いたり、犬に吠えられたり(笑)。

十五町歩橋
十五町歩橋からの風景

小さな商店街に出て、工具店を見つけました。チェーンがキイキイいうのでKURE556を購入。挿すと、だいぶよくなりました。でも、なんか油が固まっている。ちゃんと整備しないと。

KURE CRC556(クレ556) 320ml サビ止めの定番品です。
KURE CRC556(クレ556) 320ml サビ止めの定番品です。

利根川の水門「長門水門」が見えると、ゴールは目前。

長門川水門

あと2km。再びサイクリングコースが始まり、長い直線となります。

利根川脇

水と緑の運動公園が見えてきました。

水と緑の運動公園が見えた

そして、11時8分ゴール。

ここも桜が満開で、若いママさんが幼稚園児とピクニックを楽しんでいました。

水と緑の運動公園

こちらはオニギリと水。近くに鰻屋があったので、昼はそこでとも思ったのですが、やや中途半端な腹具合。たけのこの里を食べて誤魔化してしまいました。

帰りは11時41分発。道も把握できたので、少々飛ばす。途中、暑くなってTシャツに。それでも、寒くなく暑くもなく。ほとんど写真も撮らずに、休みもせず、1時着。

行きとは打って変わり、1時間20分で佐倉に到着。平日というのに、駐車場はいっぱい。

花見客でいっぱい

交通整理をする人もいないので、やや混乱気味でした。来週末はとても渋滞しそう。チューリップ祭中は公共の交通期間を使った方がよさそうです。

さて、次はどこへ走ろうか。霞ヶ浦か太平洋を目指すか。

|

« 500円玉貯金の成果 | トップページ | 再び佐倉ふるさと広場 »

自転車・サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40731749

この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉・利根川50kmサイクリング:

« 500円玉貯金の成果 | トップページ | 再び佐倉ふるさと広場 »