« 枕木とアンティークレンガ | トップページ | 「エクソシスト」〜映画的手法に満ちたオカルトの金字塔 »

2006年5月 8日 (月)

かつて映画サイトを持っていた

↓ランキング参加してます。クリックしてください
ranking


ちょっと、最近のブログの傾向とは外れます。

パソコンのHDDを整理していたら、かつて運営していたサイトのデータが見つかった。
97年から2000年くらいまで、勝手な映画評や映画情報を書いていた。

何を書いていたのか自分でも覚えていなかったり、映画の内容そのものも忘れてしまっていた。

以下は97年の映画レビュー。ご丁寧に星採り表つき。確か5点が最高だったはず。ホント、好き勝手に書いている。


「デイライト」97/01/07★★1/2

デイライト(期間限定)
デイライト(期間限定)

スタローン主演なのでノーテンキな作品だと思ったら、シリアスなドラマだったのでビックリ。爆破シーンはすごいけど、ストーリーの展開は強引すぎる。


「エヴァンゲリオン TV セレクション」

一大ブームを巻き起こしたアニメの話題作。テレビ放送はまったく見ていなかったが、面白い。綾波レイがいい。東映の今年の配収は「劇場版エヴァンゲリオン」にかかっている。

「TV セレクション」はテレビ版十数作を16ミリ・フィルムに起こしたもの。その費用は1000万円以上。入場料でやっとプラスマイナス・ゼロなんとか。要するに、これはプロモーションの一環なんだよね。


「評決のとき」97/01/13★★★★

ポニーキャニオン 評決のとき
ポニーキャニオン 評決のとき

監督は「セント・エルモス・ファイア」のジョエル・シュマッチャー。さすが演出が手堅い。つぼを押さえている。原作は人気推理作家ジョン・グリシャムの処女作。グリシャムはこの本にずいぶんこだわっていて、「シュマッチャーが監督するなら」と言ってOKを出した。目が肥えている。


去年の日記は?
2005/5/8 ポストイットを片手に読書





プラズマテレビ/ジョギング/ダイエット/モールスキン/ロディア/吉田かばん/楽天ブックス





TOPへ




|

« 枕木とアンティークレンガ | トップページ | 「エクソシスト」〜映画的手法に満ちたオカルトの金字塔 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40732105

この記事へのトラックバック一覧です: かつて映画サイトを持っていた:

« 枕木とアンティークレンガ | トップページ | 「エクソシスト」〜映画的手法に満ちたオカルトの金字塔 »