« デパートのモールスキン売り場@フランクフルト | トップページ | ガーデンテーブルの改良 »

2006年6月13日 (火)

W杯サッカー開催の街のスポーツショップ

W杯サッカーをめぐる旅の話も今回が最終回です。

今回は宿泊先だったマンハイムとフランクフルトの街で見かけたスポーツショップの風景を紹介します。

まずはマンハイム。開催地のカイザースラウテルンは人口10万人の小さな町だったため、ここに宿泊する日本人は多かったようです。有名人の姿も見かけました。

060614 003s.jpg

各国の代表選手23人を撮影した写真と試合日程がショーウインドに飾られています。見ているのはトルコ人でしょうか。

060614 023s.jpg

高度成長時代、ドイツでは男性の働き手が少なく、多くの外国人の手を借りることになりました。隣国のイタリア、ギリシア、そして、トルコ人が働きに来ました。そして、今も残っているのがトルコ人です。そういえば、着いた日の夜はトルコ料理でした。ケパブでしたね。


店全体がドイツカラーになっていますね。右に見えるのは公式マスコットのライオン、ゴレオ君。あまりの不人気で製造元が倒産した、というのは笑えない冗談みたいなホントの話。数年後には逆にプレミアがつくかも?

060614 026s.jpg

場所は変わって、フランクフルト。
デパート近くにあったショップ。

060614 078s.jpg

こちらは三越フランクフルト支店。一角に、W杯グッズが売っています。僕も2品買いました。今度、披露します。しかし、三越はどこにでもありますね。ここはもちろん日本語オーケー。フランクフルトで道に迷ったら、ここを目印にするといいと思います。

目の前には日本料理屋「いろは」もあります。寿司、とんかつ、魚料理など。ドイツ人がハシを使って寿司を食べていました。半分が日本人客、後はドイツ人。韓国人も結構来るそうです。おいしかったですよ。ただちょっとお高い。

060614 084s.jpg

さて、後はクロアチア戦を応援するだけですね。がんばれ、ニッポン!!

W杯関連商品はこちらからどうぞ。記念バーゲンが多いみたいですけどね(汗)。

↓ランキング参加中です。お帰りの際に1ポチッ!をお願いします。
ranking



ガーデニングしよう!


去年の日記は?
2005/6/13 ノンフィクション作家も愛用のZaurus SL-C3000





ウッドデッキ/ジョギング/ダイエット/モールスキン/ロディア/吉田かばん/楽天ブックス



TOPへ




|

« デパートのモールスキン売り場@フランクフルト | トップページ | ガーデンテーブルの改良 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40734869

この記事へのトラックバック一覧です: W杯サッカー開催の街のスポーツショップ:

« デパートのモールスキン売り場@フランクフルト | トップページ | ガーデンテーブルの改良 »