« プールの水で打ち水 | トップページ | 石窯のダクトを耐熱パテで埋める »

2006年7月27日 (木)

ミラクル稲毛の奇跡は起こらなかったが

奇跡の快進撃で夏の大会初となるベスト4に進んだ我が母校、市立稲毛。準決勝の相手は、甲子園の常連、拓大紅陵。こちらは五歳下の弟の母校。期せずして、兄弟対決となった。

準決勝まで来た以上、後2回勝って、甲子園へ。OBとしてはマリンスタジアムへと応援に馳せ参じたかったのだけど、交替の効かない仕事があって、泣く泣く諦めた。

仕事中にテレビ観戦している配偶者からメールが届く。

「7回4‐0で劣勢」

市立船橋との戦いでは、6点差から逆転した。高校野球の4点など簡単にひっくり返る。

ただ、メールはかなりの劣勢ぶりが伝わってくる。「このままだと7回コールドかもよ」。結局、1点返したものの、コールドゲームが成立した。

奇跡ハ起ラナカッタ。
残念。

拓大紅陵は投手の数もそろっているだろう。現チームの布陣は知らないが、過去にも観戦した時は右投げ、左投げはもちろん、サイドスローまでいた。投手は楽々、ローテーションが組める。トーナメントを勝ち進むだけの投手力がある。

かたや、稲毛はエース山下ひとりの腕にかかっている。準々決勝から1日空いたとはいえ、これまで888球を投げているのだから、相当な疲労がたまっている。

サッカーにしても、野球にしても、肝心なのは縦のライン、しかも守備だ。サッカーW杯でも、守備力に優れたチームが勝ち残った。

点を取らなきゃ勝てないが、守り抜けば、やがてチャンスは来る。1点だけ取れば勝てる。

投手の層の厚さは私立、公立の違いもあるし、しかたない。大差で負けたとはいえ、ノーシード校がここまできたのだ。選手は誇りと自信を持っていい。

後は2年生、1年生が伝統と精神を引き継いでくれるはずだ。

しかし、いい夢を見させてもらった。心からありがとうと言いたい。

↓ランキング参加中です。現在44位。お帰りの際にポチッ!をお願いします。
ranking







ガーデニングしよう!


去年の日記は?
2005/7/27 【ちょっと重要かも】このテーマへの投稿の仕方





コールマン/ウッドデッキ/ジョギング/ダイエット/モールスキン/吉田かばん/楽天ブックス



TOPへ




|

« プールの水で打ち水 | トップページ | 石窯のダクトを耐熱パテで埋める »

カテゴリ未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40735024

この記事へのトラックバック一覧です: ミラクル稲毛の奇跡は起こらなかったが:

« プールの水で打ち水 | トップページ | 石窯のダクトを耐熱パテで埋める »