« 芝刈りバリカン、購入リポート | トップページ | さて、小屋作り »

2006年10月19日 (木)

僕のスモールガーデン奮戦記

本日、(なんと!)3回目の記事です。

バックヤードのイラストを書いたことを機に、ちょっとこれまでのことを。

backyard00.jpg

庭作りにハマりましたが、こんなことになるとは思いもよらなかったのです。

最初は玄関に入ってくる泥をなんとか少なくしようと思っただけ。


泥で大変だったころ

家人は、物干し台の下(左側のレンガ)をなんとかしてほしいと言うのですが、家計から金を出す気はなし。自費で庭作りをやるなんて、馬鹿馬鹿しいじゃないですか。

僕は当時、ローンを少しでも早く支払おうと、貯金に励んでいました。(今は貯金なんてあるわけがありません)。

土しかない状態だったので、どうすべきか、まったくアイデアはありませんでした。

まずは整地。スコップで土いじり。物置の端材でトンボを作り、地面を均しました。


雪かきでも活躍だったトンボ

その後は枕木。アウトラインを引くのが先決だと思いました。当時はホームセンターでトラックを借りるなんていうことは考えも及ばなかったので、ステーションワゴンに積めるだけ。

しかし、枕木は重いし、高い。一回につき3本くらいが限界。

なんとなく周囲が固まったところで、レンガを買い出しました。


初めてレンガを敷いたところ。まだ、ケイ砂が浮いている

DIYのよいところは工期がないところ。自分が納得するところまでやり続けることができる。そんなわけで、サクラダファミリア状態になってますが(汗)。

設計図なしのアドリブ工事なので、ほとんど気の向くまま、風の吹くまま。レンガは少な目に買い、その後、補充するという有り様。

最初に取りかかったところは砂決め。

結果的にこれはよかった。気に入らなければ、変えられるという気軽さは初心者DIYerにはうってつけ。

DIYは自信ないけど、レンガを敷いてみたいという人には大いに薦めたいです。

作業に当たって、図面を引かなかった僕ですが、本来なら、簡単でいいので、デサイン画は必要では思うようになりました。

ただ、デサインはデサイン。実際は実際。ハプニングはつきものなので、臨機応変のスタンスがいいと思います。

絵を描いたり、実際にレンガを敷くのは、想像以上に楽しいです。ぼくは絵を書く感覚でやりました。

庭作りの基本は専門書に詳しいので、素人が口を挟む余地はありませんが、僕は「遊び」を心がけました。

退屈な作業はしない。自分が飽きてしまったら、いい庭はできません。飽きのこないデサインでかつ、遊びを入れる。

つまりは変化です。スモールガーデンの場合、ただでさえ、やれることは限られています。

ある種の統一テーマをつけながら、各部に表情をつけよう。

最初に作るのは、庭の見所。フォーカルポイント(注視点)を考えます。

これはできるだけ遠いところに作るべきだろう、と。視線を遠くに促すことで奥行きを見せます。

僕の場合は、パーゴラを置くことにしました。高さもあり、存在感もあるので、いやがおうでも目に飛び込んでくるばずです。



ガーデンの入り口はあえて狭くしました。狭いところを抜けると、世界が広がりホッとしませんか?

入り口は狭め、遠くに開く。さらに言うと、入り口には低い物を置き、遠くに背の高いものを配置すると、広がりがでます。

庭全体は平坦にはせず、高低をつけるとよいと思います。

まあ、こんな感じで、また気が向いたら書いてみたいですねぇ。

バックヤードの変遷はこちらから。



去年の日記は?
2005/10/19
記事はありません



↓ランキング参加中です。現在77位。お帰りの際にポチッ!をお願いします。
ranking


楽天トラベル




ガーデニングしよう!



コールマン/ウッドデッキ/キットハウス/ガレージ/モールスキン/吉田かばん/楽天ブックス



TOPへ






|

« 芝刈りバリカン、購入リポート | トップページ | さて、小屋作り »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

TITLE: これなんかどうでしょう?
SECRET: 0
PASS:

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005OHM2



98年頃、我が家を建てる計画をスタートしたときにはすでにあったマイホームデザイナー。



手軽に3Dレイアウトが設計できます。



平面図を作ると立体化してくれるイメージで、誰でも感覚的に操作できると思います。特に最近のは楽チンなようです。



ガーデニングの素材・・・なんてのもありますから、レイアウトを計画するにはうってつけだと思います。





とかいいつつ、うちのガレージは図面すらない現物合わせで適当に作っていたりしますが(笑)普段が図面と格闘する仕事ですので、趣味くらいは図面無しで行きたいなぁ・・・と。

投稿: しぇるぽ911 | 2006年10月19日 (木) 21時57分

TITLE: Re:僕のスモールガーデン奮戦記(10/19)
SECRET: 0
PASS:

こんばんは。

スモールガーデン王国の建国歴史ですね。

フリーページも作られたのですねー。

もしかしてフリーページからフリーページへサーフィンできるようにしたら面白いのではないでしょうか(^^)

投稿: アンビンバンコ | 2006年10月20日 (金) 00時35分

TITLE: Re:これなんかどうでしょう?(10/19)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005OHM2



>98年頃、我が家を建てる計画をスタートしたときにはすでにあったマイホームデザイナー。



>手軽に3Dレイアウトが設計できます。



面白そうなソフトですね。



>平面図を作ると立体化してくれるイメージで、誰でも感覚的に操作できると思います。特に最近のは楽チンなようです。



これなら素人の僕でもできそうな気がしました。



>ガーデニングの素材・・・なんてのもありますから、レイアウトを計画するにはうってつけだと思います。



CADも勉強したいと思っています。どうすればいいかご存じですか?



>とかいいつつ、うちのガレージは図面すらない現物合わせで適当に作っていたりしますが(笑)普段が図面と格闘する仕事ですので、趣味くらいは図面無しで行きたいなぁ・・・と。



なるほど。そうですね。

僕も図面なしのDIY派です。小屋を造るのには、やっぱり必要かと思っています。

投稿: 久浩 | 2006年10月20日 (金) 02時52分

TITLE: Re[1]:僕のスモールガーデン奮戦記(10/19)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんばんは。

>スモールガーデン王国の建国歴史ですね。

>フリーページも作られたのですねー。

>もしかしてフリーページからフリーページへサーフィンできるようにしたら面白いのではないでしょうか(^^)



なるほど、そうですね。



フリーページに書いたものはニフティのホームページに移築しようと思っています。そうしたら、アクセス解析のログも詳細に拾えるし。



楽天のフリーページはいいんですけど、ちょっと使い勝手が悪いですね。


投稿: 久浩 | 2006年10月20日 (金) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40735428

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のスモールガーデン奮戦記:

« 芝刈りバリカン、購入リポート | トップページ | さて、小屋作り »