« ロフトベッド下の書斎スペース | トップページ | 天井サイズの書棚にロールスクリーン »

2007年3月18日 (日)

カラーボックス2段重ねと、使うもの、使わないものの収納について

右に見えるのは先日、ホームファッションニトリで買ってきたカラーボックス



下には昔から持っているカラーボックスがあって、積み重ねています。収納術ではよくある手ですがね。


カラーボックス(MCB-9045 NA)送料Aパターン

ただ、置くだけではなく、プラスチック製バスケットで引き出しにしています。書斎スペースは文房具や書類などバラバラするものが多いので、隠す収納を心がけました。

ニトリでは引き出しにするための間仕切り(確か290円)が売っています。

間仕切りには、厚紙で作った物差しがあって、それで位置決めするようになっていますが、引き出しを置いて、その上に厚い本や木をスペーサー代わりにしたほうがやりやすいです。



机の下の2段のカラーボックスはもともと持っていたもの。ニトリ製よりも幅広でしたが、間仕切りがどうにか使えそうだったので、4段使えるようにしました。よく使う文具を入れています。

僕は収納下手なんですが、どうしてうまくいかないのか分かりました。

物をあるべき場所においていなかったのです。

たとえば、ハサミが使いたいとします。ハサミは机の背中にある書棚に置いていました。そうなると、振り返って、ペンさしから出さなければなりません。

この振り返るというアクションが余計なのです。使うときもそうですが、しまう時も、振り返らなければいけません。

面倒くさいので、しまわず机の上に置いてしまいます。机の上が山積みになります。そして、ハサミは行方不明になるわけです。さらにハサミを探す時に、物をひっくり返します。当然、散らかる。この繰り返しで部屋には秩序がなくなる。

つまり、ハサミは最初から机のそばに置かれるべきものだった。

使う場所にないから、汚れる。物は使われる場所に置くべきなのです。生活動線を意識した配置が肝心だったのです。

逆に、普段は使わないものは「しまう」を心がけました。

一時、トレーディングカードを収集していまして、ファイルにいれておきました。ところが、熱が冷めるとファイルを開くことは皆無なわけです。しかし、そのファイルが棚を占領していて、物が置けない。このファイルは目に止まらない場所に隠す(収納)すべきだったのです。

そのファイルは足元のカラーボックスの後ろに置きました。

楽天で探す!

ホームファッションニトリの商品














去年の日記は?2006/03/18 あす荒川市民マラソン


コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス



|

« ロフトベッド下の書斎スペース | トップページ | 天井サイズの書棚にロールスクリーン »

書斎」カテゴリの記事

コメント

TITLE: まるで
SECRET: 0
PASS:

サプライチェーンマネジメントの現場のような話ですね!

“その部品を取るのに5歩かかっていたのを2歩にした”みたいな(笑)



書斎は少しだけ惹かれます。

が、僕には無用かもしれません。

今でも部屋が空いているのに、そこでPCやったりする気はないですから...(苦笑)

投稿: rikoaiパパ | 2007年3月19日 (月) 23時51分

TITLE: Re:まるで(03/18)
SECRET: 0
PASS:

rikoaiパパさん

>サプライチェーンマネジメントの現場のような話ですね!

>“その部品を取るのに5歩かかっていたのを2歩にした”みたいな(笑)



仕事でも、アクションの数を減らせれば、と絶えず考えています。現場の人間と話していたら、時間がかかります。もっと上の人間と話が出来るようになれば、時間も手間も減るんじゃないでしょうか。



>書斎は少しだけ惹かれます。

>が、僕には無用かもしれません。

>今でも部屋が空いているのに、そこでPCやったりする気はないですから...(苦笑)



部屋が空いているってのは、ぜいたくだなぁ。そちらの方が理想的かもしれませんね。

投稿: 久浩 | 2007年3月20日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40732531

この記事へのトラックバック一覧です: カラーボックス2段重ねと、使うもの、使わないものの収納について:

« ロフトベッド下の書斎スペース | トップページ | 天井サイズの書棚にロールスクリーン »