« パーゴラのブドウ | トップページ | ●クリスチャン・ディオール再び »

2007年5月 7日 (月)

●バラ庭への道

昨年ミニバラ、次にキモッコウと買い、先月から本格的にバラを買い始めました。

どこに植えるか、細かいことは考えず、買ったので、最初は鉢植えと決めていました。

何につけても感覚的なんです。あまり計画はないんですよ(汗)。

バラの性質も掴みつつあるので、地植えを始めました。

先日、咲いたばかりのバニラボニカはゴールドクレストを抜いた場所に。

きょうのバニラボニカ


BEFORE


AFTER


またもや、ゴールドクレストは厄介者扱い。彼に落ち度はないんですがね、こちらの勝手です。スマン。

ゴールドクレストは鉢に移しまして、どうなったかと言うと、駐車場の後ろ。



ここは立水栓がありまして、物置に収まりきれないものが置いてあります。庭で最も雑然としている場所の一つ。植栽ならば、なにげない目隠しになりますよね。

ゴールドクレストはもう一本あるので、これまた抜かざるを得ませんが、テラコッタの鉢がなくなりました。また特価の鉢を買ってこなければなりません。

木苺はどうするかという問題もあります。狭い庭なので、やりくりが大変ですが、悩むのも楽しいわけです。

カクテルはアーチを買って、バックヤードの入り口に置き、はわせることにしました。


メタルアーチ ARー230E



バラ新苗 カクテル

あと、ピザ窯の右隣にレンガで花壇を作り、後ろにはあまり繁らないつるバラを、その前にはニコロ・パガニーニを植えようかと思っています。




隠れ家特集

去年の日記は?2006/05/07 ハイドロカルチャー、その後



楽天で探す!









コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス




|

« パーゴラのブドウ | トップページ | ●クリスチャン・ディオール再び »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:●バラ庭への道(05/07)
SECRET: 0
PASS:

そうなんですよね、植える場所が。

地植えが究極の理想なんですが、現実は猫の額だし。風通しとかバランスとか悩みは大です。

しかし、このスペースで満足のいく庭をつくるのが醍醐味でもあるのです!なんて。

投稿: mokomamako | 2007年5月 7日 (月) 19時48分

TITLE: Re[1]:●バラ庭への道(05/07)
SECRET: 0
PASS:

mokomamakoさん

>そうなんですよね、植える場所が。

>地植えが究極の理想なんですが、現実は猫の額だ

>し。風通しとかバランスとか悩みは大です。



都内なら、もっと深刻ですよね。でも、鉢はフレキシブルでいいなぁとも思います。病気になったら、すぐに隔離できるし。雨が降ったら、軒下ということもできますよね。



>しかし、このスペースで満足のいく庭をつくるの>が醍醐味でもあるのです!なんて。



スペースの大小関係なしに醍醐味はいつでもありますよね。

投稿: 久浩 | 2007年5月 7日 (月) 19時59分

TITLE: 庭の広さ
SECRET: 0
PASS:

ガーデニングの記事だけ見てると、久浩さん家の庭は我が家の5倍くらいあるんじゃないか?!と思うくらいですよ(笑)

ウチはスペースだけ考えると幾らでも植えられそうですが...

まあ、なかなか世話が出来そうにないので、コチラの様子を見ながら、少しづつ増やしていきたいのです(言い訳)

投稿: rikoaiパパ | 2007年5月 7日 (月) 23時29分

TITLE: Re:庭の広さ(05/07)
SECRET: 0
PASS:

rikoaiパパさん

>ガーデニングの記事だけ見てると、久浩さん家の庭は我が家の5倍くらいあるんじゃないか?!と思うくらいですよ(笑)

>ウチはスペースだけ考えると幾らでも植えられそうですが...

>まあ、なかなか世話が出来そうにないので、コチラの様子を見ながら、少しづつ増やしていきたいのです(言い訳)



コチラって、僕のブログのことですか?

だったら、ここだけの話、僕のブログは参考になりませんよ(笑)。僕はガーデニング初心者ですから。初心者ならではの試行錯誤はあるかもしれませんが。


投稿: 久浩 | 2007年5月 8日 (火) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736027

この記事へのトラックバック一覧です: ●バラ庭への道:

« パーゴラのブドウ | トップページ | ●クリスチャン・ディオール再び »