« ●配偶者のデジカメ探し | トップページ | 稲毛再発見〜ラストエンペラーの弟の家 »

2007年6月21日 (木)

クリスチャン・ディオールの色

クリスチャン・ディオールが咲いた。
最近、すっかり写真ブログと化しているが、きっかけはこの花だった。
どうしても、この赤の本当の色が撮れない。
この色を出してみたかった。

Caplio GX100を手に入れてからは色にこだわっているつもり。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)

最近は、世の中の「色」をよく見るようになった。すると、面白いもので、世界って、色のショーのように変化に富んでいる。

意外と何でもないものでも、美しい瞬間がある。

これは僕の隠れ家から隣接する高速道路の壁を撮ったもの。



奥の方に太陽が沈んでいく。いわゆるマジックアワーと言われる時間帯。青のグラデーションが面白いと思った。昨日の文には合わなかったのでカットしたけど。

で、クリスチャン・ディオールの咲き具合はこんな感じ。どう?本当の色が撮れただろうか?正直言ってよく分からない(汗)。


この花の有り様よりもきれいに撮れたら、僕の勝ちだ。まだまだかな。

でもね、そんな風に思って、花に挑む。そんなに意気込まれても、花は困るだろうな。向こうは向こうの都合で咲いているんだから。

クイッと空を見るクリスチャン。花って、こんなところを見ている。


最近、よく写真の本を読むのですが、技術論よりも写真家の心構えに、なるほどなと思う。

「GR DIGITAL パーフェクトガイド」では写真家・森山大道氏の言葉が印象的だった。



「最後に最高の1枚があればいい。写真家にとってはそれがすべてだ」

(本当は「最終的に良い1枚が写ればいい」なんだけど、勝手にアレンジした)

そうだよなぁ。カメラの性能がどうこうじゃなくて、最後に結果さえ出せばいい。これは仕事にも通じる話。

忘れないうちに、もうひとつ書いておこう。

これはvol.2に載っている田中希美男氏の言葉。



長いけど、引用。

「納得できる写真を作り上げるために何枚も撮影しているんですよ。ベストカットは当然のことながら、1枚しかありません。僕の場合、良いと思える被写体に出会ったらとにかくシャッターを切るんです。

そして納得がいくまで撮り続ける。これがスナップでの一期一会の精神だと思っています。

被写体を前にしてジーッと考え込んでいる人をたまに見かけますが、長いこと撮らないでいると被写体は腐ってしまいます。だからまずシャッターを切る。撮った写真に満足がいかなかったら、撮影位置やアングルを変えてまた撮る。

そうしてシャッターを切り続けている間は、被写体は新鮮なままでいられるんですよ」
(原文のまま、下線は僕がつけた)

クリスチャン・ディオールの写真は1枚目がファーストカット、2枚目がラストカット。僕の場合、最初か最後の写真を載せる時が多いなぁ。

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)

大きな画像はこちらから。





去年の日記は?

2006/06/21 卓上丸のこ届きました






|

« ●配偶者のデジカメ探し | トップページ | 稲毛再発見〜ラストエンペラーの弟の家 »

バラ、薔薇、ローズ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:クリスチャン・ディオールの色(06/21)
SECRET: 0
PASS:

うわぁ、素晴らしくよく撮れていますね!

私も、ニコロ・パガニーニの赤を

美しく撮影したい。。。



>「最後に最高の1枚があればいい。写真家にとってはそれがすべてだ」



写真家の土門拳が金閣寺(だったかな?)を撮影していて、

シャッターチャンスがやってこないので、あきらめて

カメラをしまいかけたら、夕暮れ時の金閣寺を見て、

「いまだ、いまだ」と言ってカメラを組み直して

写真を撮った、といった内容の文章を、昔何かで

読んだことがあります。



私のようなド素人にとってデジカメのいいところは、

時間さえあれば、パシャパシャ何枚でも撮影して、

その中からいい写真を選ぶことができるところ、かな??(^^)

投稿: 音楽と薔薇☆うっちい | 2007年6月21日 (木) 22時15分

TITLE: Re[1]:クリスチャン・ディオールの色(06/21)
SECRET: 0
PASS:

音楽と薔薇☆うっちいさん

>うわぁ、素晴らしくよく撮れていますね!

>私も、ニコロ・パガニーニの赤を

>美しく撮影したい。。。



よく撮れていますか、それはよかった。客観的な評価はありがたいです。



>>「最後に最高の1枚があればいい。写真家にとってはそれがすべてだ」



>写真家の土門拳が金閣寺(だったかな?)を撮影していて、

>シャッターチャンスがやってこないので、あきらめて

>カメラをしまいかけたら、夕暮れ時の金閣寺を見て、

>「いまだ、いまだ」と言ってカメラを組み直して

>写真を撮った、といった内容の文章を、昔何かで

>読んだことがあります。



やっぱり、夕方の光はいいですからね。



>私のようなド素人にとってデジカメのいいところは、

>時間さえあれば、パシャパシャ何枚でも撮影して、

>その中からいい写真を選ぶことができるところ、かな??(^^)



そうですね。デジカメだったら、いくらでも撮れます。たくさん撮るのがいい写真を撮るコツとも言えますよね。

投稿: 久浩 | 2007年6月22日 (金) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736124

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャン・ディオールの色:

« ●配偶者のデジカメ探し | トップページ | 稲毛再発見〜ラストエンペラーの弟の家 »