« クリスチャン・ディオールの色 | トップページ | GX100のブラケット撮影〜クリスチャン・ディオール »

2007年6月22日 (金)

稲毛再発見〜ラストエンペラーの弟の家

カメラを持つと、被写体を求め、どこかに出かけたくなる。しかし、近所でも知らない場所も少なくない。21日、クロスバイクに乗って、「千葉市ゆかりの家」という建物を訪れた。


大きな地図で見る

ここは映画「ラストエンペラー」で知られる愛新覚羅溥儀の弟、溥傑と華族から輿入れした浩妃が新婚時代を過ごした家だ。

二人の物語はテレビ朝日系スペシャルドラマ「流転の王妃」として放送された。記憶にある人もいるだろう。


流転の王妃・最後の皇弟 DVD−BOX竹野内豊
当店通常価格 10,080円 (税込)
価格 4,032円 (税込) 送料別

稲毛駅を海方面に下って、埋め立て地の手前、浅間(せんげん)神社の鳥居近くにある。

しかし、恥ずかしいことに少し迷った。標識に従って、注意深く進むと、その家はひっそりと立っていた。



開館時間は書いてあるが、有料とも無料とも書いていない。

引き戸を開けても人気はなし。「失礼します」というと、管理人の女性が出てきた。



「どうぞ。以前にもいらしたことがありますか?」

初めてだと言うと、一枚の資料をくれた。写真撮影も「大丈夫ですよ」という。

光の具合が面白かったので、早速シャッターを切った。





国道14号から先は現在、埋め立て地となっているが、溥傑が過ごした1937年(昭和12年)は遠浅の海岸で周囲には別荘がたくさん建っていた。

溥傑の家は和風の趣の中に洋のテイストも入っている。





庭には池もあるが今は水はなく、和風のナチュラルガーデンといった感じ。新婚の二人はここから海を眺めたのだろう。





しかし、幸せな時は長くは続かず、二人は流転の旅を続ける。日本は激動の時代を迎えていた。

僕は知らなかったが、稲毛には昭和初期、軍施設がいくつもあったそうだ。

千葉市ゆかりの家を出て、浅間神社の鳥居を見にいくと、こんな石碑が立っていた。



「国威宣揚」。その銘は昭和17年とある。

思いがけず、地元の歴史を触れることになった。

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)

大きな画像はこちらから。







|

« クリスチャン・ディオールの色 | トップページ | GX100のブラケット撮影〜クリスチャン・ディオール »

千葉」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:●稲毛探訪〜ラストエンペラーの弟の家(06/22)
SECRET: 0
PASS:

すごく素敵なお家ですね。

私はこういう感じの家に住みたかったです。

いい味だしてますよね。

投稿: mokomamako | 2007年6月22日 (金) 18時20分

TITLE: Re[1]:●稲毛探訪〜ラストエンペラーの弟の家(06/22)
SECRET: 0
PASS:

mokomamakoさん

>すごく素敵なお家ですね。

>私はこういう感じの家に住みたかったです。

>いい味だしてますよね。



平屋ですから、ぜいたくですよね。建物探訪は面白いですよ。都内にも一般公開している古い家がありますね。

谷中の朝倉彫塑館はいかれたことありますか。

投稿: 久浩 | 2007年6月22日 (金) 19時11分

TITLE: こんばんは〜(*^・゜)ノ~
SECRET: 0
PASS:

古い建物ってアジがあっていいですよねぇ〜♪

長〜い廊下に、木のぬくもり・・・♪想像しただけで

木の香りが・・・してくる気がします・・・☆

投稿: すもも55 | 2007年6月22日 (金) 21時08分

TITLE: Re:こんばんは〜(*^・゜)ノ~(06/22)
SECRET: 0
PASS:

すもも55さん

>古い建物ってアジがあっていいですよねぇ〜♪

>長〜い廊下に、木のぬくもり・・・♪想像しただけで

>木の香りが・・・してくる気がします・・・☆



建物は大正に作られました。

天井の格子は宮大工によるもので、釘は一切使っていないそうです。細かい部品を見ても、丁寧な仕事をしているので、現在まで形を残しているのでしょう。

投稿: 久浩 | 2007年6月22日 (金) 22時00分

TITLE: Re:●稲毛探訪〜ラストエンペラーの弟の家(06/22)
SECRET: 0
PASS:

こんばんは。

私は5枚目の床と窓の写った写真が好きですね。

とくに大きい写真で見ると。。。さらに素敵。

グラビアを見ているようです。

広角の特徴を生かした構図になっているんですねー。



そうそう、マジックアワー、是非狙ってみようと思います。

忘れないようにしないとね(^^;

ネットで調べたら20分くらいだとありました。

投稿: アンビンバンコ | 2007年6月22日 (金) 22時43分

TITLE: 無料?
SECRET: 0
PASS:

だったんですかね?



歴史があるのに、旧さと新しさが同居しているような・・・・不思議な雰囲気の建物ですね。素敵です。



時間がゆっくり流れているような錯覚を覚えます。





畳の写真、超ローアングルですね(笑)

投稿: しぇるぽ911 | 2007年6月22日 (金) 22時47分

TITLE: Re[1]:●稲毛探訪〜ラストエンペラーの弟の家(06/22)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんばんは。



こんばんは。



>私は5枚目の床と窓の写った写真が好きですね。



5枚目というと、長い廊下が写っているやつですかね?



>とくに大きい写真で見ると。。。さらに素敵。

>グラビアを見ているようです。



アルバムの方まで見ていただけるなんて。お手数かけます。



>広角の特徴を生かした構図になっているんですねー。



今回はコンバージョンレンズで19mmレンズを多用しています。室内だと威力を発揮しますね。

アルバムで焦点距離4mmとあるのは超広角レンズです。



>そうそう、マジックアワー、是非狙ってみようと思います。

>忘れないようにしないとね(^^;

>ネットで調べたら20分くらいだとありました。



調べましたか。厳密なマジックアワーはそれくらいでしょうね。その前後も楽しめますよ。

投稿: 久浩 | 2007年6月22日 (金) 23時06分

TITLE: Re:無料?(06/22)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん

>だったんですかね?



どこかの財団が管理されているようです。

最初、僕一人だったのですが、超年配の方がグループで見学に来ていましたよ。



そのうちお一人は風景として使わせてもらいましたが(笑)。



>歴史があるのに、旧さと新しさが同居しているような・・・・不思議な雰囲気の建物ですね。素敵です。



>時間がゆっくり流れているような錯覚を覚えます。



時間と建物が解け合っているようですね。

そんな雰囲気が出せばと思い、シャッターを切りました。



>畳の写真、超ローアングルですね(笑)



小津安二郎も真っ青(笑)。畳に置いて、セルフシャッター2秒です。

投稿: 久浩 | 2007年6月22日 (金) 23時17分

TITLE: Re[2]:●稲毛探訪〜ラストエンペラーの弟の家(06/22)
SECRET: 0
PASS:

久浩さん、こんばんは。

>>私は5枚目の床と窓の写った写真が好きですね。

>5枚目というと、長い廊下が写っているやつですかね?

失礼、6枚目でした(^^;

床と天井の木の色、壁の白のコントラストが気に入りました。



>>広角の特徴を生かした構図になっているんですねー。

>今回はコンバージョンレンズで19mmレンズを多用しています。室内だと威力を発揮しますね。

ワイコンってやつですね。空間の広がりを感じます。



>>ネットで調べたら20分くらいだとありました。



>調べましたか。厳密なマジックアワーはそれくらいでしょうね。その前後も楽しめますよ。

そうなんですか。

平日は会社にいる時間なのでチャレンジするなら休日かなぁなんて思っています。

投稿: アンビンバンコ | 2007年6月22日 (金) 23時51分

TITLE: Re[3]:●稲毛探訪〜ラストエンペラーの弟の家(06/22)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん



>>5枚目というと、長い廊下が写っているやつですかね?

>失礼、6枚目でした(^^;



そうかなと思って、お聞きしました。

僕もこの写真が好きです。



>床と天井の木の色、壁の白のコントラストが気に入りました。



>>>広角の特徴を生かした構図になっているんですねー。

>>今回はコンバージョンレンズで19mmレンズを多用しています。室内だと威力を発揮しますね。

>ワイコンってやつですね。空間の広がりを感じます。



ありがとうございます。

広角は構図がはまると気持ちいいですね。



>>>ネットで調べたら20分くらいだとありました。

>>

>>調べましたか。厳密なマジックアワーはそれくらいでしょうね。その前後も楽しめますよ。

>そうなんですか。

>平日は会社にいる時間なのでチャレンジするなら休日かなぁなんて思っています。



キャプリオ仲間として、写真楽しみにしています。

投稿: 久浩 | 2007年6月23日 (土) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736243

この記事へのトラックバック一覧です: 稲毛再発見〜ラストエンペラーの弟の家:

« クリスチャン・ディオールの色 | トップページ | GX100のブラケット撮影〜クリスチャン・ディオール »