« ●今年初めての芝刈り | トップページ | ●「ドゥーパ」8月号工房特集に刺激され »

2007年7月10日 (火)

●ある脚本家の死

ブログでは趣味的な内容に限定し、仕事に関わることは書かないことにしている。だが、何でも例外というものがある。

今日はある脚本家の死を悼むために書こうと思う。その方の名前は新田隆男さん。7日に悪性リンパ腫で亡くなった。41才の若さだった。

新田さんとは仕事を通じて知り合った。彼は当時、ある映画会社で宣伝を担当していた。そして、退社後(僕にとっては)突如、「うずまき」というホラー映画で脚本家としてデビューした。



「うずまき」はHiguchinskyというふざけた名前の監督がメガホンを執り、中身もふざけたホラーだった。型破りだったということだ。

度が過ぎたのか、「これは映画じゃない」という辛口の評価もあったが、その奇妙な世界観を面白く見た。

そんなことを告げると、新田さんは「そんなことを言う人は少ないです」と照れくさそうに笑った。ひょうひょうとしたところ、謙虚なところは肩書きが違っても変わらなかった。

最近のご活躍は知らないのだが、ホラー作品を中心に手掛けていたようだ。

長らく血液の病気を患っていたそうで、一時は回復したそうだが、再び病に倒れたと聞いた。

それにしても41才は若すぎる。僕にとっても目前の年だ。あと2年。期限が区切られていたら、何をするだろうか。

ずっと頭の片隅にあるストーリーをまとめるだろうか?

新田さんが脚本家としてデビューされたと聞いた時、羨ましさと同時にこういうやりかたもあるのか、とも思った。

恥ずかしながら、一度だけ夢について告白しよう。本当に一度きり。

それは映画製作に関わること。原作でも脚本でもいい。そういう意味でも、新田さんは僕の憧れであった。

ここまでの文は告別式へ向かう電車で書いた。

昨日、訃報を知ったが、仕事で通夜には行けず。午前3時に帰宅し、寝たのは4時。起きたのは9時すぎだった。

11時の開始には間に合いそうもなかったし、体力的にはヘロヘロだった。電報を打ち、告別式は失礼しようかとも思った。

しかし、最後のあいさつをしなかったら後悔するだろうと思い、慌てシャワーだけを浴び、家を出た。

終了予定時間の正午近く会場に着いた。けして広くない会場には、人が溢れ、献花の列はまだ続いていた。棺の中には闘いを終えて、安らかに眠る新田さんがいた。会えてよかった。

最後、親族のご挨拶で闘病は2年3か月に及んだと知った。その言葉に、それまで気丈に振る舞っていた夫人が泣き崩れた。

壮絶な日々が甦ってきたのだろう。言葉もない。葬儀の後、久々に会った知人と食事をした。これも新田さんが引き合わせてくれたことだ。この後、仕事があるというにビールで献杯した。そして、知人はひょうひょうとした新田さんの言い方を真似て「まぁ、ゆっくりやってください」とやった。

新田さんが言いそうな言葉だった。

そう、新田さん。闘病、お疲れさまでした。これからは天国でゆっくりやってください。

グラスを合わせながら、そう願った。


葬儀場近くにある坂「袖摺坂」。あまりにも狭く、袖が摺り合うことから、こう呼ばれた。袖が摺り合うのも何かの縁。人の縁というのは不思議なものだ

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)





去年の日記は?


2006/07/10 銚子センチュリーラン




秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示








写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)







去年の日記は?


2006/07/11 ハーブおそるべし




|

« ●今年初めての芝刈り | トップページ | ●「ドゥーパ」8月号工房特集に刺激され »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:ある脚本家の死(07/10)
SECRET: 0
PASS:

私も物書きになる夢を持った時期が、10代の頃にありました。

脚本家というのは、素晴らしい職業ですね。

創造された世界が、色んな人達を癒したり、

救ったり、方向を修正してくれたりしてくれるわけですから。



徳のある人生だったんですね。

投稿: 音楽と薔薇☆うっちい | 2007年7月10日 (火) 22時37分

TITLE: そうだったのですかm(__)m
SECRET: 0
PASS:

若いですね。若すぎます・・・。



葬儀、参列できてよかったですね。

行かなかったら・・・きっと後悔・・・

これは私もそう思います。

きっとこれからもしたい事が沢山あったでしょうね。



久浩さんの、夢・・・☆もうないのですか?

あまり詳しくつっこんだらf^_^; 久浩さんも困るでしょうから・・・胸の中にしまっておきましょうね♪



夢かぁ〜☆なんだか忘れかけていたものがこみあがってきますねぇ〜♪遠い昔・・・。

今夜は、いい夢見れそうな気配がします(*^_^*)

いいお話を聞かせてくれて・・・ありがとうです♪

投稿: すもも55 | 2007年7月10日 (火) 22時58分

TITLE: Re[1]:ある脚本家の死(07/10)
SECRET: 0
PASS:

音楽と薔薇☆うっちいさん

>私も物書きになる夢を持った時期が、10代の頃にありました。



今は消えましたか?



>脚本家というのは、素晴らしい職業ですね。

>創造された世界が、色んな人達を癒したり、

>救ったり、方向を修正してくれたりしてくれるわけですから。



そうですね。ホンが変わっていくのは悔しかったりもするわけでしょうが、映像になっていくのを見るのは楽しいでしょうね。



>徳のある人生だったんですね。



参列者の数で、その人の生涯が分かりますね。

投稿: 久浩 | 2007年7月11日 (水) 10時06分

TITLE: Re:そうだったのですかm(__)m(07/10)
SECRET: 0
PASS:

すもも55さん

>若いですね。若すぎます・・・。



その通りです。

天はどうして不平等なんでしょうか。



>葬儀、参列できてよかったですね。

>行かなかったら・・・きっと後悔・・・

>これは私もそう思います。



すももさんもおっしゃるのですから、間違いないでしょう。



>きっとこれからもしたい事が沢山あったでしょうね。



>久浩さんの、夢・・・☆もうないのですか?

>あまり詳しくつっこんだらf^_^; 久浩さんも困るでしょうから・・・胸の中にしまっておきましょうね♪



いや、ありますよ。そのうち本も書きますから。形になったら、よろしくお願いします。いつだろう?



>夢かぁ〜☆なんだか忘れかけていたものがこみあがってきますねぇ〜♪遠い昔・・・。



すももさんの夢はなんですか?



>今夜は、いい夢見れそうな気配がします(*^_^*)

>いいお話を聞かせてくれて・・・ありがとうです♪



いい夢は見られたでしょうか?

投稿: 久浩 | 2007年7月11日 (水) 10時08分

TITLE: Re:●ある脚本家の死(07/10)
SECRET: 0
PASS:

41歳ですか…。僕と同世代ですよ。こういうできごとはやりきれませんね。



ご本人は、さぞ無念だったことでしょう。ご遺族の心中もいかばかりかと……。



それにしても久浩さん、ヘトヘトに疲れていたんでしょうけど、それをふりしぼって、最後の挨拶ができたんですよね。それは素晴らしいことだと思います。

投稿: まさやん0386 | 2007年7月11日 (水) 11時35分

TITLE: Re[1]:そうだったのですかm(__)m(07/10)
SECRET: 0
PASS:

久浩さん

>すもも55さん

>>若いですね。若すぎます・・・。



>その通りです。

>天はどうして不平等なんでしょうか。



>>葬儀、参列できてよかったですね。

>>行かなかったら・・・きっと後悔・・・

>>これは私もそう思います。



>すももさんもおっしゃるのですから、間違いないでしょう。



>>きっとこれからもしたい事が沢山あったでしょうね。



>>久浩さんの、夢・・・☆もうないのですか?

>>あまり詳しくつっこんだらf^_^; 久浩さんも困るでしょうから・・・胸の中にしまっておきましょうね♪



>いや、ありますよ。そのうち本も書きますから。形になったら、よろしくお願いします。いつだろう?



>>夢かぁ〜☆なんだか忘れかけていたものがこみあがってきますねぇ〜♪遠い昔・・・。



>すももさんの夢はなんですか?



>>今夜は、いい夢見れそうな気配がします(*^_^*)

>>いいお話を聞かせてくれて・・・ありがとうです♪



>いい夢は見られたでしょうか?

投稿: すもも55 | 2007年7月11日 (水) 18時46分

TITLE: Re[1]:●ある脚本家の死(07/10)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>41歳ですか…。僕と同世代ですよ。こういうできごとはやりきれませんね。



僕もそうです。

だから、やりきれない。



>ご本人は、さぞ無念だったことでしょう。ご遺族の心中もいかばかりかと……。



察しあまるものがありますね。



>それにしても久浩さん、ヘトヘトに疲れていたんでしょうけど、それをふりしぼって、最後の挨拶ができたんですよね。それは素晴らしいことだと思います。



一時でも電報で済まそうと考えたことは恥ずかしいと思います。

投稿: 久浩 | 2007年7月12日 (木) 01時09分

TITLE: Re[2]:そうだったのですかm(__)m(07/10)
SECRET: 0
PASS:

すもも55さん

>久浩さんへ

>もし将来、本を出されたら、必ず読みたいです♪

>これで、1冊は確実に売約ですねf^_^;



ありがとうございます。1冊とは言わずに家族、友人、親族に買ってもらって下さい(笑)



>私の将来の夢はですねぇ〜♪

>小学校のころはアイドルになりたかったんですf^_^;



うちの娘と同じだ。

でも、それはブログ界で実現したのでは?



>それからは・・・税理士になりたいって思った頃>もありましたねぇ〜f^_^;



計算のできない僕には無理な仕事だ(汗)。



>今は・・・夢・・・ないですね(≧ロ≦) 淋しすぎます>ね〜私。ささやかな夢は、多々あるんですが、昔>みたいに、ワクワクするような夢ではなく現実的>な夢ばかりでf^_^;



夢なんて大小関係ないですよ。

すももさんを見ると、一歩一歩実現しているじゃないですか。ウッドデッキ作りだって、夢のひとつでしょう。



>昨日は、どんな夢を見たか覚えてませんが朝の目>覚めが♪とっても良かった事だけは間違いないで>す♪



それは生きるうえで大事なことです!!!

投稿: 久浩 | 2007年7月12日 (木) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736622

この記事へのトラックバック一覧です: ●ある脚本家の死:

« ●今年初めての芝刈り | トップページ | ●「ドゥーパ」8月号工房特集に刺激され »