« 検見川送信所のある検見川という町 | トップページ | 「建築を語る」(安藤忠雄)★★★★ »

2007年8月21日 (火)

初代所長が書いた「検見川無線の思い出」

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

検見川送信所の記録はけっして多くはない。

初代所長を務められた菊谷秀雄さん(1899/5/5)がお書きになった自伝「検見川無線の思い出」(平成2年3月発行)は貴重な歴史資料であると同時に、面白い読み物だ。

2部構成で、1部は昭和5年10月27日、日本初の国際放送が行われるまで、2部は昭和8年12月に米国出張を命じられ、米サンフランシスコに着くまでの船旅が描かれる。



この本は非売品で、著者の菊谷さんが図書館に贈呈したようだ。菊谷さんは本の終わりに、「謹呈」と題する手書きの文のコピーを残している。

菊谷さんの自伝を基に、日本初の国際放送がどのように行われたかを自分なりに書いていきたいが、まずは手書きの文から引用させていただきたい。

「当初、台湾との無線話開通のため、国産の部品を使って試作した、出力5キロワットの短波無線電話送信機J1AAを用いて、台湾と通話試験をする傍ら、日本と米・独・英との交歓放送を度たび行い、特に昭和五年(一九三〇)十月二十七日の夜には日・米・英の三国の首相が交るがわる自分の声を電波にのせて、世界中に放送した『軍縮放送』を行いましたので、『J1AA』と『検見川無線』の名は世界の隅ずみまで響きました。



今は撤去されたアンテナも鉄塔もなく、鉄塔の台座と局舎が残っているだけですが、これらも何日かは姿を消すでしょう。若き日に精いっぱい働いた『検見川無線の思い出』を書き綴って、後に残したいと思って筆をとりました」

(中略)

「お暇の折に読んで『検見川無線』を思い出して下さい。
 荒れ果てた旧局舎の前には記念碑だけは建っていますが、安達逓信大臣の植えられた記念樹もなく、人家は敷地の近くまで押し寄せています」


きっと菊谷さんは送信所は跡形もなく消えるが、この本を書き、図書館に預ければ、その送信所の歩んだ道だけは後世に伝えられるとお思いになられたのではないだろうか?

しかし、奇跡的にこの建物はまだ残っている。


菊谷さんご自宅の連絡先を知ることができたので、思い切って電話をかけてみた。8月15日のことだ。

長男の奥様という方が電話口に出てくれた。検見川送信所が取り壊しの危機にあることはご存じなく、びっくりされていた。

僕が「日本初の国際放送が成功した場面では胸が熱くなりました」と言うと、奥様は「そうですか、そうですか」と聞いてくださった。

思い切って、菊谷さんのことを聞くと、13年前に亡くなられた、ということだった。享年92歳。大往生である。この自伝を書かれてから、2年後のことだ。

もっと早くに、コンタクトを取るべきだった。昔を知っていらっしゃる方はどんどん天寿を全うされる。

送信所もどんどん風化していく。保存のために残された時間はあまりないだろう。

検見川送信所、コールサインJ1AA
この建物はまだ何かを送信している…


この1文を保存計画サイトに書き加えた。









去年の日記は?


2006/8/21 植え替えたゼラニウム、復活するか、枯れるか?





|

« 検見川送信所のある検見川という町 | トップページ | 「建築を語る」(安藤忠雄)★★★★ »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:初代所長が書いた「検見川無線の思い出」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

おはようございます。

>菊谷さんご自宅の連絡先を知ることができたので、思い切って電話をかけてみた。

shocotaさんは行動力がありますね!そのバイタリティに脱帽です。

2年前に他界されたのですね。

でもきっとご家族にとっても励ましになった電話だったと思います。

投稿: アンビンバンコ | 2007年8月21日 (火) 07時35分

TITLE: Re[1]:初代所長が書いた「検見川無線の思い出」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>おはようございます。



おはようございます。



>>菊谷さんご自宅の連絡先を知ることができたの>>で、思い切って電話をかけてみた。



>shocotaさんは行動力がありますね!そのバイタリ>ティに脱帽です。



電話1本かけただけですけどね(汗)。



>2年前に他界されたのですね。



13年前に亡くなっていたそうです。繰り返し書きますが、この自伝を書かれてから、2年後のことでした。



>でもきっとご家族にとっても励ましになった電話>だったと思います。



しかし、その方のだんな様(ご長男)も亡くなられたそうですよ。当時を知っていた方だけでなく、ご子息も。それでも送信所だけは誰の手も借りず、建っているんですから不思議な気がいたします。

投稿: shocota | 2007年8月21日 (火) 11時42分

TITLE: ところで「J1AA」
SECRET: 0
PASS:

ところで「J1AA」というのは、特定の送信所を示す、表札(名前)のようなものでしょうか?

それとも、検見川がなくなればその番号をよそが引き継いで使う「通し番号」のようなものでしょうか?

喩えが稚拙ですいません。

「J1AA」で検索すると岩槻って出るんで、

「???」

なんです。

投稿: シン | 2007年8月21日 (火) 12時37分

TITLE: Re:ところで「J1AA」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

シンさん



>ところで「J1AA」というのは、特定の送信所を示>す、表札(名前)のようなものでしょうか?



コールサインといいますが、特定の無線局の場所を指すもののようです。



>それとも、検見川がなくなればその番号をよそが引き継いで使う「通し番号」のようなものでしょうか?

>喩えが稚拙ですいません。

>「J1AA」で検索すると岩槻って出るんで、

>「???」

>なんです。



確かに、岩槻が検索されますね。ちょっと調べてみますよ。もしかしたら、Nさんがご存じかもしれませんね。

投稿: shocota | 2007年8月21日 (火) 12時46分

TITLE: Re:ところで「J1AA」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

シンさん



コールサインは野球選手の背番号みたいなものでhないでしょうか。



ウィキペディアの説明だと、廃局後、再割り当てが行われているようですね。ですから、岩槻は検見川の廃局後に受け継いだのではないでしょうか?



エースナンバーは永久欠番とはならなかったんですね。

投稿: shocota | 2007年8月21日 (火) 12時54分

TITLE: Re:初代所長が書いた「検見川無線の思い出」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

廃局になってからも何十年も経っているようですし、

関係者が鬼籍に入られていってるのも

時間が進む上では、いたしかたないのでしょうね。



それにしても、どんどんと行動されているshocotaさんのエネルギーには素晴らしいものがありますね!



「J1AA」というのは、やはり無線基地局のコードネームっぽいですね。

たとえば放送局でもNHK東京は「JOAK」、NHK大阪は「JOBK」とコードがつけられていますが、それと同じことなのかも知れません。

投稿: まさやん0386 | 2007年8月21日 (火) 18時18分

TITLE: Re[1]:ところで「J1AA」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

shocotaさん



>ウィキペディアの説明だと、廃局後、再割り当てが行われているようですね。ですから、岩槻は検見川の廃局後に受け継いだのではないでしょうか?



なるほど〜、やはりそっちでしたか。(岩槻は現在稼働してるんですね?)

じゃあ、検見川の「J1AA」は「初代J1AA」ってわけですね。

これ読んでるとだんだん「検見川送信所ツウ」になれますね〜。

投稿: シン | 2007年8月22日 (水) 09時13分

TITLE: Re[1]:初代所長が書いた「検見川無線の思い出」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>廃局になってからも何十年も経っているようですし、

>関係者が鬼籍に入られていってるのも

>時間が進む上では、いたしかたないのでしょうね。



しかたないことではありますが、今、何かをしなければ、せっかくの財産が埋もれてしまいますね。



>それにしても、どんどんと行動されているshocota>さんのエネルギーには素晴らしいものがあります>ね!



照れくさいです(汗)。これも電話1本ですから。ご遺族には申し訳ないです。



>「J1AA」というのは、やはり無線基地局のコードネームっぽいですね。



コールサイン、識別信号などというのではないでしょうか。



>たとえば放送局でもNHK東京は「JOAK」、NHK大阪は「JOBK」とコードがつけられていますが、それと同じことなのかも知れません。



どうやら、そのようです。ウィキペディアの情報ですが。

投稿: shocota | 2007年8月22日 (水) 10時39分

TITLE: Re[2]:ところで「J1AA」(08/21)
SECRET: 0
PASS:

シンさん



>>ウィキペディアの説明だと、廃局後、再割り当>てが行われているようですね。ですから、岩槻は>検見川の廃局後に受け継いだのではないでしょう>か?



>なるほど〜、やはりそっちでしたか。(岩槻は現在稼働してるんですね?)



次なる疑問ですね。調べてみます。



>じゃあ、検見川の「J1AA」は「初代J1AA」ってわけですね。



検見川が初代であることは間違いないと思います。



>これ読んでるとだんだん「検見川送信所ツウ」になれますね〜。



僕もだんだん暗記してきましたよ(笑)。検見川送信所ならガイドできそう(笑)

投稿: shocota | 2007年8月22日 (水) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736370

この記事へのトラックバック一覧です: 初代所長が書いた「検見川無線の思い出」:

« 検見川送信所のある検見川という町 | トップページ | 「建築を語る」(安藤忠雄)★★★★ »