« 大分〜由布院をゆふDXで | トップページ | 磯崎建築のスクラップ・アンド・ビルド@大分市 »

2007年8月29日 (水)

取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(大分)

旧大分県立大分図書館から装いを新たにしたアートプラザは市民ギャラリー、制作室を持つ施設だ。作って飾ろうという2つの機能を持つという点は安藤忠雄氏の直島と同じ発想だ。


正面から撮影
大分県大分市荷揚町3-31
TEL:097-538-5000 
FAX:097-538-5060
公式サイト 

メーンの入り口は長いゆったり傾斜のスロープを上がった2階。



最大の目的は磯崎新氏設計の模型、パースを展示する3階磯崎新建築展示室。

入場は無料。土曜だが、客は僕1人。「建物が残った 近代建築の保存と転生」を読んできたというと、受付の女性(美人)は「こういう風に残り、よかったです。建築関係の方ですか?」と聞かれた。やはり、建築関係者の来訪が多い、という。

このアートプラザへの保存・再生のきっかけも日本建築学会がアクションを起こしたことだった。

僕は建築関係ではないが、同じく取り壊しの危機にある検見川送信所を保存したいと思っており、参考にさせていただくためにやってきたと言った。

08年4月から運営は市から民間に移った。掲示板には、そのお知らせと利用者の声が載っている。

掲示するくらいだから、当然好意的なものばかりなんだけども、「感じがよくなりました」などとある。






現在、展示しているのは「磯崎新の最近作−日本・中国・ヨーロッパ・中東−」(08年1月末)。作品は磯崎氏らしい大胆な外観が多いが、逆に景色に馴染ませる試みも行っている。最近の建築界の流れは、主張する時代からいかに環境に合わせるかという流れになっているのかもしれない。

3階展示室の入場は平日30人程度というから多くはない。展覧会そのものは面白く、もっと見られてもいい気がする。



こういうギャラリーでは、撮影禁止が多いが、「撮影ご希望の方はお声がけください」とある。

聞いてみると、ネットでの公表は不可だが、個人利用であれば、撮ってもいいのだという。撮影はしたが、残念ながら内部はお見せできない。興味を持った方はお出掛けください。

建物が残った 近代建築の保存と転生
本体価格 2,800円 (税込 2,940 円)

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 56,000円 (税込 58,800 円) 送料別











|

« 大分〜由布院をゆふDXで | トップページ | 磯崎建築のスクラップ・アンド・ビルド@大分市 »

」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(08/29)
SECRET: 0
PASS:

写真掲載ができないのは残念ですね。



悪用か否か?を判断するのは難しいでしょうが、こうした保存活動を広く認知してもらう上でも、ブログのようなメディアを媒体とした活動は効果的なようにも思えます。



美人の受付嬢にも会ってみたくなりました(笑)

投稿: しぇるぽ911 | 2007年8月29日 (水) 07時49分

TITLE: Re:●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(08/29)
SECRET: 0
PASS:

市から民間への委託にシフトしているんですね。

行政の対応もさることながら、うまい具合に民間のスポンサーが出てきたことが、アートプラザにとってはラッキーだったように感じます。

運営はラクではないだろうに、浄財をなげうつ奇特なかたがいらっしゃるんですね。

投稿: まさやん0386 | 2007年8月29日 (水) 08時09分

TITLE: Re:●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(08/29)
SECRET: 0
PASS:

うーん!ざんねん!

ネットでの公表は不可ですかぁ。。。

模型、周囲の景色もあったのですかね。



受付の女性(美人)は公開可なのですかね?

いや、あの、その、冗談です。

投稿: アンビンバンコ | 2007年8月29日 (水) 20時00分

TITLE: Re[1]:●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(08/29)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん

>写真掲載ができないのは残念ですね。



著作権の問題なんですかね?



>悪用か否か?を判断するのは難しいでしょうが、>こうした保存活動を広く認知してもらう上でも、>ブログのようなメディアを媒体とした活動は効果>的なようにも思えます。



確かに、その通りですね。

一度、アートプラザの方と連絡を取ってみます。



>美人の受付嬢にも会ってみたくなりました(笑)



今回のブログでの最大のしかけにまんまと乗って下さり、ありがとうございます(笑)。受付嬢を見に大分に行きましょう(笑)

投稿: shocota | 2007年8月29日 (水) 23時57分

TITLE: Re[1]:●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(08/29)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>市から民間への委託にシフトしているんですね。

>行政の対応もさることながら、うまい具合に民間>のスポンサーが出てきたことが、アートプラザに>とってはラッキーだったように感じます。



磯崎新の関係会社のようです。完全に理解できなかったので、書きませんでしたが。



>運営はラクではないだろうに、浄財をなげうつ奇>特なかたがいらっしゃるんですね。



この辺は市が民間企業に委託、代金を支払っているんでしょうかね。取材不足です。

投稿: shocota | 2007年8月30日 (木) 00時04分

TITLE: Re[1]:●取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(08/29)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>うーん!ざんねん!

>ネットでの公表は不可ですかぁ。。。

>模型、周囲の景色もあったのですかね。



ちょっと興味ありですか?それはよかった。

模型は素晴らしいものがありますよ。

内部だけなら、公式サイトで見ることができます。



>受付の女性(美人)は公開可なのですかね?

>いや、あの、その、冗談です。



写真を撮らせてもらえば、よかったですね(笑)。おきれいで親切な方でした。

投稿: shocota | 2007年8月30日 (木) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736355

この記事へのトラックバック一覧です: 取り壊しから一転、再生となったアートプラザ(大分):

« 大分〜由布院をゆふDXで | トップページ | 磯崎建築のスクラップ・アンド・ビルド@大分市 »