« 「建物が残った 近代建築の保存と転生」★★★★ | トップページ | ●夏の終わり、実家の庭 »

2007年8月18日 (土)

「検見川送信所」保存計画バナー

数日前から、以下、バナー掲載のお願いをしています。製作は「Go!Go!しんけみがわ! 新検見川地域情報」の花園シンさん


musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機を迎えています。これを保存、再利用できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

新たに2人の方がリンクを貼ってくださいました。

takaakのブログ

山荘きらら

海のものとも山のものとも分からないプロジェクトにご賛同していただき、ありがとうございました。同時に責任の重さも感じています。

小さなプロジェクトは1歩1歩ですが、確実に前に進んでいます。本日もちょっとした会合を行いました。参加者のご了解を得ながら、みなさまに公開していきたいと思います。

そして、意見をいただくことが大いに参考になっており、励みになっていることはぜひ知っていただきたいと思います。


僕の完全なミステイクなのですが、多少の誤解があるようにも思いました。

僕がどうして、この建物を残したいと思ったか? について改めて書きます。

僕がこの建物に出会ったのは趣味のひとつであるサイクリングがきっかけです。いろんな場所を走っているうちに、地元でもまだ知らない場所はあるなぁと感じている時に、「検見川送信所」というものがあり、それが取り壊しの危機にあるということを知りました。

迷った揚げ句見つけた、その場所は何とも言えないインパクトを持っていました。



ここは幽霊スポット、廃墟として全国的にも有名。確かに異様さもありましたが、建物そのものの造形は美しく、これほど強烈な印象を植え付けた建物はなかったといっていいかもしれません。

廃墟でありながら、建物そのものは竣工から90年を経ても原型を留めており、力強く生きようとしているように思えました。

その歴史を紐解いてみても、実にユニークです。

送信所は1926年当時、帝国主義にあった日本が国策として作った施設です。そのため、戦争の影が見え隠れしますが、その名を世界に知らしめたのは1930年(昭和5年)のロンドン軍縮条約締結を記念する浜口首相の記念演説を米英向けに放送したことです。これがNHKが行った日本初の国際放送となり、世界に平和への声と日本の技術の高さを知らしめました。

その後、浜口首相は襲撃され、失脚。日本は軍国主義を突き進み、送信所は軍事利用される一方、さまざまな無線の実験が行われ、無線技術の向上にも大きく貢献しました。今日、僕らの生活には携帯電話はなくてはならないものになっていますが、これにも検見川送信所は大きく関わっています。

この建物は人と人、国と国を結ぶという役割を正と負の面の両方でかかわっている「生き証人」と言えるのではないでしょうか?

建物としての生と死、歴史的には戦争と平和、コミュニケーションと断絶。そんなものが1個に凝縮されています。

さらに書きますと、戦時中の空襲で多くの建物を失った千葉市においては、貴重な大正時代の文化遺産でもあります。

新しいものはいくらでも作ることはできるはずです。ただ、古い建物は一度、壊してしまったら、同じものを作ることはできません。


送信所から見える幕張メッセ

送信所を保存・再生させることは過去を敬うことでもあり、反省することでもあり、同時に僕らの現在を見つめるきっかけにもなるはずです。そして、こうした建物を残すことは僕らの子供たちに未来を託すということでもあるんじゃないかと思うのです。

こうやって書くと、やっぱり重い、固い話なのかなとも思いますが、保存ができたら、どうやって使うか?を考えることは面白いではないでしょうか。

それには、検見川送信所の知られざるストーリーを掘り起こし、みなさんに知っていただくことだと思っています。次回は日本初の国際放送がどのように行われたか?を書いてみようと思います。違う話を書いたら、ごめんなさい。

写真は30Dで撮影。


キヤノンEOS 30Dボディ【送料無料】
特別価格 112,000円 (税込117,600円) 送料込







去年の日記は?


2006/8/18 鉢植えのブドウの復活劇





|

« 「建物が残った 近代建築の保存と転生」★★★★ | トップページ | ●夏の終わり、実家の庭 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

微力ながらお力添えができれば・・・・と思っています。



私もシンプルモダンな建物に惹かれますし、旧いものを破壊してしか新たなものを創造できないと思い込んでいる箱もの行政の在り方には大いに不満があります。



歴史的背景を知り、なんらかの形で後世に伝えていくべき必要があるのではないか?と思います。





少しでも多くの方の目に触れれば、チャンスもきっと増えるでしょう。

投稿: しぇるぽ911 | 2007年8月19日 (日) 07時19分

TITLE: リンク貼りました
SECRET: 0
PASS:

興味をもってもらえる人が少しでも増えたら、と思います!

投稿: cherimoa | 2007年8月19日 (日) 09時06分

TITLE: Re[1]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん

>微力ながらお力添えができれば・・・・と思っています。



ありがとうございます。



>私もシンプルモダンな建物に惹かれますし、旧いものを破壊してしか新たなものを創造できないと思い込んでいる箱もの行政の在り方には大いに不満があります。

>歴史的背景を知り、なんらかの形で後世に伝えていくべき必要があるのではないか?と思います。



ここの部分をリンクとともに紹介させていただきたいと思うのですが、よろしいでしょうか?



>少しでも多くの方の目に触れれば、チャンスもき>っと増えるでしょう。



そうですね。そう願います。ちょっと面白いイベントも企画します。ちょっと遠いけど、そんなにも遠くもないので、よかったら参加してください。

投稿: shocota | 2007年8月19日 (日) 09時15分

TITLE: Re:リンク貼りました(08/18)
SECRET: 0
PASS:

cherimoaさん

>興味をもってもらえる人が少しでも増えたら、と思います!



ありがとうございました。まずは興味を持ってもらうことが大事なんです。

投稿: shocota | 2007年8月19日 (日) 09時16分

TITLE: Re:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

改めてshocotaさんの送信所保存にかける思いを感じることができました。



僕は比較的単細胞なものでして(汗)、

あの建物の角に丸みがついていますが、これに惹かれているんです。

90年も前の作品で何ともモダンな感じを受けたものです。



大正後期から昭和初期にかけて、世界中で『流線型』が流行し、自動車や鉄道車両の設計に取り入れられたという史実があるのですが、ひょっとしたらこの建物の設計もその影響を受けているのかなぁ、なんてあれやこれや想像をかき立てられます。

投稿: まさやん0386 | 2007年8月19日 (日) 10時35分

TITLE: Re:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

こんにちは。

どうも私が誤解していたのは

「ニイタカヤマノボレ1208」がどうしても切り離せなかったからのようです。

あれがなければ戦争は。。。。。と

どこから発信したにしろきっかけになったわけですから。



でもshocotaさんの意図は良くわかりました。

うまく進むと良いですね。


投稿: アンビンバンコ | 2007年8月19日 (日) 11時17分

TITLE: Re[1]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>改めてshocotaさんの送信所保存にかける思いを感じることができました。



同じような趣旨は何度か書いているつもりですが、断片的だったので、改めて書きました。



>僕は比較的単細胞なものでして(汗)、

>あの建物の角に丸みがついていますが、これに惹かれているんです。

>90年も前の作品で何ともモダンな感じを受けたものです。



そうですね。設計した吉田鉄郎という人はかなりユニークな人物ですが、才能にあふれていたようです。



この話もいつか書かなければいけません。



>大正後期から昭和初期にかけて、世界中で『流線型』が流行し、自動車や鉄道車両の設計に取り入れられたという史実があるのですが、ひょっとしたらこの建物の設計もその影響を受けているのかなぁ、なんてあれやこれや想像をかき立てられます。



なるほど。それは面白い史実ですね。どこかで結びついていくかもしれません。いいヒントをいただきました。

投稿: shocota | 2007年8月19日 (日) 13時04分

TITLE: Re[1]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんにちは。



こんにちは。



>どうも私が誤解していたのは

>「ニイタカヤマノボレ1208」がどうしても切り離せなかったからのようです。

>あれがなければ戦争は。。。。。と

>どこから発信したにしろきっかけになったわけですから。



そうですね。僕が間違った情報をウラ取り不十分で書いてしまったのがいけないんだと思っています。反省。しかし、それを調べたことで、針尾無線塔のことを知ることができました。



>でもshocotaさんの意図は良くわかりました。

>うまく進むと良いですね。



もしよかったら、もう一度感じたことを短くていいので書いていただけると、幸いです。急ぎませんので。

投稿: shocota | 2007年8月19日 (日) 13時06分

TITLE: Re[2]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

shocotaさん、こんにちは。

>もしよかったら、もう一度感じたことを短くていいので書いていただけると、幸いです。急ぎませんので。



大正・昭和を振り返ることが出来る遺跡。残すことに弊害が無いのであれば残して欲しい、あわよくば有効に活用して欲しいと思います。

投稿: アンビンバンコ | 2007年8月19日 (日) 13時29分

TITLE: Re:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

検見川送信所の記事拝見しました。



住宅地の中にあるということですが、まわりはかなり広い空き地になっているようですね。送信所と空き地を再開発し、学校(中学校?)にする計画のようですね。



学校の敷地内にこの建物を残す設計とし、歴史や社会的な勉強に役立つ施設として残す案はどうでしょうか?



新校舎は送信所とコラボレーションするようなデザインにすれば、送信所だけが浮いてしまうということもないと思います。



最近は公立の学校でも、おしゃれな建物が増えているので、不可能ではないと思います。どうでしょうか?

投稿: takaak | 2007年8月19日 (日) 22時02分

TITLE: Re[3]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん



>大正・昭和を振り返ることが出来る遺跡。残すことに弊害が無いのであれば残して欲しい、あわよくば有効に活用して欲しいと思います。



ありがとうございます。

遺跡のところは「遺産」に直しても構いませんか?

投稿: shocota | 2007年8月20日 (月) 18時42分

TITLE: Re[1]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

takaakさん

>検見川送信所の記事拝見しました。



ありがとうございます。



>住宅地の中にあるということですが、まわりはかなり広い空き地になっているようですね。送信所と空き地を再開発し、学校(中学校?)にする計画のようですね。



その通りです。



>学校の敷地内にこの建物を残す設計とし、歴史や社会的な勉強に役立つ施設として残す案はどうでしょうか?



>新校舎は送信所とコラボレーションするようなデザインにすれば、送信所だけが浮いてしまうということもないと思います。



>最近は公立の学校でも、おしゃれな建物が増えているので、不可能ではないと思います。どうでしょうか?



いいと思います。



中学校用地を変更できないなら、このアイデアはありですね。



この一帯の空き地は中学校用地と公園用地になっているんです。用途を変えれば、建物の辺りを公園とすることもできると思うんですよ。



関心を持っていただきありがとうございます。地域と市外からのサポートで、行政の決定を変えられたらと面白いと思っています。

投稿: shocota | 2007年8月20日 (月) 19時22分

TITLE: Re[4]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

shocotaさん、こんばんは。

>遺跡のところは「遺産」に直しても構いませんか?

かまいませんよ、遺産の方が適切ですね。

さらに付け加えるとshocotaさんの純粋な思いが伝わってきます(^^)

投稿: アンビンバンコ | 2007年8月21日 (火) 00時35分

TITLE: Re[5]:「検見川送信所」保存計画バナー(08/18)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>shocotaさん、こんばんは。



こんばんは。



>>遺跡のところは「遺産」に直しても構いませんか?

>かまいませんよ、遺産の方が適切ですね。



ありがとうございます。



>さらに付け加えるとshocotaさんの純粋な思いが伝>わってきます(^^)



純粋というか、損得なしに面白がっています(笑)。

投稿: shocota | 2007年8月21日 (火) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736373

この記事へのトラックバック一覧です: 「検見川送信所」保存計画バナー:

« 「建物が残った 近代建築の保存と転生」★★★★ | トップページ | ●夏の終わり、実家の庭 »