« ●電柱を覆った朝顔 | トップページ | ●関係者と歩く検見川送信所 »

2007年9月 1日 (土)

●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供

大正時代に起こった建築デサイン運動に「分離派」というものがあります。

1920年代は、西欧からドイツの表現主義や未来派、構成主義等などのデザイン動向が伝わった時期で、明治期の古典的な様式建築から脱し、個々が社会に向けて主張し始めた時代だったそうです。

そんな分離派の建築物の写真を集めたサイトが「分離派建築博物館」です。

検見川送信所を設計した吉田鉄郎氏は分離派メンバーではありませんが、逓信省の建築物を作った人物として紹介されています。

以前から秘かに参考にさせてもらっていたのですが、思いきってメールをさせていただきました。

すると、協力を快諾いただき、92年撮影の写真を提供してくださいました。感謝感激。

今では、不法侵入者対策により、赤い鉄板を打ち込まれ、要塞のごとき送信所ですが、15年前の写真では特徴的な窓ガラスも見ることができました。


1992年撮影 「分離派建築博物館」提供


2007年撮影


1992年撮影 「分離派建築博物館」提供


2007年撮影

サイドの窓は丸みを帯び、こんなにオシャレだった。現在、草木が生い茂っており、同位置からの撮影は難しい。


1992年撮影 「分離派建築博物館」提供 

裏面は現在、自転車・歩行者道路が出来て、だいぶ雰囲気が違います。


1992年撮影 「分離派建築博物館」提供


2007年撮影

また、ブログ「甲大神御神木伐採事件」、きちはなさんのブログ「犬猫&うさぎ屋 吉右衛門と華の素敵情報局」からもリンクを貼っていただき、少しずつだが、みなさまに知っていただく機会が増えています。

また、詳細が固まっていませんが、有志数人と近くイベントも企画しています。

僕としては大分のアートプラザのように生きた活用となればいいと思っています。

しかし、不要論だってあるでしょう。まずは送信所がどんな建物なのか知ってもらうことが大事。その上で、保存か取り壊しかの議論がされるべきだと思います。

現在、会場を押さえ、送信所関係者、近代化遺産・近代建築に詳しい方に参加をお願いしています。

ちょっとおもしろそうだなぁと感じた方は、ここのコメント欄、トップページの「メッセージを送る」などでご一報ください。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>











去年の日記は?


2006/9/1 種から育った、この花の名前は?



|

« ●電柱を覆った朝顔 | トップページ | ●関係者と歩く検見川送信所 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供(09/01)
SECRET: 0
PASS:

分離派建築博物館のサイトへ訪問してみました。

もう既に「検見川送信所保存計画」のバナーが貼られているのにビックリ!

いつもながら、shocotaさんの行動力、そしてご自身の熱い思いを相手にきちんと伝えるコミュニケーション能力の高さに敬意を表します。



それにしても、15年の月日というのは、建物と建物周辺をけっこう変えてくれるものなんですね。

ハイカラな丸窓が、またリアルに見ることができるのを信じています。

投稿: まさやん0386 | 2007年9月 1日 (土) 23時05分

TITLE: Re:●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供(09/01)
SECRET: 0
PASS:

こんばんは。

吉田鉄郎氏は分離派メンバーではないけど分離派に認められたということですかね。

たしかに検見川送信所は既存の建築様式に属さないような独自のデザインを感じます。



>イベントも企画しています。

すごい熱意ですね!頑張ってください。

投稿: アンビンバンコ | 2007年9月 1日 (土) 23時21分

TITLE: Re[1]:●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供(09/01)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>分離派建築博物館のサイトへ訪問してみました。

>もう既に「検見川送信所保存計画」のバナーが貼られているのにビックリ!



これを読んで、確認してきました。

いいところに張っていただき、感謝感激です。



>いつもながら、shocotaさんの行動力、そしてご自身の熱い思いを相手にきちんと伝えるコミュニケーション能力の高さに敬意を表します。



照れてしまいます。

またコーチングされてしまいましたね。

ありがとうございます。



管理人のきくちさんはすごく支援してくださりました。ほかにも写真はあるので、随時使わせていただきます。



>それにしても、15年の月日というのは、建物と建物周辺をけっこう変えてくれるものなんですね。



対比することによって、送信所保存の緊急性が高まればいいなぁと思っています。



>ハイカラな丸窓が、またリアルに見ることができるのを信じています。



僕も信じていますよ。手間暇かけていますから。

投稿: shocota | 2007年9月 2日 (日) 00時18分

TITLE: Re[1]:●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供(09/01)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんばんは。



こんばんは。



>吉田鉄郎氏は分離派メンバーではないけど分離派に認められたということですかね。



その辺が分かりにくかったですね。



ほぼ同世代なんですよ。この辺の評価については聞いておきます。



>たしかに検見川送信所は既存の建築様式に属さないような独自のデザインを感じます。



ドイツの表現派風なんだそうです。



>>イベントも企画しています。

>すごい熱意ですね!頑張ってください。



乗りかかった船ですので、なんとかこいでゴールを目指したいと思います。

投稿: shocota | 2007年9月 2日 (日) 00時25分

TITLE: 吉田鉄郎と分離派
SECRET: 0
PASS:

ヨコレス的にすみません。

私も検見川送信所が気になっていた折でしたので、早速応援させて頂くことにしました。

さて、逓信省営繕課で吉田鉄郎は、分離派との直接の関係というよりも、分離派に属していた山田守との同僚だった関係が大きかったようです。まず山田の方が表現派風に曲面だらけの建物に終生こだわり続け性格も積極的で豪放でした。これに対して吉田は几帳面でストイックな性格で矩形の細部にこだわる方でしたが、二人は性格的に対照的でありながらお互いを認め合った関係だったようです。

これは私の推測ですが、吉田は、山田守が丸っこい岩槻受信所を設計しているのを知っていて、吉田が担当した送信所の設計でも受信所と一対の建物であるからには送信所の外観イメージ上つながりというか統一性を持たせる必要を感じ、建物の細部に曲面を取り入れたのではないかと考えております。

投稿: 分離派建築博物館@きくち | 2007年9月 2日 (日) 19時47分

TITLE: Re:吉田鉄郎と分離派(09/01)
SECRET: 0
PASS:

分離派建築博物館@きくちさん

>ヨコレス的にすみません。



いえ、今日お会いしたときにうかがおうと思っていました。



>私も検見川送信所が気になっていた折でしたので、早速応援させて頂くことにしました。



ありがとうございます。心強いです。



>さて、逓信省営繕課で吉田鉄郎は、分離派との直接の関係というよりも、分離派に属していた山田守との同僚だった関係が大きかったようです。まず山田の方が表現派風に曲面だらけの建物に終生こだわり続け性格も積極的で豪放でした。これに対して吉田は几帳面でストイックな性格で矩形の細部にこだわる方でしたが、二人は性格的に対照的でありながらお互いを認め合った関係だったようです。

>これは私の推測ですが、吉田は、山田守が丸っこい岩槻受信所を設計しているのを知っていて、吉田が担当した送信所の設計でも受信所と一対の建物であるからには送信所の外観イメージ上つながりというか統一性を持たせる必要を感じ、建物の細部に曲面を取り入れたのではないかと考えております。



分かりやすい解説ありがとうございました。

投稿: shocota | 2007年9月 3日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736787

この記事へのトラックバック一覧です: ●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供:

« ●電柱を覆った朝顔 | トップページ | ●関係者と歩く検見川送信所 »