« どうなっているんだ、ツール・ド・ちば | トップページ | ●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供 »

2007年9月 1日 (土)

●電柱を覆った朝顔

構造物と自然の調和。これは僕が理想とする町のありかたでもあるが、町なんて大きなものになると、自分の手出しができない。そうなればいいなぁと願うだけである。

自分の庭ならば、誰から文句を言われることもなく、理想が実現できる。これが庭作りの醍醐味じゃないか。

昨今、都会では屋上緑化というものが一種の流行になっている。ならば、電柱緑化もあっていいのではないか。そんな風に考えて、敷地内にある電柱にネットを巻き、朝顔のタネを撒いたのだった。

8/14 アサガオの仕立て

以前はこんな感じだった。

2007/06/28●フロントガーデンの花壇の増設





電柱が花壇の中で存在感を放っていて、味気ない。

それが朝顔が育ってきたことによって、少し風景が変わってきた。



ようやく花もつき始めた。



朝顔以外でも、コリウス、ピエール・ドゥ・ロンサール(自転車置き場を這っているもの)が大きく成長している。



ロンサールが自転車置き場の前方の梁で伝うようになると、だいぶイメージに近いものになってくる。予定では自転車置き場の周囲をロンサールが覆い、春には数え切れない花を咲かせる予定。

来春が楽しみだなぁ。って、まだ秋になったばかりでしたね(汗)。以上、久々のガーデニングネタでした。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>











去年の日記は?


2006/9/1 種から育った、この花の名前は?



|

« どうなっているんだ、ツール・ド・ちば | トップページ | ●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:●電柱を覆った朝顔(09/01)
SECRET: 0
PASS:

むき出しの電柱写真と見比べると、見違えました。

うまくカムフラージュできましたね!

敷地内電柱仲間(笑)の僕としては、来年、真似させてもらいます(^_^)



そういえば、ぶどう棚の近況はいかがですか?

投稿: まさやん0386 | 2007年9月 2日 (日) 06時58分

TITLE: Re[1]:●電柱を覆った朝顔(09/01)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>むき出しの電柱写真と見比べると、見違えました。

>うまくカムフラージュできましたね!

>敷地内電柱仲間(笑)の僕としては、来年、真似させてもらいます(^_^)



朝顔だけでなく、つる性の植物を買ってくれば、うまくいきそうです。



>そういえば、ぶどう棚の近況はいかがですか?



これも元気がいいですよ。よすぎるほどです。プールを片したら、写真を撮ってみますね。

投稿: shocota | 2007年9月 2日 (日) 07時04分

TITLE: Re:●電柱を覆った朝顔(09/01)
SECRET: 0
PASS:

おはようございます。

良い感じに電柱を覆っていますね。

葉っぱがたくさんあるので下のネットを感じません。

自転車置き場のロンサールの展開も楽しみですね。

ガーデニングの良いところ・・・

将来に楽しみを持てるところだなぁとこの記事を読んであらためて感じました。

投稿: アンビンバンコ | 2007年9月 2日 (日) 09時27分

TITLE: Re[1]:●電柱を覆った朝顔(09/01)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>おはようございます。



こんにちは。



>良い感じに電柱を覆っていますね。

>葉っぱがたくさんあるので下のネットを感じません。



もう少し密集してくると、さらによいのですが。



>自転車置き場のロンサールの展開も楽しみですね。



こちらはまだまだ時間がかかりますが。



>ガーデニングの良いところ・・・

>将来に楽しみを持てるところだなぁとこの記事を読んであらためて感じました。



そうですね。飽きっぽい僕ですが、気長に待つということも覚えましたよ。

投稿: shocota | 2007年9月 2日 (日) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736786

この記事へのトラックバック一覧です: ●電柱を覆った朝顔:

« どうなっているんだ、ツール・ド・ちば | トップページ | ●92年当時の検見川送信所〜分離派建築博物館提供 »