« 川村博章市議に会う(1)〜地域文化財について | トップページ | 千葉市役所の”情報要塞”と北海道遺産・函館要塞 »

2007年9月29日 (土)

川村博章市議に会う(2)〜検見川送信所

前回の記事に続き、川村博章市議(花見川区、自民党)の一般質問を紹介します。今回は検見川送信所についてです。

川村市議

旧検見川町に所在した検見川無線送信所は、大正15年に開局し、昭和2年には国内で初めての短波通信が行われました。

 その後も昭和7年のロサンゼルスオリンピックや「前畑がんばれ」で有名な昭和11年のベルリンオリンピックでの全国中継、さらに難局基地との交信など、わが国の通信の歴史の中で大きな役割を果たして参りましたが、昭和54年に役目を終え、廃局となった施設であります。

 今日、情報化社会と言われ、携帯電話などの無線技術は広く一般にも普及しておりますし、平成23年7月24日からテレビ放送は地上デジタル放送へ完全移行されることは大々的にマスコミで取り上げられています。

こうしたことからも、現在の情報化社会の先駆的な役割を果たしていた検見川無線送信所跡地は、本市にとっても誇るべき文化遺産であり、担ってきた役割、功績を次の世代に伝達・継承していくことが必要ではないかと強く感じるところであります。

こうした歴史的に重要な役割を担ってきた、検見川送信所跡の文化財としての価値並びに今後の活用について、当局のご見解をお聞かせください。


教育次長 答弁

送信所は近代通信史の中で、幾多の歴史的な事象が刻まれた施設として、本市に残る貴重な近代の文化遺産のひとつと考えております。

今後の活用についてですが、既に記念碑として設置されている「モニュメント」の近接地に、歴史的な背景などを記録した「掲示板」を設置できるよう、関係部局と協議してまいりたいと考えております。



川村市議が現在、開催中の市議会で検見川送信所について触れたのは今回で2回目。今回は質問という形で公の場で、市が見解を出したのは大きな前進だと思います。

ただ、内容自体は地元自治会が昨年7月に出した要望書への回答のレベルと同じ。

2007/09/21 ●出されていた!検見川送信所の保存を訴える要望書からの抜粋

記念館・郷土資料館等の施設整備につきましては、現在は考えておりませんが、無線送信所が歴史のなかで担った役割等については、現地に説明板等を設置するなどして、後世に伝えてまいりたいと存じます。(文化課生涯学習振興課)

つまり、市は要望書に対する回答を出しながらも、1年間以上、何もしていなかった、ということです。市が行う約束というのは、この程度のものなのでしょうか?

説明板をつけることは、そんなに大変なことなんでしょうか?

教育次長は「モニュメント」の近くに説明板を設置すると言っていますが、「モニュメント」自体、こんなことになっています。


正面玄関前に送信所OBが作ったと言われるモニュメント


プレートがはがされ、焚き火に投げ込まれていた(07年7月下旬撮影)

検見川送信所の件について限定すれば、千葉市教育委員会は税金をもらうだけの仕事はしていない。これが僕の見解です。

議会答弁に立った教育次長にも以下のイベントのご招待状をお送りします。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/9/29 ガーデンテーブルで朝食を



|

« 川村博章市議に会う(1)〜地域文化財について | トップページ | 千葉市役所の”情報要塞”と北海道遺産・函館要塞 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:川村博章市議に会う(2)〜検見川送信所(09/29)
SECRET: 0
PASS:

こんにちは。

川村市議は自民党、鶴岡市長も自民党。。。

どうなっていくのだろう?

掲示板って・・・求めているものと大きく乖離していますね。

投稿: アンビンバンコ | 2007年9月30日 (日) 12時02分

TITLE: Re[1]:川村博章市議に会う(2)〜検見川送信所(09/29)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん



こんにちは。



>川村市議は自民党、鶴岡市長も自民党。。。



鶴岡市長は無所属ということにはなっています。ですが、自民党の支持を受けての選出だったと思います。



市議会の仕組みは後日、書こうと思いましたが、簡単に言うと、



自民党

公明党

民主党

新政ちば

投稿: 久住浩 | 2007年9月30日 (日) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736712

この記事へのトラックバック一覧です: 川村博章市議に会う(2)〜検見川送信所:

« 川村博章市議に会う(1)〜地域文化財について | トップページ | 千葉市役所の”情報要塞”と北海道遺産・函館要塞 »