« 歩道橋撤去問題、その後 | トップページ | 検見川稲毛区画整理事務所のウソ »

2007年9月 5日 (水)

●東京中央郵便局も取り壊し危機

取り壊しの危機にある吉田鉄郎氏設計の近代化遺産は、検見川送信所だけではない。

東京駅南口にある東京中央郵便局、大阪中央郵便局にも高層ビル化計画が持ち上がっている。これはリンク先のまさやんさんからの情報だった。ありがたい。

東阪の中央郵便局は郵政建築の基礎を作った吉田氏の代表作だ。

東京駅は毎日のように通過しているが、先日、途中下車してみた。

中央郵便局は一見すると、飾りはなく、際立った特徴があるわけではない。そういう意味では玄人受けする建物かもしれない。


東京駅南口から

吉田氏の逓信省時代の同僚で分離派メンバーの山田守氏はこう評した。

「今日の建築は、その機能に即しそしてもはや機能に関係なき虚飾を捨てることにおいて消極的ではなく積極的である。金が足りないので虚飾費が不足するからそれをやめるのではなく、そんなものは建築の邪魔になるのである(中略)

今度の局舎も大体かような機能に即した美しさを求めているようだ。外部の白色、大きい窓は今日の明快な時代的要求に適応したもので、遠くこれを望むだに愉快を感ずるのである。そして防水的耐久的なタイルをもって包んだことは、清潔で愉快である」(「新建築」より)



とはいえ、関東大震災の影響で予算が削られ、設計変更を余儀なくされた事実はある。

窓の配置、建物の曲線などシンプルながら繊細。最後は清純の境地にたどり着いた吉田氏の建築哲学の塊のような建物だと思う。

「分離派建築博物館」のきくちさんによれば、検見川送信所はこの窓の配置などで東京中央郵便局に通じるものを感じるという



検見川送信所の裏面窓


同 窓アップ

遠目では分からなかったが、近づいてみると、ネットが周囲を取り囲んでいる。職員に聞くと、崩壊の恐れ(実際に崩壊したかは不明)を指摘され、2年前から設置したという。本来は真っ白なタイル張りだが、全体にグレーがかって見えるのが残念だ。



雨の中、一周回ってみたが、崩壊の気配はない。

むしろ、東京駅の方が深刻だと思ったら、駅舎の南口の一部は仮囲いをするなど修復・保全工事の準備が進んでいた。

東京中央郵便局にはいい兆しも見えている、という。超党派の国会議員が6月、取り壊し反対に動いた。問題は大阪中央郵便局の方らしい。安藤忠雄氏も著書で大阪の近代建物の取り壊しを嘆いていたが、実際、大阪の取り壊しのスピードは早いようだ。

来週、大阪に行く予定。大阪中央郵便局を撮影してこようと思っている。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>











去年の日記は?


2006/9/5 レッドシダーで自転車置き場作り〜スノコの利用



|

« 歩道橋撤去問題、その後 | トップページ | 検見川稲毛区画整理事務所のウソ »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:●東京中央郵便局も取り壊し危機(09/05)
SECRET: 0
PASS:

またまた僕のブログをご紹介いただき、ありがとうございますm(_ _)m



東阪の中央郵便局では、確かに大阪の方が動きが早いようです。隣のJR西日本の敷地と合わせた再開発で、郵政公社とJR西がアライアンスを組み、高層ビルに建て替えるようなのですが、

かなりJR西が積極的に取り組む姿勢を見せているようです。



何から何まで保存する、というワケにもいかないんでしょうが、寂しいですね。

特に大阪駅前は、昭和初期に建てられた阪急百貨店も建て替えのために既に取り壊されました。

約80年にわたって、梅田のランドマークだっただけに残念です。

投稿: まさやん0386 | 2007年9月 5日 (水) 23時53分

TITLE: Re[1]:●東京中央郵便局も取り壊し危機(09/05)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>またまた僕のブログをご紹介いただき、ありがとうございますm(_ _)m



いえいえ。協力を感謝しています。



>東阪の中央郵便局では、確かに大阪の方が動きが早いようです。隣のJR西日本の敷地と合わせた再開発で、郵政公社とJR西がアライアンスを組み、高層ビルに建て替えるようなのですが、

>かなりJR西が積極的に取り組む姿勢を見せているようです。



そういう事情なんですね。

安藤忠雄氏の「連戦連敗」には、なくなった大阪の貴重な建物が羅列されていました。土地勘のない僕には分かりませんでしたが、地元の方にはおなじみの建物ばかりなんでしょう。



>何から何まで保存する、というワケにもいかないんでしょうが、寂しいですね。



僕も全部保存せよなんて、暴論はいいませんが、風景が消えていくのは残念に思います。



それに、吉田建築でいえば、大阪中央郵便局の方が評価が高いのですよ。

彼の最高傑作が消えるのは大阪にとっても大きな損失だと思うのですが。



>特に大阪駅前は、昭和初期に建てられた阪急百貨店も建て替えのために既に取り壊されました。

>約80年にわたって、梅田のランドマークだっただけに残念です。



そうだったのですか、来週行くのは梅田なんですよ。どこかいいところがあったら教えてください。

投稿: shocota | 2007年9月 6日 (木) 00時33分

TITLE: Re:●東京中央郵便局も取り壊し危機(09/05)
SECRET: 0
PASS:

先日イタリアに嫁いだ日本の女性の生活を紹介するTV番組を見ていて、彼女たちの家族とだんなの親族5世帯が共同で暮らす元修道院の建物は、村の条約により外観の保全が規制を受けていて、一切変えることができないと紹介されていました。



ただし、中の改装は自由。



いまどきの生活設備を導入し、快適に暮らしていましたが、言い方は悪いですが、たかが村の元修道院でも文化的な遺産として、あるいは風景の一部として保護、保存しようという文化と、歴史的な近代建築もその価値を正当に評価できず、スクラップ&ビルドしか知らないこの国・・・・・



文化の差ってこういうことかな?と思います。







壊して、造っての繰り返しじゃぁ歴史なんてあるわけないですよねぇ?

投稿: しぇるぽ911 | 2007年9月 6日 (木) 06時16分

TITLE: Re:●東京中央郵便局も取り壊し危機(09/05)
SECRET: 0
PASS:

東京中央郵便局って初めて見ましたけど、大阪とそっくりでね。ちょっとびっくりです。



こちらにも情報があります。

http://www.geocities.jp/toolbiru/topic/top1-0410.htm

投稿: takaak | 2007年9月 6日 (木) 18時51分

TITLE: Re[1]:●東京中央郵便局も取り壊し危機(09/05)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん



>いまどきの生活設備を導入し、快適に暮らしていましたが、言い方は悪いですが、たかが村の元修道院でも文化的な遺産として、あるいは風景の一部として保護、保存しようという文化と、歴史的な近代建築もその価値を正当に評価できず、スクラップ&ビルドしか知らないこの国・・・・・



むしろ、たかが村の修道院を大切にすることが大事なのではないでしょうかね。



>文化の差ってこういうことかな?と思います。



そうなんでしょうね。



>壊して、造っての繰り返しじゃぁ歴史なんてあるわけないですよねぇ?



文化というのは積み重ねですからね。その積み重ねが歴史になり、文化になるんでしょうね。



取り壊しとモノマネだけではねぇ。

投稿: shocota | 2007年9月 7日 (金) 00時48分

TITLE: Re[1]:●東京中央郵便局も取り壊し危機(09/05)
SECRET: 0
PASS:

takaakさん

>東京中央郵便局って初めて見ましたけど、大阪とそっくりでね。ちょっとびっくりです。



似てますが、大阪の方がやっぱりかっこいいです。



>こちらにも情報があります。

http://www.geocities.jp/toolbiru/topic/top1-0410.htm



拝見しました。いろいろ開発が進んでいるんですね。

投稿: shocota | 2007年9月 7日 (金) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736779

この記事へのトラックバック一覧です: ●東京中央郵便局も取り壊し危機:

« 歩道橋撤去問題、その後 | トップページ | 検見川稲毛区画整理事務所のウソ »