« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

防犯街灯管理組合結成

送信所イベントのことで結構な時間を取られ、まったく書けなかったのですが、防犯街灯管理組合が誕生し、早ければ、来月にも僕ら10世帯が暮らす一角に灯がともることになりそうです。

21日(日)午前に10世帯が集まり、設置数、設置場所、今後について道端会議。設置箇所は市からの補助が見込まれる2つということで合意しました。

当座は組合とすることにしましたが、今後は自治会としたいという方向性も見えてきました。

その後、僕が銀行、地域振興課に出向き、組合としての手続きを完了。組合として口座を開くのは少し時間がかかりました。任意団体の手続きは少し面倒なんだそうです。

後は街灯設置する業者から届いた見積書を市に送れば、全て終わり。町が明るくなる日が楽しみです。

送信所イベントでもそうですが、ひとつひとつ結果を残していくことが大事。その積み重ねがやがて大きなものになるのでは。そんなことを感じています。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所
日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」

10月27日(土)午後3時〜、新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC−master(ニュース・シーマスター)」(月〜金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/31 勝手口のペイビング



| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

「知る」から「保存」へ〜検見川送信所イベント懇親会

検見川送信所国際放送77周年記念イベント「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」(10月27日、千葉市花見川区・はなのわ広場、検見川送信所で開催)は講演、嵐の中の見学会を経て、午後5時すぎから懇親会が行われ、18人が参加しました。


傘も役に立たない嵐の中の検見川送信所見学会

自己紹介を兼ねながら、個々の思い、送信所の今後について、さまざまな具体的な意見が飛び出しました。約2時間半に及ぶ内容でした。

参加者は以下の通り。

「検見川送信所を知る会」発起人、町民、区民、市民、元市民、県外の近代建築愛好家、廃墟ファン、建築関係者、近代建築の保存運動をされている県外の市民、産業考古学会関係者、市議、国会議員秘書。掲載許可を取っていないので、公人以外は肩書きといたします。


河童画人さん、まさやんさん提供の酒を飲みながらの熱いトークはシンポジウムというべき内容でした

●専門家「国の指定文化財の要件を満たしている」

専門家の方は行政は発掘の方ばかりに目をやっていて、地上に建っているものを見ようとしない、と指摘。建築家協会の保存担当者は、協会にも、今回の動きについて報告したい、保存を訴える要望書についても会にかけたいとの提案もありました。

産業考古学会関係者からは、送信所は国の施設として作られたもので、国の指定文化財としての要件を満たしていると指摘。学会としても、働きかけたい、と申し出。保存だけでなく、地域住民の声をいかした利活用が大事、という意見があがりました。

●与野党市議「文化財としての重要性は理解した。市側に訴えていく」

自民党の川村市議は行政の現状について報告。市議会では、地元の声を受け、送信所を地域文化財に指定してほしいと要望していましたが、もっとランクの高い国、県、市の文化財としての価値があり、市側に訴えていきたいと発言。教育委員会トップを現地に案内し、理解を求めたそうです。市民ネットの長谷川弘美市議も「送信所の重要性は理解しました。市側にも訴えていきたい」と発言。

●吉田鉄郎建築「東京中央郵便局、大阪中央郵便局」をめぐって
建築関係者からは吉田鉄郎建築をめぐる話も出ました。

10月からの郵政三事業民営化によって、東京、大阪の中央郵便局に高層ビル化計画が持ち上がり、東京では超党派の国会議員が取り壊しを反対している、との現状が報告。

仲佐代表は最近、朝日新聞に掲載された安藤忠雄氏による提案記事を紹介。

「都市への思い共有を」安藤忠雄氏、東京に「歴史の回廊」提唱
2007年10月23日11時28分


――安藤さんは東京、大阪の駅前にある中央郵便局(いずれも設計・吉田鉄郎、東京が1931年、大阪は1939年)の保存も主張する。戦前は「東京駅が明治、丸ビルが大正、東京中央郵便局が昭和を代表する」とされた。旧・丸ビルはすでになく、中央郵便局も姿を消すと……。


大阪中央郵便局(2007年9月撮影)


東京中央郵便局(2007年9月撮影)

「装飾をそぎ落とした近代建築のよさは一般の人にはなかなか理解してもらえないが、なにより、もう80年近くもそこに存在して、景観として定着しているんですよ。よくみれば新表現の追究に込めた当時の建築家の意気込みが伝わってくるはず」(安藤氏発言抜粋)


山中あきこ議員秘書の方も熱心にメモをとっていました。検見川送信所、中央郵便局をめぐる現状については山中議員へ報告していたたげる、ということです。

●送信所OB「建物の重要性ばかりが着目されるのは違和感」

送信所のOBからは建物の重要性ばかりが着目されているのには違和感を覚える、との声もありました。所員の方々は閉局にあたって、「送信所周辺を地元に還元できるよう公園にしたらどうか」と提案されたそうで、その考えは間違いでなかったと思うと同時に、今になって、という複雑な思いもあるそうです。

●「保存には寄付が必要」「市民、有志によるDIYも」

地元の年配者
「保存にはお金がかかるところもあり、寄付という考え方をしなければいけない」

県外の方
「草を刈ったり、壁を塗ったりと専門家でなくともできる部分はあるはず。有志で修復もあるだろう」

●地元町内会「持ち帰って町内に報告したい」

地元町内会連合会長は懇親会には出席されませんでしたが、イベントの終了間際、「私自身、送信所の意義など知らなかった部分はあります。町内も知らない者が多い。持ち帰って、報告したい」と発言。

そのひとつひとつが傾聴に値するものでした。メモを取らなかったので、多少、ニュアンスが違うかもしれませんが、その場合はご指摘くだされば、幸いです。意見は一部抜粋にすぎません。追加コメントでフォローしてくださいませんか。

今回は意見に私見をいれずに紹介しました。最後に一言だけ言わせていただければ、会は「知る」から「保存」へと動き出した、と僕は感じました。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所
日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」

10月27日(土)午後3時〜、新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC−master(ニュース・シーマスター)」(月〜金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/30 レッドシダーで自転車置き場作り(18)〜花台



秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示
「都市への思い共有を」安藤忠雄氏、東京に「歴史の回廊」提唱
2007年10月23日11時28分

 建築家の安藤忠雄氏が再開発で様変わりの激しい東京に「歴史の回廊」を提案している。東京駅が元の形に復元され、丸の内の三菱1号館も再建される。日本橋の景観を昔の姿へ戻す動きもある。「それらをつなぐプロムナードを整備すれば、東京は国際社会に向けたカオを持てる。保存か再開発かで揺れる東京中央郵便局も残し、先人の記憶と夢を語り継げる東京に」と訴える安藤氏に話を聞いた。



東京駅(左)、東京中央郵便局(中央奥の白い建物)が東京の代表的景観を維持してきた。丸ビル(右)は新築された

 ――この5年ほど東京は再開発ラッシュ。海外からの投資も相次いでいる。

 「世界中の人たちが日本を評価するのは、安全と民度の高さ。それが投資する側の安心に結びついている。その好印象を、積極的に都市の魅力に高めないと、地球規模での都市間競争に勝てない。日本の明治は、国際的にも〈世界の奇跡〉とされている。その代表的な建築、施設が、時期を同じくして復元、保存される。観光立国というなら、これを面的に生かす発想がほしい。それが歴史の回廊です」

 ――三菱1号館(1894年)は、維新後、日本の建築家を育てたジョサイア・コンドルの設計によるもので、オフィス街、丸の内の象徴だった。高度成長期に取り壊したその赤れんがが再建される。東京駅(設計・辰野葛西建築事務所、1914年)は戦災で焼失した3階部分とドーム屋根を復元。日本橋(設計・妻木頼黄ら、1911年)は高架の高速道路を地下に移して景観を取り戻す計画だ。

 「せっかくだから国際的に広報すべきです。韓国は、ソウルの都心で高架道路を撤去して清渓川の清流を取り戻したのを上手にアピールしている。東京も屋上緑化など熱心にやっているし、今回の復元、保存は、資源保護、環境保全の観点からも、ひとまとめにしたほうが訴求力が強い。東京が環境意識を高めているのは、開発ラッシュの北京、上海などのお手本になるでしょう」

 ――安藤さんは東京、大阪の駅前にある中央郵便局(いずれも設計・吉田鉄郎、東京が1931年、大阪は1939年)の保存も主張する。戦前は「東京駅が明治、丸ビルが大正、東京中央郵便局が昭和を代表する」とされた。旧・丸ビルはすでになく、中央郵便局も姿を消すと……。

 「装飾をそぎ落とした近代建築のよさは一般の人にはなかなか理解してもらえないが、なにより、もう80年近くもそこに存在して、景観として定着しているんですよ。よくみれば新表現の追究に込めた当時の建築家の意気込みが伝わってくるはず。土地の高度利用、効率優先で再開発というが、空中権を周囲の街区に譲ってもよいから、現在の土地で今のまま残すべきだ。そうすれば、江戸に始まる日本橋から、明治の三菱1号館、東京駅を経て、昭和までつながります」

 ――それにしても日本の都市の建築の保存は、賽(さい)の河原の石積みのように、なかなか定着しない。

 「今春、イタリアのベネチアで、大運河の入り口に位置する17世紀の旧税関の建物の内部を現代美術のギャラリーとするコンペに当選しました。ベネチア市などの肝いりで30年間、ギャラリーとするプログラムです。歴史資産を継承するには、ハードとしての文化遺産を活用する発想が不可欠で、旧税関もそれにのっとって新たな生命を吹き込まれるわけです。そして、なにより大切なのは、都市に対する思い。イタリアの人々にはそれがあるが日本はとなると。どんなにバーチャルな空間が広がっても、人々の暮らしは現実の都市にある。都市を維持更新し、よくしていく思いを、わが国の建築界も市民も政財界もどうやって共有して高めていくか。歴史の回廊の発想が、きっかけになればと考えています」


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

下関市第一別館見学会でも戦前の逓信建築の写真展

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」が行われた27日、下関では同じ逓信省建築物である下関市役所第一別館の一般公開が行われました。

近代化遺産公開で下関市が第一別館見学会
山口新聞2007年10月28日(日)掲載

市指定文化財となった同館は1924(大正13)年完成の鉄筋コンクリート2階建て。69年から市が所有して福祉センターなどに活用。いったん解体を決めたが反対運動が広がり、2002年には市有形文化財に指定されています。

下関市役所HPより

「下関市指定文化財 旧逓信省下関郵便局電話課庁舎(下関市役所第一別館)保存活用整備工事にともなう事前見学会」
・日  時 :平成19年10月27日(土) 午後2時〜午後4時
・実施機関:市民部市民文化課
・概  要 :上記文化財の現況を市民に公開する。

この見学会と同時に、戦前の逓信建築の写真展を実施。検見川送信所の写真も展示されたと聞いています。これらの写真は「ほぼ満月」で講演してくださった「分離派建築博物館」のきくちさん提供によるもの。51人が来場し、食い入るように見ていた方も多かったそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2000年の検見川送信所

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」に参加してくださったイッシーさんがご自身のブログで2000年の検見川送信所の写真を紹介してくれました。

イッシーさんのブログ 「とりあえずUPしてみました!」

まだ鉄板が張られる前の貴重な写真です。窓のパラボラアーチも見ることができます。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所
日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC−master(ニュース・シーマスター)」(月〜金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/29 小屋作り(3)〜室外機の移動など



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

台風一過の検見川送信所

検見川1丁目の「シタール」で待ちながら、書いています(ました)。駐車場もいっぱいで相変わらず、すごい人気。角の和菓子店「かわち屋」さんで検見川最中、どら焼を買ったり、「梅の湯」の方まで足を伸ばしましたが、順番がきません。結局、1時間近く待ちました。


シタール。幕張メッセが近いせいか、外国人の姿も

さて、「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」改め「ほぼ満月だったけど、嵐の中の検見川送信所」(笑)のご報告。

「分離派建築博物館」のきくちさんのお話。資料を元に、1920年代当時、多くの送信所が作られましたが、現存するのは検見川が唯一であり、吉田鉄郎建築も東阪の中央郵便局は取り壊しの危機にあり、代表作ではないものの、その片鱗が見受けられ、貴重な文化遺産であるとの報告がなされました。

送信所OBの江尻昭正さんからは所内には食事施設がなく、ご苦労をされたこと、そんな中、所員の方々は助け合って、仕事をされたことなど知られざる所内の話を伺うことができました。


千葉テレビの取材を受ける検見川送信所OBの小川さん。小川さんは17歳の時から閉局まで送信所にお勤めされていました。

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC−master(ニュース・シーマスター)」(月〜金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。


台風20号の中で行われた見学会。メイン会場から徒歩12分くらいの場所ですが、傘も壊れる暴風で、歩くのはほぼ不可能。それでも、見に行きたいという方が多く、車で参加された方には、便乗でお願いしました。ご協力ありがとうございます。まともに撮れたのはこれ1枚でした


台風一過の検見川送信所。28日16時36分撮影。晴れていたら、こんな風に夕焼けを浴びる姿が見られるはずでした。配偶者を初めて連れて行ったら、「異空間だね。なんか不思議」と率直な感想を漏らしていました。

見学会はリベンジしたいですね。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/28 日陰をいかす庭づくり



| | コメント (6) | トラックバック (0)

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」報告

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」は27日、千葉市花見川区・はなのわ広場で行われました。

まずは、ご協力いただけた関係者、各所にはお礼申し上げたいと思います。天候を心配する声も多数いただきました。感謝いたします。

既に、会の中身については、まさやんさんのブログ河童画人さんのブログでにて先に報告していただきました。こちらをご覧いただければ、と思います。

台風20号が吹き荒れる中、40〜50人の方に参加いただき、満席となったことは大きな一歩であり、大きな成果を得たと認識しています。これが本日のような晴天であったなら、人があふれかえっていたことでしょう。

会には

送信所OB会から3人(稲毛区、静岡、木更津在住)
初代所長であった菊谷秀雄さんのご遺族(秀雄さんの遺影を持っていらっしゃいました)
建築家協会の新旧保存担当者2人
産業考古学会の関係者

素晴らしい「送信所と河童」の絵を書いてくださった河童画人さん

地元・検見川連合町内会会長

政界からは

自民党・川村ひろあき市議
新政ちば・山本直史市議
民主党・今村敏昭市議、
同、熊谷としひと市議
市民ネット・長谷川ひろみ市議

山中あきこ国会議員秘書

楽天ブログ関係からは

前述のまさやんさん
慧俊さん

近代建築探訪メーリングリストからは

杉並たてもの応援団関係者

このほか、地元市民の方、廃墟ファンの方…。

人数、肩書きだけではなく、意見、思いを持った方々が一堂に会することができた意味は大きいと思います。

また、2時間以上続いた懇親会では、自己紹介とともに、それぞれの方が意見を述べ、「保存」に向けた具体的な方策も見えてきました。

メディア関係では、千葉テレビ、千都よみうり。取材にはきていただけませんでしたが、NHKも前向きに検討してくれています。

以上、報告第1弾でした。

※事実誤認のご指摘を受けましたので、訂正。関係者にお詫び申し上げます。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/28 日陰をいかす庭づくり






| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

本日、検見川送信所イベント!

本日、以下のイベントを開催します。

あいにくの空模様で、残念ながら月見できそうにありませんが、月はいつでも見られます。それに、雨降って地固まる、といいますしね。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」は本日13号を出して、国際放送の舞台裏を書いたノンフィクション小説「検見川送信所ストーリー」は完結しました。

メルマガ読者にはお知らせしましたが、既にPDFファイルにまとめたものをネット上にアップしています。(今後、あわてて書いた後半部分を加筆予定)。

「1930年10月のスパイダーズ〜検見川無線16日間のプロジェクトX」に改題しました。基とさせていただいた菊谷秀雄氏の自伝が素晴らしいのではありますが、こちらもなかなかのできばえです。自分で書くな、という感じでしょうけど。

NHKさんにぜひ映像化してもらいたい、という野望を持ちつつ。

書きながら思ったのは、やっぱり検見川送信所はすごいところだったのだ、ということでした。

読んでいただけた方は感想などもお願いします。

では、準備があるので、この辺で。

コンパクトにまとめたチラシがあります。こちら

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/27 マーガレットが咲きそう?



| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

検見川送信所で月見するかっぱ&メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.12」

ブログ「きょうの河童」のかっぱ画人さんが届けてくださった絵を紹介します。




クリックすると、拡大します。大きなサイズで見ていただきたい。今回の記事ではあえてコメントはしません。みなさんが先入観なしに自由に感じて頂ければ。

実物は明日、会場にて展示させていただきます。

メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.12」を発行しました。「検見川ストーリー」は明日、完結します。

このメルマガ(無料)を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)
vol.7(2007/10/23)
vol.8(2007/10/24)
vol.9(2007/10/24)
vol.10(2007/10/25)
vol.12(2007/10/26)

明日のイベントの詳細はこちらに書きました。

コンパクトにまとめたチラシがあります。こちら

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/26 チューリップの植え付け



| | コメント (9) | トラックバック (0)

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所 イベントの詳細

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」は27日午後3時から、千葉市花見川区花園1-6-7の「はなのわ広場」で行われます。

地図はこちら

JR新検見川駅から徒歩1、2分ほどの場所ですが、駅前で広場といえば、それこそ、ロータリーの中にある野外広場を思い浮かべている方もいらっしゃるかもしれません。

ちゃんと屋根つきの会場なので、ご心配なく!

はなのわ広場はこんなところです。写真は9月上旬にロケハンでお邪魔したときの様子です。どこかのサークルが集まっていました。



約50人ほどが中に入ることができます。



同所にて、15:00〜16:00 建築関係者、送信所OBによる講演(はなのわ広場)

建築についてのお話はウェブサイト「分離派建築博物館」のきくちさんです。
お話に際しては、A4サイズ2枚にまとめた資料をお配りします。

送信所OBの方は昭和48年から在籍されていた方。で、こちらも検見川送信所の仕事にまとめた資料を用意していいただいています。

予備知識を得た後、送信所跡地に移動します。その際、検見川の史跡めぐりをまとめた「探検地図 検見川今昔」(配布数に限りあり)をお配ります。

送信所までは徒歩10〜15分ほどです。

検見川送信所の地図はこちら


昭和初期の検見川送信所「検見川無線の思い出」より

16:15〜17:30 建築関係者、送信所のガイドによる現地見学会
(※内部には入ることができません)

その後、懇親会(実費ご負担ください)を予定 

※タイムスケジュールは変更になる場合もあります。途中参加も可能です。

気になるお天気ですが、Yahoo!天気予報によれば、千葉市花見川区は27日午後3時から弱い雨。それも夕方につれて回復するようなイメージです。

4時近くまで室内でのイベントなので、送信所に移動する頃には回復すると思われます(希望的な観測ですが)。



イベントについてコンパクトにまとめたチラシがあります。こちら

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/26 チューリップの植え付け







| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ、明日、検見川送信所お月見イベント!

いよいよ明日、イベントです。

参加者にお配りする印刷物も用意しました。建築関係の資料は120部印刷。送信所OBによる資料も予定しています。

相変わらず、天気は心配ですが、曇りでも雨でもイベントは開催します!

メルマガでもお伝えしましたが、おそらく当日はスタッフが足りません。というか、参加される、みんなで作るイベントにしたいんです。お手伝いしてくださる方は2時までに会場にいらしゃってください。なお、事前にkemigawamusen@goo.mail.ne.jpにご連絡をいただけると幸いです。

はなのわ広場の地図はこちら。広場といっても、屋根つきの貸しスペースですので、人があふれない限りは雨に濡れることはありません。

人数に関しては想像がつかないのですが、収容人数は50人程度。満席も予想されるので、座りたいという方はお早めの来場をお願いします。午後2時半をメドに入場していただきます。

タイムスケジュール

日時:2007年10月27日(土)午後3時〜
集合:千葉市花見川区花園1-6-7 はなのわ広場(JR新検見川駅徒歩2分)

15:00〜16:00 建築関係者、送信所OBによる講演(はなのわ広場)
16:15〜17:30 建築関係者、送信所のガイドによる現地見学会(徒歩で移動後、跡地にて)
その後、懇親会(実費ご負担ください)を予定 
※タイムスケジュールは変更になる場合もあります。途中参加も可能です。


参加費は告知通り、「無料」ですが、カンパ、酒、お菓子、おつまみなど飲食持込、大歓迎です。

というのも、開催費用はすべて会の持ち出し。月見といっていますが、基本的にはお酒、おつまみはつきません。既に寄付していただいた分があるので、それらはみなさまに振る舞いたいと思っています。



お酒を飲みたい! という方は居酒屋で。みんなで駆け込みたいと思っていますが、こちらは実費を徴収させてください。

メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.11」を発行しました。その中の「検見川送信所ストーリー」で紹介した横断幕がこれです。中央にいる白シャツに蝶ネクタイの方が同小説の主人公、菊谷秀雄さん。


「検見川無線の思い出」より

このメルマガ(無料)を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)
vol.7(2007/10/23)
vol.8(2007/10/24)
vol.9(2007/10/24)
vol.10(2007/10/25)

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/26 チューリップの植え付け





| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

千葉テレビの取材が入ります

千葉テレビが以下イベントを取材してくれることになりました。

月曜から金曜まで夜9時から9時55分までの 「ニュースC−master(ニュース・シーマスター)」で 10分程度の特集として放送されると聞いています。放映日は11月14日(水)です。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/25 バーベキュー兼ピザ窯を考える




| | コメント (9) | トラックバック (0)

かっぱ画人さんの絵と「検見川送信所J1AA通信vol.10」 

昨晩、かっぱ画人さんが我が家にお見えになって、かっぱが送信所で月見をする、素敵な絵をプレゼントしてくださいました。

下記お月見イベントにあわせて、書き下ろしてくださったのです。

僕はその製作過程をブログで拝見していたのですが、まさか我が家に届けてくださる、とは。

僕が思っていても、表現できなかった世界がすべて描かれていました。月の輝く夜、河童たちが楽しそうな宴に興じている。そして、検見川の特産品だったサツマイモ、焚き火。

河童たちがどんなことを考えているのだろう? と想像力をかきたてる素晴らしい絵です。
27日イベント当日、展示させていただきます。

かっぱ画人さんのブログには、送信所にまつわる記事がいっぱい。見ごたえ、読みごたえありです。ぜひ見てください。

ブログきょうの河童

ところで、検見川送信所J1AA通信vol.10を発行しました。

vol.9の「検見川送信所ストーリー」で登場する建柱につかわれた和製ウインチ「お神楽さん」はこんなものです。作業員がハンドルを押しています。連日、お天気が続いたようで、みなさん麦藁帽子をかぶっていますね。



45メートルの柱が立ち上がる様子です。柱がしならないように直線を保ちながら引き上げたそうです。




このメルマガ(無料)を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)
vol.7(2007/10/23)
vol.8(2007/10/24)
vol.9(2007/10/24)

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/25 バーベキュー兼ピザ窯を考える




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

検見川送信所初代所長・故菊谷秀雄さんのこと&メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.9」発行

27日のイベントを控え、なんだか忙しいです。きっと、各所にご無礼を働いているんだろうなと思いながら、日々をすごしています。

現在、メルマガで日本初の国際放送の裏側を描いた小説「検見川送信所ストーリー」を執筆中です。この原作は検見川送信所の初代所長だった故菊谷秀雄氏の「検見川無線の思い出」(自費出版)
です。

ご遺族から本に掲載している写真の許諾をいただきました。

まずは既にメルマガをお読みの方にはおなじみの菊谷さんを紹介します。メルマガでは、写真まで紹介できないので、写真はブログにて掲載していこうかと考えています。



検見川送信所J1AA通信vol.9を発行しました。

このメルマガ(無料)を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)
vol.7(2007/10/23)
vol.8(2007/10/24)

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/24 バーベキュー兼ピザ窯を考える




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8

今日は十三夜。おなじみのお月見ですが、中秋の名月(十五夜)はもともとは中国で
行われていた行事だそうで、この十三夜の月見は日本独特の風習だとか。

この十三夜と十五夜はセットで、片方だけ見ることは「片月見」といって嫌われてい
ます。

十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は
晴れることが多く、「十三夜に曇りなし」という言葉もあります。 そういえば、今
日もくっきり見えていますが、十五夜となる26日夜は曇り、もしくは雨。これは月
の引力が関係あるのでしょうかね?

気象庁の週間予報によれば、27日は現在、曇り一時雨の予報。降水確率60%。う〜む、なんとかならないかなぁ。



検見川送信所J1AA通信vol.8を発行しました。

購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)
vol.7(2007/10/23)


テレビ局からイベント当日の取材申し込みが来ています。朝日マイタウン情報、朝日新聞同様、多くのみなさまに知っていただく機会となりますので、お受けする方向で進めています。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/23 娘のバースデイパーティー〜自作窯でピザ焼き




| | コメント (4) | トラックバック (0)

検見川送信所J1AA通信vol.7発行 & テレビ局の取材

検見川送信所J1AA通信vol.7を発行しました。

このメルマガでは、以下イベントにあわせて、日本初の国際放送がいかにして行われたか、その舞台裏を小説としてつづっています。

購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)

テレビ局からイベント当日の取材申し込みが来ています。朝日マイタウン情報、朝日新聞同様、多くのみなさまに知っていただく機会となりますので、お受けする方向で進めています。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/23 娘のバースデイパーティー〜自作窯でピザ焼き




| | コメント (4) | トラックバック (0)

娘のバースデー

小4の娘のバースデー。10歳。あっという間ですね。

家に早く帰れたので、家族3人で食事。

去年は自家製窯でピザを焼きましたが、今年は配偶者の作ったハッシュドビーフとサーティーワンのアイスケーキ。



アイスケーキは娘の希望でした。


ホールアイスケーキ(M)

ハッシュドビーフは「食べきれない」とお鉢は僕に回ってきたのですが、「じゃあ、ケーキは食べられないね」というと、「食べたい!」。
女性は「ケーキは別腹よ」なんて言いますが、小4でも同じのようです。



誕生日プレゼントはコレクション テーブル。何を入れるつもりなんでしょう?


価格 4,950円 (税込) 送料別

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/23 娘のバースデイパーティー〜自作窯でピザ焼き




| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

検見川送信所J1AA通信vol.5を発行

検見川送信所J1AA通信vol.5を発行しました。

日本初の国際放送の舞台裏を書いた小説「検見川送信所ストーリー」には、朝日新聞記者が登場します。今回の下記イベントを最初に紹介してくださったメディアも朝日新聞。送信所と朝日新聞はどうも縁があるように思えます。

購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)

以下イベントまであと1週間を切りました。気象庁の週間予報によれば、当日は曇り。降水確率30%、最低気温19度、最高気温22度。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/22 エリカ メランセラ&オリヅルラン




| | コメント (4) | トラックバック (0)

検見川送信所J1AA通信vol.6&寄付のご報告

検見川送信所J1AA通信vol.6を発行しました。

1日で2号連続発行となりました。
感想をお寄せいただいた方、ありがとうございます。

購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)

メルマガでは検見川送信所初代所長の故菊谷秀雄さんの自伝を基に構成、執筆しています。僕はご遺族の方ともコンタクトを取っているのですが、先日、「活動費に」と1万円の寄付をいただきました。ありがたく受け取り、イベントの費用とさせていただきたいと思います。

なお、活動費についてはイベント終了後、詳細をできる限り、明らかにしていきたいと思います。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/22 エリカ メランセラ&オリヅルラン




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

大隈講堂と検見川送信所

20日付の新聞で「大隈講堂が重要文化財へ」という見出しが踊った。

朝日新聞 大隈講堂など10件、重要文化財へ 文化審議会が答申
2007年10月19日22時29分

文化審議会が大隈記念講堂など10件を重要文化財(建造物)に指定するように文部科学相に答申した、というもの。

大隈講堂(佐藤功一設計)はご存知の通り、早大のシンボル。1927年に完成。ロマネスク様式にゴシック様式を折衷した近代建物として価値が高いと判断された。

この大隈講堂に重要文化財の価値があるということにはまったく、異論はない。

一方、検見川送信所(吉田鉄郎設計)は大隈講堂完成1年前の1926年完成。様式はドイツ表現派風。

かたや、重要文化財、かたや廃墟。こういっては誤解されるかもしれないが、この対比が面白い。

これには現在も活用されている建物と役目を終えた建物の違いということもあるが、検見川送信所がその価値を認められにくいのは一切無駄な装飾を廃したシンプル・イズ・ベストともいうべきデザインにある、と思う。

それゆえに、なんともいえない力強さがある。想像力をかき立てるとでもいうべきか。

僕は放送史的にも建築史的にも、十分残す価値があるものだと思っている。しかし、廃墟から重要文化財に指定されることがあったら、これは文化史的にもトピックスだろうなぁ。

大隈講堂は創立125周年記念事業の一環として、大規模改修が行われ、7日にオープニングセレモニーが行われたばかり。工期は1年半で、総工費は約30億円。外観はそのままで、内部は空調や遮音性、IT設備を充実させた多機能ホールになったという。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/21 さて、小屋作り











| | コメント (13) | トラックバック (0)

「24」シーズン5 ハンディBOX

ブログ仲間のcherimoaさんから、海外ドラマはレンタルよりも買ってしまったほうがお得ですよ、と教えてもらって、「24」のシーズン3はおもいきって買った。

確かに、僕みたいに不規則な生活を送っている(CTUな)人間には、レンタルよりも、いつも手元においておけるDVDボックスのほうが見やすい気がする。

「24」シリーズは一度見始めると、ホントにとまらない。帰宅してから見て、早起きしてみてといった感じで、シーズン3は11日間で24話を見た。僕にとっては驚異的なスピードだ。

見終わったら、売ってしまえばいいというアドバイスだったが、むしろ、昔見たシーズン1も見直すために買いなおそうかという気になるから不思議。このシーズン3も結局、売らずに手元においておこうということになりそうな気が。


[DVDソフト] 24 -TWENTY FOUR- シーズン1 ハンディBOX
当店通常価格 10,290円 (税込) のところ
価格 8,026円 (税込) 送料別

僕は先にシーズン1、2を見ていて、テレビの深夜放送で「シーズン5」を見て、「24」熱が再燃したクチ。「シーズン5」は最初のほうと最後を見ていないのだけど、「シーズン5」は本当に面白いと思う。

その「5」を楽しみたいがために「3」のボックスを買ったわけだが、結果的に言うと、「3」も後半になるにつれ面白かった。「24」に外れなし。

シーズン3に続き、シーズン4はネットで注文してしまった。正直に言うと、今回はポイントがあったので、アマゾンで買ったが、11月22日発売の「シーズン5」を買うなら、楽天ブックスもアマゾンも同じ割引率。26%。

最安値は送料無料の楽天ブックス。

24−TWENTY FOUR− シーズン5 ハンディBOX[13枚組]
通常価格 10,290円 (税込) のところ、
特別価格 7,252円 (税込 7,614 円) 送料別

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/21 さて、小屋作り




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

検見川送信所J1AA通信vol.4を発行

検見川送信所J1AA通信vol.4を発行しました。

購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)

以下イベントまであと1週間。天気が気になるところです。気象庁の週間予報によれば、当日は現在、曇りの予報。とりあえず、雨でなかったことにはホッとしたものの、月見はできない?



天気ばかりは神頼みです。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/20 さて、小屋作り




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

クライマックスシリーズ第2戦〜勝負は試合前からあった

年に1度は行くプロ野球観戦。今季はクライマックスシリーズ第2戦が初めてとなった。



結果は7−4で巨人連敗。今の実力は、どう見ても、中日の方が上。それがそのまま数字に現れた。

巨人は1回裏に先制したものの、木佐貫の調子が悪く、毎回ピンチを招く。4回降板も遅かった。その後の継投では3者連続三振に抑えた豊田が光ったものの、まさかの交代。9回に登板した上原が、これまた余計な被弾。

打線の方もピリリとしない。李は併殺打の連続で大ブレーキ。ホリンズの3ランだけが救いだった。

しかし、勝負は試合前からあったのかもしれない。

頼みの高橋由が欠場。中日は先発予想の山井ではなく、川上を投入。原監督の計算は大きく狂った。

とはいえ、すべては結果論。セ・リーグ覇者のプライドを捨てて、優勝を決めた一戦で見せたような泥臭いプレーを見せてほしい。


しかしながら、一緒に観戦した配偶者に言わせると、敗因は僕だという(汗)。僕がまじめに試合を見ていると、勝ったためしがないのだ、と。まあ、そうなんですけど、ね。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/19 DIY、庭仕事とダイエットの素敵な関係




| | コメント (8) | トラックバック (0)

●稲見一良「花見川の要塞」

検見川送信所から、そんなに遠くないところに、花見川という川が流れている。

全国的にはそんなに有名ではない、この川が好きで、サイクリングでよく走っている。

川下から走っていくと、途中、若干コースが途切れながらも、千葉市、八千代市、佐倉市に入り、印旛沼を経て、利根川まで続く。往復すると、50キロにも及ぶサイクリングコースとなる。

そんな花見川が舞台になった小説があることを、慧俊さんのブログで知った。

稲見一良(いなみ・いつら)という聞きなれない作家の「花見川のハック」という小説だ。

稲見さんは大阪市生まれ。ドキュメンタリーのプロデューサーを経て、小説家になった兼業作家。94年に亡くなっている。

ネット検索すると、この作家がいかに愛されたかが分かる。Amazonのレビューの評価も高いが、ほとんどが絶版。

近くのブックオフに行った折に探してみた。「花見川のハック」はなかったが、「花見川の要塞」という短編が収録された「セント・メリーのリボン」があった。


セント・メリーのリボン


一番先に「花見川の要塞」を読んだ。

冒頭からして、ツボだった。このブログで紹介した弁天宮の対岸から始まる。



ここは花島町の辺り。僕が戯れに書いた「河童のいる送信所」という話で、河童が住んでいるとした場所である。

「花見川の要塞」はこんな話だ。主人公の「俺」はカメラマン。作家のエッセー「夢の中の花見川」につける写真を、花見川に撮りに来て、草むらの中のトーチカを見つける。そこは、野菜の行商をしている婆さんと、軍隊の制服を着た15歳の少年が住んでいた。

トーチカは千葉から津田沼に続く軍用鉄道に隣接したもので、少年は鉄道を警備する任務についているという。

「俺」は現在とも過去ともつかない場所に迷い込んで、彼らとの友情を育む。そこで、彼らと少年は鉄道が見えるというが、「俺」には見えない。「俺」はフィルムに収めたいと思う。そこに、戦時中の軍用鉄道をめぐる謀略も出てきて…という展開だ。

僕もこの軍用鉄道に魅せられて、千葉から津田沼まで自転車を走らせた。

2007/07/22 消えた軍用線路をゆく 

いくつかの書評を読むと、ハードボイルド&ファンタジーが稲見さんの作風のようだ。僕も短くて、渇いた文体が好きだ。まだ一篇しか読んでいないが、好きな作家の1人になるのは間違いない。

稲見さんが検見川送信所のことを知っていたかどうかは分からないが、ご存知だったら、きっと気に入ってくれたに違いない。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/19 DIY、庭仕事とダイエットの素敵な関係




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

「バイシクル21」表紙に登場

「ツール・ド・ちば」(過去記事では走行記、運営の問題を書いた)で仲良くなった方から、自転車雑誌「バイシクル21」の表紙に姿が写っていますよ、とメールをいただいた。



おお、確かに写っている。上から3人目は確かに僕だ。中にも、見開きページがあり、ここにもチラチラ3ショット載っている。もっとも、本人が判別できる程度だけども(笑)。

最近、自転車ブームが来ている、といわれる。

ガソリンは11月にはレギュラー150円台突入らしい。こうなってくると、スポーツとしての選択肢のひとつではなく、れっきとした交通手段の選択肢のひとつ、という現実的な話にも、なりそうだ。


楽天で自転車を探す



ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>







去年の日記は?


2006/10/18 スモールガーデンの”夢地図”






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

Moonlight Party at Kemigawa Radio Transmitting Station

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

Foreign Broadcast 77th Anniversary
Moonlight Party at Kemigawa Radio Transmitting Station


DATE:2007/10/27(sat)15:00
Place:Hananowa Hiroba 1-6-7 Hanazono Hanamigawa-ku
(near JR line Shinkemigawa Station)
organized by :Study Group of Kemigawa RadIo Transmitting Station

“What's Kemigawa Radio Transmitting Station?”

Walking from JR Shin-Kemigawa railway station for 10 minutes, you'll see ex-Kemigawa Radio
Transmitting Station stands solitarily at the residential area.
“You mean that ruins, don't you?”
"I know it's a well known haunted house."
"No way! Use to be a Radio transmitting station, that's historical one."
The first Radio Transmitting Station in Japan is designed by Tetsuro Yoshida who also worked for
Tokyo and Osaka Central Post Office.
And this was called "White Station House" in the opening year 1926.
It could have a quite rare value since we lost a lot by war damage.
Of course this station had the first call sign ”J1AA”.It helped a lot to develop the wireless
technology of Japan.
In 27th October 1930, the prime minister OkIchi Hamaguchi(1870-1931)
gave a memorial speech for San Francisco and London after disarmament
treaty had concluded in London.
And this was the first overseas broadcast from Kemigawa, Japan. Do you know this story?
So after 77 years, why don't we adventure intellectually now.
We will have an architect and an ex‐colleague as the guests and they will show you something interesting.
Here the "OTsukimi party" on almost full moon night,
Come and Join us!

英語版のチラシも作成しました。

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

英語版は以下からダウンロードできます。

getacro.gif

PDF file
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen-eng.pdf

doc file
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/17 スモールガーデンの地図



| | コメント (4) | トラックバック (0)

メルマガ「検見川送信所J1AA通信  vol.3」発行

秋晴れが気持ちいいです。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信 vol.3」を発行しました。

ここから購読できます。無料。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html

vol.3はこちらから読めます。よかったら、感想などお寄せください。

第3号ではかんしょ畑にアンテナが立てられる様子。みなさんに驚かれますが、ブログの記事やメルマガの原稿はケータイで書いております。

部数は目標とした数よりも下回っていますが、読者の方は満足しただけた(?)ようで、安心しました。感想を寄せてくださった方に感謝申し上げます。

本業も忙しくなってきたので、満足にお礼申し上げられないことをお詫びいたします。

かっぱ画人さんも、ブログでメルマガについて、紹介してくださいました。


河童が検見川送信所で月見をする絵

例のかっぱが送信所で月見をする絵。かっぱ画人さんのいつもの画風とは違うのですが、河童たちの姿が楽しそうで、とても好きな作品です。なんと、壊れたパソコンの液晶モニターにアクリル塗料で書かれたと聞きました。現代アートという感じで面白いですね。ばらしちゃったら、いけなかったでしょうか?

会のメンバーとは、かわいい河童がシンボルキャラクターだったりすると、いいよね、なんて話も出ていました。そうそう「河童のクゥと夏休み」というアニメ映画が評判よかったのですが、見逃してしまいました。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/17 スモールガーデンの地図



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

メルマガ「検見川送信所J1AA通信  vol.2」発行

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信 vol.2」を発行しました。

ここから購読できます。無料。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html

vol.2はこちらから読めます。よかったら、感想などお寄せください。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/16 モールスキン手帳術



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

インターネットAQUOSのメモリ増設

僕が買ったインターネットAQUOSにも、不満がないわけではありません。

楽天最安値はこれ。


SHARP インターネットAQUOS LD-20SP3+PC-AX50M【20V型デジタル液晶TV+PC】
価格 124,000円 (税込) 送料別

それは動作が遅いこと。買ったのはオフィスなしのエントリーモデルで、メモリ512MB。DVD-Rなどがあり、機能的には充実しているのですが、動作的には、以前の自作PCと変わらないように思えます。

その自作パソコンはリビングに移動したのを機に、メモリを増やしましたから、こちらの方が早いくらい。



インターネットAQUOSのカタログを見ると、メモリは最大2Gとありますが、お客様ご自身での増設はできません、と書かれています。つまり、自身による場合は保証外となるようです。

一部パソコンには裏に封印されていて、自己改造を見分けるようになっているのかと思いきや、普通の状態で、メモリの挿し込み口もすぐに分かりました。

有楽町のビックカメラで適合メモリを聞き、1Gの容量のものを購入しました。エレコム社のものです。価格は7800円。ほかにもアイオー・データ社、バッファロー社のものもあるようですが、ほぼ同じということ。

増設メモリ (株)バッファロー D2 / N533-256M / 512M / G1G
増設メモリ (株)バッファロー D2 / N667-256M / 512M / 1G
増設メモリ (株)アイ・オー・データ機器 SDX667-256M / 512M / 1G
増設メモリ (株)アイ・オー・データ機器 SDX533-256M / 512M / 1G
増設メモリ (株)ハギワラシスコム HN2-424N256K / 424N512K / 424N01GK
増設メモリ (株)ハギワラシスコム HN2-424N256F / 424N512F / 424N01GF

どうせ増設するなら、1Gタイプがお勧めです。

早速、空きスロットにつけてみましたが、快適度はアップ。これをシャープに依頼すると、

作業代:3,150円(税抜き価格3,000円)/台
出張費(20kmまで):2,310円(税抜き価格2,200円)/回 ※上記作業代は含みません。
20km以上は10km増えるごとに525円を加算。

ネジを3つ外して、所定の場所につけるだけ、作業時間は5分足らず。この価格設定はいくらなんでも高いかなと思いました。ただ、保証は効かなくなるようなので、その辺は自己責任でどうぞ。

インターネットAQUOSの購入はこちらから。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/15 北玄関のススメ



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

検見川・尾鷲神社祭礼

検見川送信所の近く、検見川三丁目に尾鷲神社があります。ここは鷲が止まったことから、そう名がついた、とか。祭礼があるというので、出かけてみました。

お神楽です。



この地域の方々が演じているそうです。ネット検索したら、ありました。

検見川神社神楽囃子連

検見川の歴史を感じますね。演目は12あるそうですが、そのうち6つが披露されました。



子供たちのお楽しみはこちらのようです。お餅投げ。餅のほかに、タオル、お菓子が投げられていました。みなさん、楽しそう。



千葉市の文化財保護条例に、今年から、地域文化財という項目が増えましたが、こういった行事こそ、地域文化財というのでしょうね。これは町の財産です。もっともっと外に向けて、アピールすれば、町の活性化につながることでしょう。

検見川文化のウォーキングディクショナリー(生き字引)という方にもお会いできました。市民講座もお持ちの方で、さわりだけお話を伺いましたが、検見川は奥が深い! と改めて感じました。市民講座もあったという間に定員に達したそうですから、検見川送信所に興味をお持ちの方も少なくないかも。

近くにある検見川公民館の館長さんとも話し、館内に「検見川送信所を知る会」のチラシも置かせていただきました。また、三丁目の自治会長さんにもお会いできたので、ご挨拶し、チラシをお渡ししました。

ちなみに、祭礼の最後には、地元の市議の姿も。自民党の川村ひろあき市議、共産党の中村公江市議、もう一人いらしゃっていましたが、お顔が分かりません(すみません)。「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」のときも、党派を超えた市議の方々が集まってくれるといいなぁと思っています。


写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 55,048円 (税込 57,800 円) 送料別

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/14 オクトーバーランに参加しています





| | コメント (6) | トラックバック (0)

河童の親子からいただいた検見川送信所のお酒

真っ赤なスポーツカー(!)に乗った河童の親子が僕の家に遊びに来てくれました。

10/13付の記事「河童のいる送信所」で紹介させてもらった、かっぱ画人の牛玖ひろしさん親子です。


牛玖さんがお書きになった、河童が検見川送信所で月見をする絵

僕は牛玖さんの絵を拝見して、勝手ながらストーリーを書かせていただきました。

それがちょうど書きあがった13日午後、牛玖さんから直電話。偶然とはすごいものです。その際、牛玖さんは「届けたいものがあります」と我が家の訪問を申し出てくださったのです。

物語の中の河童の親子はなんとなく牛玖さん親子をイメージして書いたところもあるのですが、まさに。

僕が勝手に想像する河童は、平和主義者で、自由と自然を愛し、遊び心を持つ、人間の楽しい友達といった感じでしょうか。

送信所の話から共通の趣味である万年筆のことまで約1時間、楽しいひと時をすごしました。

物語については既にお読みいただいて、「普段から感じていたことを書いていただいた」と言われ、ホッといたしました。

その牛玖さん親子が届けてくださったのがこれ。



検見川送信所がお酒になりました!



牛玖さんが蔵元に依頼して、オリジナルラベルのお酒(非売品)を作ってくださったのです。

すごい! おもいっきり感激しました。

これは飲みたい気持ちを抑えて(笑)、27日のイベント当日に会場で飾らせていただきます。

牛玖さんがラベルをお書きになったお酒はこちら


【福を呼ぶ】幸せのかっぱ 「福来る」720ml3本セット
当店通常価格 4,500円 のところ
価格 4,296円 (税込) 送料別


千葉県 鍋店仁勇 幸せのカッパ酒 180ml 6本セット【化粧箱入】要低温
価格 1,400円 (税込) 送料別

これは清酒ですが、検見川の隣、幕張は青木昆陽が手がけたイモの発祥の地。送信所の辺りもイモ畑だったそうです。現地特産のイモ焼酎などが出来たら、町おこしにもなるかなぁと思ってしまいました。


こちらは牛玖さんがお書きになった河童の色紙

町で一番おいしい店のケーキまでお土産でいただきました。これまたケーキがいい? 失礼しました(汗)。

写真はCaplio GX100で撮影。

また下がりました!


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 55,048円 (税込 57,800 円) 送料別

| | コメント (12) | トラックバック (0)

メルマガ「検見川送信所J1AA通信  vol.1」発行

諸事情(単なる僕の怠慢)で、発行が遅れていたメールマガジン「検見川送信所J1AA通信  vol.1」を発行しました。

登録読者数は29人! ちょっと寂しいけど。

こうなったら、自分で言うしかないけど、結構、面白いです。

検見川送信所ストーリーでは、日本初の国際放送の裏側を、小説風につづっています。

2007/09/25 ●満月の夜に〜検見川送信所ストーリー(1)の続きを書きました。

今後は77年前の物語をほぼ同じ日付で追っていきます。リアルタイム小説となるはずですので、イベントに参加してくださる方も、参加できない方も気持ち的に盛り上がれるはずです。

また、「検見川あの店この店」では、Go!Go!しんけみがわ! 新検見川地域情報の花園シンさんが、気になる検見川のおいしい店を紹介。第1回は「ふじ竹」さん。ここは漁師さんだった古民家を改造したおそば屋さん。初めてシンさんにお会いした時に、連れて行っていただき、僕もある種の感動を覚えたお店です。

イベント当日、打ち上げで使いたいと思ったのですが、昼間から貸切だとか。残念。もし、夕刻、運よく空くようでしたら、みなさんで行きたいなぁと思っています。

創刊号はこちらから読めます。興味を持てたら、登録してください。無料です。

読者数は少ないですが、早速、反響もいただきました。

ご本人のご了解を得て、紹介できれば、と思っています。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/14 オクトーバーランに参加しています






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

河童のいる検見川送信所

昔々、検見川送信所の近くに流れる花見川の、とりわけきれいな花島という町に河童が住んでいた。



ある日、河童の親子が花島から海へと下っていくと、天に向かって高く伸びる鉄の棒が見えた。

人間たちはアンテナと呼んでいたけれど、子どもの河童には何のことやら分からなかった。
お父さん河童に聞いた。

「あれは何?」
「送信所というんだよ」
「送信所って、何?」
「世界中の人たちと話ができるんだ」
「世界って?」
「僕たちが住んでいる所よりももっと大きな場所があるんだよ」
「すごいね。そこにはどうやったら、行けるの?」
「川より大きい海というのがあって、その海を越えていくのさ」
「どうやって?」
「僕たち河童と違って、人間は泳ぎがうまくないから、船というものに乗っていくのさ」
「へぇ」
子供の河童の好奇心は尽きなかった。お父さんがいう「世界」にも河童はいるのだろうか?

「でも、送信所があれば、海を越えなくても、世界の人たちと話すことができるんでしょ?」
「そうだ」
「すごいね」

それから、子供の河童は毎晩、お父さん河童にいろんな話をして、とせがんだ。しかし、海を見たいという願いは聞き入れてもらえなかった。

河童と人間は昔、仲良しだったけれど、最近では、人間は河童なんていない、作り話だということになっている。海なんか出掛けて、人間に見つかったら、どんなことになるやら。
お父さん河童はそんなことを思った。

しかし、子ども河童があまりに世界のことに興味を持つものだから、お父さん河童は子ども河童を送信所に連れていくことにした。

お父さん河童も、道には詳しくなかったが、送信所に行くことは簡単だった。だって、遠くからはっきり見えたから。

イモ畑を抜けていくと、真っ白な局舎が見えた。局長室だけに光が灯っている。何やら、忙しくしているらしい。

アンテナは天に向かい建ち、線はさらに四方と結んでいた。
「アンテナって、蜘蛛の巣みたいだ」と子ども河童は言った。

光の灯った部屋を指し、「いま、世界中の人とお話ししているのかな?どんな話をしているのだろう?」子ども河童は会ったこともない世界の河童のことを思った。

2人の河童は15分くらい、いただろうか、この日は曇りだったが、急に雲間から月が顔を出した。満月だった。

それはとても幻想的な風景だったが、月明かりは河童たちには危険すぎた。人間に見つかってしまう。

「さあ、帰ろう」

お父さん河童は子どもの手を引っ張って、川に向かって走った。子ども河童は何度も振り返って、送信所を見た。


それから、何十年後の現代。

その時の子ども河童は、充分に大人の河童になった。花見川も以前より開発が進んで、河童には住みにくくなったが、それでも、花島には美しい風景が残っていた。

ある時、川に一枚の紙が浮いていた。そこには昔見た送信所の写真が載っていた。

懐かしいなぁ。その河童は真夜中、危険を承知で送信所に向かった。アンテナは1本もなくて、目印はなかった。

イモ畑もなく、緑も少ない。人目を気にしながら、迷いながら、河童は苦労しながら、送信所にたどり着いた。確かにアンテナはなかったけれど、あの建物はだけはあった。

昔はあんなにきれいな建物だったのに、とは思ったけれど、建物が残っているのには、なんだかホッとしたのだった。

<おしまい>

千葉県内にお住まいの河童画人の牛玖ひろしさんが、こんな素敵な送信所の絵を書き下ろしてくださいました。この物語は牛玖さんの絵にインスパイアされ、僕が書き下ろしたものです。

牛玖ひろしさんのブログはこちら。こちらには別の物語があります。



牛玖さんがラベルをお書きになったお酒はこちら


【福を呼ぶ】幸せのかっぱ 「福来る」720ml3本セット
当店通常価格 4,500円 のところ
価格 4,296円 (税込) 送料別


千葉県 鍋店仁勇 幸せのカッパ酒 180ml 6本セット【化粧箱入】要低温
価格 1,400円 (税込) 送料別

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

”ほぼ満月ただの月見@検見川送信所”が朝日新聞で大きく取り上げられました。



取り急ぎ、ビッグニュースです。

10月12日付朝日新聞第1千葉面31ページに「検見川送信所を知る会」の活動が大きく取り上げられました。

記事の原寸版はこちらです。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/12 秋のパーゴラ便り〜コリウス




| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

朝日マイタウン情報、後日談

年末に近づくと、プリンターが活躍するシーズンになります。僕はHPのPSC1510というオールインワン・プリンターを使っています。

このプリンターのいいところは、印刷、コピー、スキャンが1台でできること。PSCシリーズは型落ちとなっていますが、後継のPhotosmartというシリーズが出ています。

お値ごろ品だと、これ。


【在庫あり!即納!】HP インクジェットプリンタ Photosmart C3180 C3180
eBEST価格 7,600円 (税込 7,980 円) 送料別

スキャンも、思いのまま。

以前、ちょっと紹介した「朝日マイタウン」の記事も、新たにスキャンしてみました。前回のは悪コンディション下でのカメラのマクロ撮影でした。今回の方がクリアに見えるはず。クリックすると、拡大。僕、久住の写真も掲載されているので、恥ずかしいのですが。

2007/10/7付「朝日マイタウン情報」



記事を書いてくださったS記者にご覧いただき、ご丁寧なメールを頂戴しました。
繰り返しになりますが、とても力をいただいた記事でした。

というのも、これが一番最初の記事だったからです。

一番最初に記事を書くというのは、とても勇気がいることだと思います。海のものとも山のものとも分からない団体、イベントを紹介するのですから。S記者の期待を裏切らないようなイベントにしたいと個人的には思っていますし、会のメンバーもそう思っていることでしょう。

僕はこの新聞を市議や送信所のご遺族、関係者に手配りしたり、郵送で送りました。

日本初の国際放送でリーダーシップを執られた初代所長、故・菊谷秀雄さんのご遺族は、大変喜んでいただきました。お知り合いに配りたいので、「もっと部数があれば、欲しいのですが」とおっしゃってくださいました。

僕が真剣に送信所を何とかしたいと思ったのは、菊谷さんの自伝を読ませていただいたことが大きいです。「検見川無線の思い出」という本は自費出版で、千葉市内の図書館では読むことができますが、もっと知られてもいい物語が詰まっています。

菊谷さんの物語は、発行が遅れているメールマガジンで語っていくつもりです。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

Photosmartを探す。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。


検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/11 木工の塗装〜塗るのに簡単な塗料は?




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

●シャープのお客様窓口

インターネットAQUOSのDVDドライブが突如、認識されなくなりました。

楽天最安値はこれ。


SHARP インターネットAQUOS LD-20SP3+PC-AX50M【20V型デジタル液晶TV+PC】
価格 124,000円 (税込) 送料別

おそらく、インストールしたソフト、ドライバーが干渉しているのでは。そんなことはぼんやり分かるのですが、どうしたら復旧できるのかはクエスチョン。

そこで、シャープのサポーターセンターに電話しました。平日午前のせいか、比較的あっさりつながりました。

この手のお客様窓口はつながりにくいという印象で、イライラしたことがある人も少なくないと思いますが、シャープの人員配置はしっかりされているように思えます。

僕は最近まで自作パソコンユーザーでした。トラブルがあった場合は自助努力。大抵はパソコンに強い友人に来てもらっていました。メーカーのパソコンだと、こういうサポートを受けられるのがいいですね。

電話の指示通り、システムデバイスを見ると、ハードウェア的には問題なさそうで、やはりソフトの問題のようです。

一旦、ドライブを削除して、再起動したのですが、やはりダメで、システムの復旧を行いました。しかし、ドライブが干渉したのはごく初期にいれたソフトかドライバーに問題があったようで、これもダメ。

2度目に電話すると、別の担当者が対応してくれましたが、カルテのようなものがあるらしく、的確にリセット方法を説明してくれました。

大したソフトやデータもなかったので、思いきって、リセットをかけ、無事復旧。はっきりとした原因までは分かりませんが、どうも、ビスタ未対応のソフト、ドライバーに問題があったようです。

電化製品は、単に商品を買うだけでなく、サービスを含めて買うということだと思います。
そういう意味でも、シャープはマル○でした。

シャープは先日の新聞報道で、品質経営度ランクでも、第1位に選ばれていましたが、今回の対応だけ見ると、納得です。

第3回「企業の品質経営度」調査(10/5付日経新聞で詳報)
http://www.juse.or.jp/topics/jqr2007_report.html

インターネットAQUOSの購入はこちらから。


ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

●「24」のせいで時間がない

夜中にうっかり、「24」シーズン5を見てしまい、ハマっています。


DVD 24 −TWENTY FOUR− シーズンV ハンディBOX (11/22 発売予定)
定価: 10,290円 (税込)
特別価格: 7,922円 (税込) 送料別

もともとシーズン1のDVDが出た時に、知り合いから「これ、面白いよ」とDVDボックスをもらい、シーズン2まで見ていたのですが、シーズン3からはまったく見ていませんでした。

というのも、あまりに面白く、こればっかり見てしまって、仕事にならないから(汗)。


[DVDソフト] 24 -TWENTY FOUR- シーズン1 ハンディBOX
当店通常価格 10,290円 (税込) のところ
価格 8,026円 (税込) 送料別

ここのところ、ブログの更新が遅れがちなのも、この「24」のせい。第5話辺りから見始めてしまったのですが、あの人が暗殺? あの男も重傷、その連れ合いは死亡?と、冒頭から、おなじみの登場人物が次々と消えていたことにびっくりしながらも、必死にストーリーを追っています。

リアルタイムで見られるときは、朝方まで夜更かし。仕事で見られない時はインターネットAQUOSに録画しています。僕はあまりテレビを見ない方ですが、AQUOSの恩恵に預かり、つくづく買ってよかったと思う日々です。


SHARP インターネットAQUOS LD-20SP3+PC-AX50M【20V型デジタル液晶TV+PC】
価格 124,000円 (税込) 送料別

シーズンVでは毒ガスを使ったテロ。そこにロシアの組織と米露の対テロに関する国際条約をめぐる陰謀が絡んでいく。

「24」シリーズは決断の物語。主人公ジャック・バウアーに限らず、登場人物全員が何らかの選択を迫られる。これが生死を分ける究極の選択というやつで、一人の選択がストーリー全体を動かしていく。だから、おちおちよそ見もできず、他の事に手をつけられない。

シリーズ5は「シリーズ最高傑作」との呼び声高い、と番組欄にはありますが、これは宣伝文句というわけではなく、本当にそうかもしれない。

僕が見逃していた「3」「4」もとんでもないドラマがあり、5の前でジャックは姿を消していたらしい。この空白の時間を埋めるべく、ヤマダ電機に、「3」のDVDセットを買いに走ってしまいました。いやぁ、罪なドラマです。


[DVDソフト] 24 -TWENTY FOUR- シーズン3 ハンディBOX
当店通常価格 10,290円 (税込) のところ
価格 8,026円 (税込) 送料別

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/9 物置とガーデンテーブルのメンテナンス



秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示

[DVDソフト] 24 -TWENTY FOUR- シーズン2 ハンディBOX
当店通常価格 10,290円 (税込) のところ
価格 8,026円 (税込) 送料別



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

●オフラインで会うということ

ブログ仲間で「検見川送信所を知る会」にも名を連ねていただいた、まさやんさんと初めてお会いしました。

「知る会」としては、27日にイベントを企画していますが、まさやんさんは、当日はバタバタだろうし、ご自身の目で送信所を見ておきたいと申し出てくださり、千葉まで愛車VOXYでいらしてくれたのです。僕が半ば強制した節もあるかもしれませんが(汗)。

スウィートポテトと川越の地ビールをお土産にいただきました。どちらも美味でした。ありがとうございました。


【厳選ギフト】【地ビール】COEDO 瑠璃4本・伽羅8本入セットjbg-002

千葉訪問記については、まさやんさんが既に書いてくださいましたので、そちらに譲ります。雨男でいらっしゃる、まさやんさんが雨雲まで同伴されたので(笑)、あいにくの空模様でしたが、朝から送信所ほかをドライブしました。

まさやんさんの印象はブログ通り。社会的な地位も、金銭的にも、精神的にも豊かさを持った方とお見受けしました。きっと会社では親身に部下に接する「頼もしいボス」なんでしょう。誉めすぎ?なあんて、すごく厳しかったりして(笑)。

会話で時折出る関西弁が場を和ませます。家では配偶者(風邪気味で失礼しました)も交えて、短い時間ながらもお喋りしました。

電話、インターネットはコミュニケーション、情報収集に便利なツールですが、がありますが、「会う」「現場に行く」に勝るものはありませんね。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/8 端材用の物置作り(6)〜改めてインウッドのすごさを実感



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

自治会の方にごあいさつ

3連休の中日となった日曜日、全国各地では運動会が行われていたのではないでしょうか?

検見川送信所のある検見川町でも、検見川小学校にて「第43回検見川町町民運動会」が行われました。まったくの部外者ですが、飛び込みでお邪魔しました。

僕らは検見川送信所の存在意義を知ってもらおうというイベント「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」を企画したわけですが、メンバーはすべて町外の人間。

検見川送信所は町内に限らず、広くいえば、日本の遺産だと思いますが、最も大事なのは地域の方の声、意見だと認識しています。

ただ、町内の方とのコネクションがなく、千葉市が地元自治会の要望書をなかなか開示してくれなかったという事情もあり、町内へのご挨拶が遅れてしまいました。

電柱の張り紙から町内運動会の存在を知り、ここなら各自治会長さんが集まっているだろうとと思ったのですが、ビンゴでした。

自治会は各丁目ごとに分かれていて、連合町内会という大きな組織になっているそうです。

短い時間でしたが、その連合町内会会長さんにお会いでき、こちらの意図を説明し、手製のチラシと朝日マイタウンをお渡しできました。



少しは耳に入っていたのか、連合会長さんからは「少なくとも、回覧板で回したいと思います」とのご返事をいただきました。

連合会長さん自身は送信所が担った役割について詳しくはないそうですが、幾人かの方が知っている、とおっしゃっていました。

「勝手なことされたら、困る」なんて、叱られたら、どうしょうとも思っていたのですが、まずはホッ。

回覧板で配ってくださるという申し出は予想していなかったので、とてもありがたかったです。一応の理解を得られたと僕は感じました。

送信所がいい形で注目を集めれば、検見川の町おこし、町の活性化にも繋がると思います。

検見川無線まんじゅう、とか、検見川無線ストラップとか、送信所弁当なんて、出来たら、面白いでしょうね。

個人的な希望を言えば、模型会社に近代化遺産シリーズを作っていただき、検見川送信所を再現していただきたい。

模型のアイデアは既にメンバーの中からも出ています。地元の子供たちと立体模型を完成させよう、というイベントも面白いと思います。第2弾はこれかな? まだイベント自体無事、終了もしていないので、気が早い話ですが(汗)

人間が想像できる物は全て実現できる。

これは失念しましたが、有名な方の言葉です。そして、僕もそう思います。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/7 レッドシダーで自転車置き場作り(15)〜実はケチっています



| | コメント (14) | トラックバック (0)

●朝日マイタウン一面に掲載

「検見川送信所を知る会」が主催するイベント「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」が7日配布の地域フリーペーパー「朝日マイタウン」の一面にて紹介されました。ボリュームナンバーは88。末広がりで縁起のいい番号です(笑)。



これは朝日新聞に折り込まれるもので、花見川区、美浜区の朝日新聞宅配講読者に届けられるようです。

記者の方は、会の意図をよく理解していただき、告知だけに留まらず、会の成り立ちから意図まで書いてくださいました。

また、検見川稲毛土地区画整理事務所の説明会も取材されています。

内容をお読みになりたい方はこちらのメールフォームで住所、お名前をご連絡ください。発送させていただきます。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/7 レッドシダーで自転車置き場作り(15)〜実はケチっています



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

旧日本軍の不発弾が千葉市に

旧日本軍のものと見られる不発弾が千葉市内で見つかったそうです。

千葉は戦時中、軍都でした。

不発弾の発見は日本全国である話ですが、戦後は60年を経て、見つかるというのは驚きです。

しかし、もっと衝撃的なのは、千葉市がこの事実を把握しながらも、公表しなかったということ。このニュースを辿っていくと、新聞報道がきっかけになっています。見つかったのは今年5〜6月にかけてだそうです。千葉市は風評被害を懸念したといった趣旨で説明していますが、既に回収しており、処理も終わっているならば、市が積極的に広報すべきではないでしょうか。

僕は市の隠ぺい体質にこそ、不安を感じます。

この問題は、民主党の今村敏昭市議が9月26日、定例議会で一般質問で市を追及し、その翌日、環境局が住民に対して説明会を行うことを決めました。

熊谷としひと市議のブログ 「熊谷としひとの日記」より

●日時:2007年10月8日(月)14:00〜15:30
●場所:千葉市長沼原勤労市民プラザ 2F 多目的ホール

●内容:
  1)毒ガス弾の可能性のある砲弾の発見について
  2)発見場所における当面の安全確保対策について
  3)発見場所における今後の対応について
  4)その他

ところが、千葉市環境局のページを見ても、不発弾に関する説明会の情報はありません。大事な説明会なのに、おかしな話です。

また、こんな話もあります。千葉市では学校、保育園の耐震強度が問題になったことがありました。学校は大地震の際の緊急避難先になっていますが、実はその学校そのものの強度に問題があるというのです。

これは市民ネットの長谷川市議が6月の議会で市に公開を迫ったのですが、市は拒みました。しかし、市は態度を一転し、全てを公開したのです。

長谷川ひろ美市議のブログ「学校や保育所の耐震」

隠すのもおかしな話ですが、隠していたものをあっさり公開するのも、これまた、おかしな話です。つまり、方針もへったくれもない、というのが市の実態です。

さて、先日、検見川送信所保存への要望書の開示の件。4日夕方、生涯学習振興課に電話を入れました。すると、「開示の方向で進んでいますが、しばらくお待ちください」と、担当者。
「いつくらいになるのですか?」と聞くと、週明けだそうです。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/5 レッドシダーで自転車置き場作り(15)〜実はケチっています



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

●歩道橋が撤去されました

以前、記事で取り上げた小学校前の歩道橋が撤去されました。

2007/09/07 市議、動く〜小学校前の歩道橋撤去

BEFORE


AFTER


作業は4日未明、道路を全面封鎖して行われました。







小学校は今日(5日)から秋休み。その間に作業を進めようという考えだと思います。現在は横断歩道の白いラインが引かれ、道路の両脇には交通整理の人員が配備されています。

僕も渡ってみましたが、問題はありません。今は工事中の看板も出ており、車も用心して走っているような印象でした。

信号機が取り付けられるまで、監視員が交通整理に当たるようです。

もちろん、信号機設置には賛成です。しかし、子供たちの安全を考えると、歩道橋を撤去したことには疑問を感じています。

今回の工事は、地元自治会からの要望を受けてのこと。確かに要望書には「歩道橋を撤去し、信号機を設置してほしい」と趣旨の一文がありました。

しかし、わざわざ「歩道橋を撤去し」を加えたことに不自然さを感じるのです。信号機設置が目的で、児童の安全を考慮するならば、わざわざ歩道橋はいらないなどと書くわけがありません。

自治会の方々も、児童の安全面を考えないわけがありませんから。

どうして、こうなったかと推測すると、誰かが自治会に「ささやいた」のではないでしょうか?

「歩道橋を撤去しないと、信号機をつけられない」とか言ったのでしょう。

学校で行われた説明会でも、市職員は同様のことを話していましたが、実はそういった規定はありません。ただ、歩道橋と横断歩道が併設されている場所はないのも事実だそうです。前例がないと話が進まないのは、役所では話は進みません。ですから、信号機か歩道橋かの選択を迫られたのでしょう。

ちなみに、自治会から出される要望書ですが、市議が意見を通りやすくするために下書きをするお手伝いをくれることはあるようです。

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 56,000円 (税込 58,800 円) 送料別


ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/4 「男の隠れ家」構想



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

市議の政務調査費1円から公開に

9月の定例千葉市議会は10月2日に幕を閉じました。

千葉市政、市議会の制度そのものに大きな問題があると僕は思っていますが、本議会で大きな成果が出ました。

それは

1)市議の政務調査費のすべての公開
2)議員の費用弁償の廃止

です。

これら2つの条例改正は市議から発議され、全会一致で決まったというのです。

市議の月給は給料のほかに、政務調査費が支給され、これが政治家としての活動資金、勉強のためのお金になっています。これらを1円から領収書つきで明らかにしようというもの。

費用弁償というのはサラリーマンにおける日当のようなものです。議会、委員会に出席するだけで一律8000円が支給されます。議会に出席するのは市議の仕事ですから、これに日当をつけるという発想が間違っています。これは来年度から廃止されることになります。

これにつきましては、民主党の今村敏昭市議、熊谷としひこ市議、新政ちばの山本直史市議が自身のブログで報告しています。

今村市議のブログ
2007/10/03 08:16 政務調査費と費用弁償と会議の公開

熊谷としひこの日記
2007年10月02日 決算が承認され議会が終了

山本市議のブログ
2007年10月02日 政務調査費が1円から領収書添付に

市議会のHPのわかりにくさ、速報性のなさを考えると、こうして市議たちが自身の方法で情報を発信していくことこそ、市議の日々の活動で大事なことではないでしょうか?

もちろん、それぞれの市議は会報などを発行されていますが、配られるのは主に支援者が中心だと思います。市民全体に知らせるには、インターネットという手段は非常に有効的。費用対効果の面でもリーズナブルです。

ほかの市議のみなさまも、ネットを大いに活用して、僕ら市民に知らせてほしいと強く要望しておきます(市議会用語的に)。

一方、3日付のニュースですが、以下のようなものが報じられました。

自民千葉が自作領収書添付 06年1億円、受領印もなく
http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007100301000356.html
2007/10/03 14:17 【共同通信】

2006年の政治資金収支報告書に添付した政治活動費計約9900万円分の領収書約140枚すべてが、原本のコピーではなく、県連独自の統一書式で作り直したものだった、という話です。

自民党では、「長年の慣習で違法ではない」と主張しています。千葉県の選挙管理委員会も「写しはコピーに限定されず、転記した領収書でも問題はない」と解釈、指導していないそうです。

しかし、僕らが税務署に申告した時に、自作の領収書で認められるでしょうか?世間の常識との大きなズレを感じます。

自民党は「長年の慣習」と言っていますが、この「長年の慣習」というなら、さらに大問題ではないでしょうか?

しかも、これは自民党千葉県連だけの問題ではないというのです。

自民6県連も独自領収書 「長年の慣例」と説明 http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007100301000866.html target="_blank"
2007/10/03 21:30 【共同通信】

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/4 「男の隠れ家」構想



| | コメント (4) | トラックバック (0)

デスクトップPCを無線LANで

インターネットAQUOSを買ったので、今まで使っていたデスクトップPCを一階に持ってきました。


【送料無料・代引手数料300円】シャープ インターネットAQUOS/TVチューナー内蔵 [PC-AX60S]【在...
価格 128,261円 (税込 134,674 円) 送料込



スチール製のパソコンデスクは以前、使っていたもの。CPUは1.83GHzで、メモリは496MB(表示上)

問題は、これをどうやってインターネットとつなぐか?

僕の家では光ケーブルを二階の書斎に引っ張ってきています。ここから無線LANで飛ばしており、仕事で持ち運んでいるノートPCでもネットが見られるというわけです。

しかし、デスクトップPCには無線LANを受信するものがないので、買ってこなければいけません。ネットであたりをつけて、パソコンショップで買ってきました。


バッファロー/型番:WLI-U2-KG54L/4981254660751 WLI-U2-KG54L
価格 1,876円 (税込) 送料別

ついでにメモリも増設。しかしながら、ついでの方が高い。

自分のマザーボードが分からなかったので、店の人に購入履歴から調べてもらいました。

なんと購入したのは2001年。6年前のマシンに10年選手のモニターですから、よく頑張った方でしょう。

1ギガのメモリが約5000円。この数年で安くなったものです。256MBのメモリを1つ外して差し替えました。もはや、256MBなんて使う人もいないでしょうけど、欲しい人に差し上げます。

メモリが1.25Gとなり、体感スピードはかなりアップ。ひょっとしたら、インターネットAQUOSより早いくらいかも。なかなか快適。今後は配偶者や娘が使うでしょう。

このPC、型は古いのですが、5.1chのサウンドボードを入れていて、悪くはなかったです。ただし、スピーカーシステムはAQUOSに繋げてしまっているので、音は出ません。

「ちゃお」のHPを見ていた娘は「パパ、これ音出ないんだけど」。なんか音声でクイズを出すコーナーがあるとか。
「うん、出ないよ」
「じゃ、意味ないじゃん」

PC用のスピーカーは1000円くらいからありますが、こちらにも5.1chのサウンドシステムなんかを入れると、かなりの迫力で楽しめるはず。

そこまでやるなら、AQUOSを買う意味あったのか?という声もあるかもしれません(汗)。

AQUOSはこちらから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

●検見川送信所保存を訴える要望書を手に入れるには?

昨日は休みでしたが、更新する時間がありませんでした。こんなブログでも、更新しないとなんだかすっきりしませんね。

先月25日以来、折り返しの電話がない市役所に電話しました。

過去記事 2007/9/29 千葉市役所の”情報要塞”と北海道遺産・函館要塞

その時は3か所回された揚げ句、この対応。先方は担当者ではなかったので、「担当者から折り返させます」と言っていたのです。

「電話をかける」と言いながら何もしないのは、まず人としてどうかと思います。

この日は、先日電話口に出た職員あて2度にかけたのですが、離席中。ようやく生涯学習振興課の女性からかかってきました。

用件は既に伝えたつもりですが、話は通っていないようで、改めて説明する羽目になりました。市民からの問い合わせなんて、何とも思っていないのでしょう。
再度書きますと、僕の問い合わせは昨年7月と本年3月に検見川送信所を残して欲しいという地元自治会からの要望書を手に入れたいということです。発信元が分かれば、リンクした活動が可能となるかもしれません。

職員「要望書を出したところからもらえないのですか?」
僕「出したところが分からないから、そちらに聞いているのです」

要望書の入手は別ルートでも依頼しています。それでも真っ正面から聞いているのは、役所の情報公開がどの程度のものかを白日のもとにさらそうという考えです。

職員はこんな風にも聞いてきます。

「失礼ですが、どちらの方ですか?」

念のため書きますと、僕は本名と携帯電話の番号を伝えています。これ以上の情報が必要なのですかね?

カチンと来ましたね。「どこの誰かによって、対応が変わるのでしょうか?」

語気を強めていうと、あちらも慌てて、「対応は変わりません」

(いや、変わるでしょう?僕が実は福田康夫だったら、こんな対応しないと思いますけどね)

僕「ならば、必要ないですよね?」
職員「はい」
僕「見せられないというなら、情報開示の手続きもしますから、速やかに判断してください」

要望書は個人名ではなく、自治会名で出されているはずです。個人情報ならば、開示の制限もあるでしょうが、これはOKなはずです。何をグズグスしているのでしょうか?

生涯学習振興課と言ったって、まさか生涯かけて調べるわけでもあるまいし。

結局、「私では判断つきかねますので、上司と相談の上、連絡させていただきます」ということでした。

これが仕事だったら、ブチ切れていますね。「だったら、電話口に上司を出せ」と、ね。

4日午後5時現在、やっぱり折り返しの電話はありません。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/2 レッドシダーで自転車置き場作り(14)〜サイドにレッドシダー








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

街灯は欲しいですか?〜防犯街灯管理組合設立記

僕の地域では街灯がなく、設置に向けて動き出しています。



2007/09/11
街灯をつけるために組合を立ち上げる

役所で聞いてきたレポートを地域9世帯に配布。改めて街灯設置の是非を伺いました。



アンケートは、

□賛成です □反対です

をチェックする欄を作り、後は自由欄。記名欄は作りませんでした。

集計結果は興味深いものとなりました。

早く回答してくれた方は、自由欄にも「お手伝いできることがあったら、言ってください」などという書き込みがあり、記名付き。

遅い方はチェックのみで、無記名。

最後にくれた方のみ、本当にお忙しかったようで、コメント付で記名でした。

最終期限の2日までに全ての回答が集まったので、問題なかったのですが、全部が集まらなかった場合は再度、無記名だったお宅を訪ねて回らなければいけませんでした。今後は記名式のアンケートにしなければ、と反省しました。

アンケートの結果、全世帯、賛成。一応、話はまとまりました。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/2 レッドシダーで自転車置き場作り(14)〜サイドにレッドシダー



| | コメント (8) | トラックバック (0)

●巨人5年ぶり優勝〜地上波中継のない夜に

巨人、サヨナラ勝ちで5年ぶりセ・リーグ優勝。



それは一瞬何が起こったのか分からないほど、奇襲に次ぐ奇襲の末に起こったミラクルだった。

場面は9回裏、3‐4。巨人は1点のビハインド。ツーアウト満塁、清水が打った球は内野へ。誰もが万事休すかと思った瞬間、ヤクルトの守備の名手、宮本が一塁へまさかの悪送球。この間にサヨナラの走者がホームイン。こんな幕切れを誰が予想できただろう?

9回裏は「まさか」の連続だった。

ノーアウト、一塁。いきなり同点のランナーが出たところで、打者は4回に特大本塁打を放った李。巨人ファンなら誰でもサヨナラ本塁打を期待した。

しかし、一塁走者鈴木が初歩的ミスと言えるまさかの牽制アウト。その後、李がフォアボールで出塁すると、今度は二岡が、これまたまさかの送りバント。次の打者、阿部は敬遠。その後、代打で大活躍の矢野。打球は詰まったが、気迫のヘッドスライディングで満塁とチャンスを迎えたのだった。

執念の違いが如実に出た。巨人は打者4人が本塁打30本越えという重量打線。しかし、一発攻勢ではなく、こうした点の取り方ができるようになったことが今年の巨人の強さだと思う。

つまりは全員野球だ。フォア・ザ・フラッグの精神で、一丸となって勝利を呼び込む。

新規加入もうまくいった。巨人には長年、他球団から優秀な選手が入っているが、ほとんどの外様選手は能力以上の力を発揮できなかった。しかし、今年は小笠原、谷が活躍。李も苦しみながらも、後半はここ一番の本塁打で四番らしさを見せた。若手では矢野、加藤が代打で奮起。レギュラーから外れた清水もベテランらしい味を見せ、ヒーローは日替わりだった。


【GIANTS】人気NO.1ぬいぐるみ東京ドームで活躍選手が貰うジャビット君です!【G】ヴィクトリー...

調子がいいチームはこういうものだ。お互いがお互いを能力以上のものに引き上げる。

原監督は足の遅い強打者、高橋を1番に、先発エース上原をストッバーに起用したり、戦略面でも常識から外れたことを何度もやった。結果、外したことも多く、1点差ゲームも何度も逃した。

しかし、奇抜は奇抜なりに最後までその采配を貫いた。それが次第に選手に浸透し、この9回裏に見事に集約された、といえる。

それにしても、こんな大事な試合を放送しないなんて信じられない。今年のペナントレースは間違いなく面白かった。中日、阪神との三つ巴。それは近年にないスリリングな展開だった。

だが、視聴率はイマイチだということで、テレビ局は地上波から手放した。淘汰されるのは仕方ないという声もある。だが、それだけの論理でいいのか?テレビはプロ野球に育てられ、ここまで来たのではないか?

逆にテレビはプロ野球文化を育ててきただろうか?

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/10/2 レッドシダーで自転車置き場作り(14)〜サイドにレッドシダー





| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

●議員が議会で寝るわけ

こちらの記事のコメント欄で、まさやんさんが議会にはシナリオがあるように見えるとお書きになりました。

答えから言うと、与党に回っている場合、シナリオは必ずあります。これは特定の議員を責めるために書くのではなく、一般論の話です。

市議会中継はあまり目にする人はいないでしょうが、国会中継は見たことがない人は少なくないでしょう。議員が質問し、行政側が淀みなく答える。確かに、職員はその道のプロではありますが、なぜ詳細な数字まですらすら口から出るのでしょうか?

それは事前に議員側と職員側がペーパーを交換しているからです。両者はお互いに質問と答えを手にしながら議会に臨みます。

この事前折衝を何度か繰り返すことで、大抵のことは決まっていきます。議員側は「ここまで決めろ」といい、行政側は「議会で言うのはこのレベルまで。それから先は公言できないが、議員が主張する方向で話を進めることを約束するから」となど答え、話をまとめていく。

この事前折衝の結果、与党と行政側のやりとりはシナリオ通りとなるわけです。議員、職員がロバート・デ・ニーロばりの名優ならば、見物となるでしょうが、両者とも芝居においては素人です。読むのに精いっぱい。「せりふ」に抑揚があるわけではありません。議会中継はエンターテイメントとはなりえないわけです。

野党が登場した時は議会が議会らしく熱を帯びます。野党であっても、事前にペーパーを交換することもあるようですが、もともと事前に質問を見せる義務はありませんから、大抵はガチンコ勝負となります。ヤジは飛び、行政側はしどろもどろになる。ニュースで取り上げられるのは、こうした瞬間です。

議会は限られた時間であり、議案は山積み。ですから、事前折衝を行い、議会運営を円滑にすることは間違っているとは言いません。ただし、度が過ぎると、全ての議案が密室で行われ、議会は単なる発表の場、アリバイ作りの場となりかねません。

だから、議員は議会で寝るのです。

事の次第は全て門外不出のペーパーに書いてあるわけで、起きている必要はありません。

千葉市中央区選出の1回生市議、今村敏昭氏(民主党)のブログリポートは大変興味深いです。引用させていただきます。

2007/09/15 記事「食えるだけまし」と呻き声

いま、世の中は安倍首相の突然の辞任と自由民主党の後継総裁選びで大変な騒ぎになっています。14日の千葉市議会の定例議会でも驚きの場面が2幕ありました。公明党、市民ネット、日本共産党の代表質疑でしたが、市長の答弁の最中に居眠り議員が夢の中で苦しい場面にうなされたのか、突然の大きな呻き声。響き渡る呻き声に、議場全体が愕然。

その2、生活保護受給者の苦しい生活を訴える「一匹のさかなを朝昼晩3回に分けて食べている人もいる」という発言に対し、「食えるだけまし」という議員の発言としては信じられない内容の不規則発言。ベテラン議員の醜態2幕、悲しい、恥ずかしい、千葉市議会の現実を目の当たりにしました。


----引用ここまで

| | コメント (12) | トラックバック (0)

デスクトップパソコンはAQUOS

家電量販店は決算期だそうです。というわけで、30日、ヤマダ電機に行ってきました。

我が家にはリビング以外、エアコンがないので、2階の配偶者、娘の部屋の分をボーナス払いで買おうという話になったのです。

で、配偶者はエアコン選びに夢中になっていたのですが、僕の方はパソコンを物色。というのも、目下使っているのは5年前に買った自作パソコンで、モニターは10年選手のトリニトロン(表記はDELL)の17インチを使っています。CPUは1.83GHzで、メモリは496MB。

画像ソフトなどを同時に動かすと、「メモリの領域が足りません」とのエラーが多発します。また、ソニーのメモリーウォークマンの音楽ソフトとの相性も悪くて、曲がまったく入れられなくなるという事態に陥っていました。

メモリを買い足せば、少しはサクサク動くかもしれませんが、ウォークマンとの相性の悪さはどうにもなりません。僕のウォークマンはほとんど使っていないといった有様でした。

そんな中、AQUOSのシリーズの前でピタリと足が止まりました。通常価格25万円くらい(正確には忘れました)が13万9000円の決算価格。さらにポイント1万分進呈とありました。ってことは実質13万円ほどで買える? 

ほかのシリーズはそれほど割引率がよくありませんでしたが、こちらはずば抜けて安い。

同じくAQUOSの20インチは配偶者が部屋で使っています。それと同じ液晶テレビにパソコンがつくのです。


【正規ルート商品】シャープ液晶テレビ アクオス20V型LC-20EX3【送料無料】【代引無料】【振込...
てれび館特価 72,143円 (税込75,750円) 送料込

最近のパソコンは地デジ対応になっていますが、パソコンを起動しないとテレビは見られないそうで、テレビはテレビとして独立しているのはAQUOSだけだとか。AQUOSのよさは既に体感済みなので、触手が動いてしまいました。

エアコン売り場の配偶者を呼んできて

「ねえねえ、これ安くない?」
「そうだね」

配偶者もまんざらでもなさそうです。既に自分の部屋にはテレビがあったから、多少の負い目もあったのかもしれません。

店員さんを呼んで、さらに値段交渉。エアコン2台も買うので、もう少しなんとかならないのかと。

すると、下げきった値段を提示され、さらに1%分のポイントを上乗せする、といいます。

また、プロバイダを変えてくれれば、2万円分引くことができる、との提案されました。

僕のにぶいコンピューター(脳ともいう)がかなり大雑把な値段をはじき出します。

ちょっと待てよ、そうなると、10万円台で買えてしまうわけ?

というわけで、買っちゃいました。楽天の最安値はプロバイダの乗り換え分を除いた価格と同じくらいのようです。


【送料無料・代引手数料300円】シャープ インターネットAQUOS/TVチューナー内蔵 [PC-AX60S]【在...
価格 128,261円 (税込 134,674 円) 送料込

AQUOSの地デジ対応テレビはPC端子がついているので、PCをつければ、テレビ、パソコンとして機能するなど拡張性と独立性を兼ね備えているんですね。

配偶者の部屋のAQUOSもパソコンを買えば、つなげられるみたい。パネルの裏側はまったく同じでした。

書斎のテーブルが一気に広くなり、さらに画面も17から20インチへ。

これまで、パソコンに後付けしたアナログチューナーでテレビを見ていましたが、これからは地デジ、DVDもきれいに見られるので、映像を見る機会が増えそう。

キーボードもワイヤレスなので、後ろのソファーから操作なんてこともできます。リモコンもテレビ用、パソコン用の2台あるので重宝します。この商品は自信を持ってお勧めできますね。

AQUOSはこちらから。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーには創刊準備号があります。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>









去年の日記は?


2006/9/30 端材用の物置作り(2)〜サイドを下見張り



| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »