« 検見川送信所J1AA通信vol.7発行 & テレビ局の取材 | トップページ | 検見川送信所初代所長・故菊谷秀雄さんのこと&メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.9」発行 »

2007年10月23日 (火)

十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8

今日は十三夜。おなじみのお月見ですが、中秋の名月(十五夜)はもともとは中国で
行われていた行事だそうで、この十三夜の月見は日本独特の風習だとか。

この十三夜と十五夜はセットで、片方だけ見ることは「片月見」といって嫌われてい
ます。

十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は
晴れることが多く、「十三夜に曇りなし」という言葉もあります。 そういえば、今
日もくっきり見えていますが、十五夜となる26日夜は曇り、もしくは雨。これは月
の引力が関係あるのでしょうかね?

気象庁の週間予報によれば、27日は現在、曇り一時雨の予報。降水確率60%。う〜む、なんとかならないかなぁ。



検見川送信所J1AA通信vol.8を発行しました。

購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

バックナンバーの直リンクはこちら。
vol.1(2007/10/13)
vol.2(2007/10/16)
vol.3(2007/10/17)
vol.4(2007/10/20)
vol.5(2007/10/22)
vol.6(2007/10/22)
vol.7(2007/10/23)


テレビ局からイベント当日の取材申し込みが来ています。朝日マイタウン情報、朝日新聞同様、多くのみなさまに知っていただく機会となりますので、お受けする方向で進めています。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/23 娘のバースデイパーティー〜自作窯でピザ焼き




|

« 検見川送信所J1AA通信vol.7発行 & テレビ局の取材 | トップページ | 検見川送信所初代所長・故菊谷秀雄さんのこと&メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.9」発行 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8(10/23)
SECRET: 0
PASS:

「千葉県検見川町鳥瞰図」で、電柱を載せた

トラックが到着した交差点は、どの辺りだったのでしょう? 旧道から送信所までの登り坂は? 電柱神輿がすり抜けて行った狭い路地は? 気になるなぁ。 

梅の湯までは、どこを通って行ったか? どの辺の民家に宿泊したのか? 

後日ウォーキングツアーが出来るかも?  

投稿: ソフィア | 2007年10月24日 (水) 00時10分

TITLE: Re[1]:十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8(10/23)
SECRET: 0
PASS:

ソフィアさん

>「千葉県検見川町鳥瞰図」で、電柱を載せた

>トラックが到着した交差点は、どの辺りだったので>しょう? 旧道から送信所までの登り坂は? 



多分、2か所に絞られると思うのですが、正確にはわかりません。



>電柱神輿がすり抜けて行った狭い路地は? 気にな>るなぁ。



今も、送信所から海に向かったところの路地は車が入れないほど狭いですよね。その辺かなぁ。



>梅の湯までは、どこを通って行ったか? 



梅の湯は送信所からは少し遠いですよね。ほかにも銭湯はいっぱいあったから、本当は違うところをつかったかもしれませんね。

でも、古くからあって、今も残っているお風呂屋さんは梅の湯さんだったので、あえて、そこに設定してしまいました。



梅の湯さんとご実家は本当に近いですね。送信所の人たちも絶対、お世話になったことでしょう。



>後日ウォーキングツアーが出来るかも?  



それは面白いですね。

投稿: 久住浩 | 2007年10月24日 (水) 00時30分

TITLE: Re:十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8(10/23)
SECRET: 0
PASS:

今朝、TVで週間予報を見ていると、

26日は関東全域が雨模様、という予報に愕然…(・0・)



やっぱりこれは僕のせいですね(^_^;)

心苦しい限りです……。

投稿: まさやん0386 | 2007年10月24日 (水) 08時02分

TITLE: Re[1]:十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8(10/23)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>今朝、TVで週間予報を見ていると、

>26日は関東全域が雨模様、という予報に愕然…(・0・)



27日はなんとか持ってほしいですね。



>やっぱりこれは僕のせいですね(^_^;)



雨男パワーを発揮してしまいましたかね(笑)



>心苦しい限りです……。



天気をも動かす男ですね。天気をコーチングしてください。m( )m

投稿: 久住浩 | 2007年10月25日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736871

この記事へのトラックバック一覧です: 十三夜と検見川送信所J1AA通信vol.8:

« 検見川送信所J1AA通信vol.7発行 & テレビ局の取材 | トップページ | 検見川送信所初代所長・故菊谷秀雄さんのこと&メルマガ「検見川送信所J1AA通信vol.9」発行 »