« 「24」シーズン5 ハンディBOX | トップページ | 検見川送信所J1AA通信vol.6&寄付のご報告 »

2007年10月21日 (日)

大隈講堂と検見川送信所

20日付の新聞で「大隈講堂が重要文化財へ」という見出しが踊った。

朝日新聞 大隈講堂など10件、重要文化財へ 文化審議会が答申
2007年10月19日22時29分

文化審議会が大隈記念講堂など10件を重要文化財(建造物)に指定するように文部科学相に答申した、というもの。

大隈講堂(佐藤功一設計)はご存知の通り、早大のシンボル。1927年に完成。ロマネスク様式にゴシック様式を折衷した近代建物として価値が高いと判断された。

この大隈講堂に重要文化財の価値があるということにはまったく、異論はない。

一方、検見川送信所(吉田鉄郎設計)は大隈講堂完成1年前の1926年完成。様式はドイツ表現派風。

かたや、重要文化財、かたや廃墟。こういっては誤解されるかもしれないが、この対比が面白い。

これには現在も活用されている建物と役目を終えた建物の違いということもあるが、検見川送信所がその価値を認められにくいのは一切無駄な装飾を廃したシンプル・イズ・ベストともいうべきデザインにある、と思う。

それゆえに、なんともいえない力強さがある。想像力をかき立てるとでもいうべきか。

僕は放送史的にも建築史的にも、十分残す価値があるものだと思っている。しかし、廃墟から重要文化財に指定されることがあったら、これは文化史的にもトピックスだろうなぁ。

大隈講堂は創立125周年記念事業の一環として、大規模改修が行われ、7日にオープニングセレモニーが行われたばかり。工期は1年半で、総工費は約30億円。外観はそのままで、内部は空調や遮音性、IT設備を充実させた多機能ホールになったという。

ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念
「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」


日時:10月27日(土)午後3時〜
集合場所:JR総武線・新検見川駅徒歩2分、はなのわ広場
参加費:無料
主催:「検見川送信所を知る会」

getacro.gif
pdfファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから。

PDFファイル版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.pdf

ドキュメントファイル(doc)版チラシ
http://moleskine.air-nifty.com/kemigawamusen.doc

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/10/21 さて、小屋作り











|

« 「24」シーズン5 ハンディBOX | トップページ | 検見川送信所J1AA通信vol.6&寄付のご報告 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

こんにちは。

>検見川送信所がその価値を認められにくいのは一切無駄な装飾を廃したシンプル・イズ・ベストともいうべきデザインにある、と思う。

うーん、これは好みの領域ですね。

このデザインを良いと感じる人もいれば感じない人もいる。

デザインというものは説明不要で目で感じるものだと思うんです。

以前拝見したゆふDXという列車は説明不要な惹かれるものを感じましたね。

投稿: アンビンバンコ | 2007年10月21日 (日) 13時51分

TITLE: 一見なに?と言うくらいシンプルすぎますからね
SECRET: 0
PASS:

でも内容からしたら決して引けを取らない重要な

歴史建造物ですよね



ごめんなさい色々アクシデントがあってなかなかゆっくりお邪魔できなくて・・・



今は小さな命を何とか救いたくて色々当たっています



当日曇りですか?雨にならないと良いですね



時間が微妙なのですが、少しでも伺えればと

思っています

投稿: きちはな | 2007年10月21日 (日) 16時00分

TITLE: Re:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

懐かしい〜!大隈講堂は、長く改修工事が行われていたのですね。

早稲田に行こうと、浪人時代によく脚を運んだものです。

実際は別の大学に行きましたが、思い出の建築物です。

久々に、行ってみようかな?刺激をもらえそうです。

投稿: おたぽんた | 2007年10月21日 (日) 18時25分

TITLE: Re:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

>外観はそのままで、内部は空調や遮音性、IT設備を充実させた多機能ホールになったという。



外観はそのままに、中身を現代に併せてリフォームする。ドイツなどでもこうした手法を良く見かけましたが、外観が建物の重要な価値であるということでもあるのでしょうね。



シンプル・イズ・ベストの送信所の建物も、古びてなければ現代建築かと思ってしまうデザインですね。

投稿: しぇるぽ911 | 2007年10月21日 (日) 19時32分

TITLE: Re[1]:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんにちは。



こんばんは。



>>検見川送信所がその価値を認められにくいのは一切無駄な装飾を廃したシンプル・イズ・ベストともいうべきデザインにある、と思う。

>うーん、これは好みの領域ですね。



アートはすべて主観ですからね。「いい」という人も「そうではない」という人もいる。そういうものではないでしょうか。



>このデザインを良いと感じる人もいれば感じない人もいる。

>デザインというものは説明不要で目で感じるものだ>と思うんです。

>以前拝見したゆふDXという列車は説明不要な惹かれるものを感じましたね。



つまり、アンビンバンコさんはあまり好きではないようで。



しぇるぽさんがご指摘されていますが、送信所はあまりに「現代建築」に近い「近代建築」なんでしょうね。僕は建築の専門家ではないので、実はよく分かりませんが。



同じく吉田鉄郎氏設計の東京中央郵便局。その目の前にある東京駅は赤のレンガ造りで、貴重な建物であることは理解しやすいのですが、かたや中央郵便局はモダンな造り。やっぱり、そのよさって分かりにくいんですよ。時代の先を行っているところに、悲劇があるのかもしれません。



説明不要のものは僕がしゃしゃり出ることもありませんが、価値が見出されていないものは応援したくなります。



まずは存在を知ってほしい。

そして、生の送信所を見てほしい。

それにまつわる話を聞いてほしい。



今回のイベントもそういう趣旨です。

投稿: 久住浩 | 2007年10月21日 (日) 22時53分

TITLE: Re:一見なに?と言うくらいシンプルすぎますからね(10/21)
SECRET: 0
PASS:

きちはなさん

>でも内容からしたら決して引けを取らない重要な

>歴史建造物ですよね



しかも、しいたげられいる感じが応援したくなってしまうでしょ?



>ごめんなさい色々アクシデントがあってなかなかゆっくりお邪魔できなくて・・・



ブログは拝見しております。



>今は小さな命を何とか救いたくて色々当たっていま>す



猫ちゃん、かわいいですよね。飼ってあげたいけど、今のライフスタイルだと世話できないので、残念です。



>当日曇りですか?雨にならないと良いですね



雨は困りますね。天気予報が気になります。



>時間が微妙なのですが、少しでも伺えればと

>思っています



講演がムリでしたら、現地の方にいらしてください。

投稿: 久住浩 | 2007年10月21日 (日) 23時16分

TITLE: Re[1]:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

おたぽんたさん

>懐かしい〜!大隈講堂は、長く改修工事が行われて>いたのですね。

>早稲田に行こうと、浪人時代によく脚を運んだもの>です。



浪人中のお話で書いていらっしゃいましたよね。拝読しています。



>実際は別の大学に行きましたが、思い出の建築物で>す。

>久々に、行ってみようかな?刺激をもらえそうで

>す。



母親は早大に行かせたかったようですが、僕は違う大学に通ったので、ご縁はありません。でも、中に入ってみたいと思いました。



ちなみに、東京マラソンには今年もご縁はなかったようです。

投稿: 久住浩 | 2007年10月21日 (日) 23時19分

TITLE: Re[1]:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん



>外観はそのままに、中身を現代に併せてリフォーム>する。ドイツなどでもこうした手法を良く見かけま>したが、外観が建物の重要な価値であるということ>でもあるのでしょうね。



大隈講堂は中の方も当時の雰囲気を壊さないようにしているようです。

ヨーロッパ的な街づくりは僕もいいなあと思います。



>シンプル・イズ・ベストの送信所の建物も、古びて>なければ現代建築かと思ってしまうデザインです

>ね。



アンビンバンコさんへのコメントで書きましたが、それこそが悲劇なんじゃないかと思っています。

投稿: 久住浩 | 2007年10月21日 (日) 23時22分

TITLE: Re[2]:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

久住浩さん、おはようございます。

>>以前拝見したゆふDXという列車は説明不要な惹かれるものを感じましたね。

>つまり、アンビンバンコさんはあまり好きではないようで。

>時代の先を行っているところに、悲劇があるのかもしれません。

正直あまり好みのデザインではないです。

時代の先を行っているってのはまさにそう思いますね。



>説明不要のものは僕がしゃしゃり出ることもありませんが、価値が見出されていないものは応援したくなります。

その意気込みは素晴らしいと思っています。

頑張ってください!

投稿: アンビンバンコ | 2007年10月22日 (月) 07時55分

TITLE: Re:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

ほとんど装飾らしい装飾のない検見川送信所。

写真で見る限り、何ら建築物としての価値はなさそうに思えるのは否めません。



しかし実際に送信所を見た者として言えば、

何というか、凜としたものを感じました。

言葉でなかなか表現しにくいのですが、

どっしりとした荘厳さを僕は感じました。



この廃墟がもし文化財として本当に認められたら、

それはそれは痛快なことだと思います。

投稿: まさやん0386 | 2007年10月22日 (月) 07時56分

TITLE: Re[1]:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>ほとんど装飾らしい装飾のない検見川送信所。

>写真で見る限り、何ら建築物としての価値はなさそうに思えるのは否めません。



侵入者防止のために打ち付けられた赤い鉄板も、それを助長していますよね。



>しかし実際に送信所を見た者として言えば、

>何というか、凜としたものを感じました。

>言葉でなかなか表現しにくいのですが、

>どっしりとした荘厳さを僕は感じました。



一種のオーラとでもいうべきでしょうか。

写真よりも実物の方がインパクトがありますね。



>この廃墟がもし文化財として本当に認められた

>ら、

>それはそれは痛快なことだと思います。



この言葉は気に入りました。世の中、あまり痛快なことがありませんからね。

投稿: 久住浩 | 2007年10月22日 (月) 21時05分

TITLE: Re:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

このトピックスの、皆さんの意見交換のご様子、

とてもステキです! 

好みではないと言う反対意見もステキ!

皆が同じ感覚で無く、違っていることがステキ!

それをこの場で、皆さんが、正直に表現している事がステキです!

投稿: ソフィア | 2007年10月23日 (火) 10時53分

TITLE: Re[1]:大隈講堂と検見川送信所(10/21)
SECRET: 0
PASS:

ソフィアさん

>このトピックスの、皆さんの意見交換のご様子、

>とてもステキです! 

>好みではないと言う反対意見もステキ!

>皆が同じ感覚で無く、違っていることがステキ!

>それをこの場で、皆さんが、正直に表現している事がステキです!



こういう意見交換が行われることこそ、僕が意図したいことです。



まずは知っていただく、そして、話し合う。



そういう意味では、アンビンバンコさんにもメルマガを読んでいただき、送信所でどういうことが行われたかを知っていただきたいなぁと思っています。



申し込むだけでリスクはありませんので、よかったら。

投稿: 久住浩 | 2007年10月23日 (火) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40736877

この記事へのトラックバック一覧です: 大隈講堂と検見川送信所:

« 「24」シーズン5 ハンディBOX | トップページ | 検見川送信所J1AA通信vol.6&寄付のご報告 »