« 防犯街灯管理組合結成 | トップページ | モノクロレーザプリンタ ブラザーHL-5240 »

2007年11月 1日 (木)

「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ

日テレに行ったら、「続・三丁目の夕日」のジオラマが展示されていたのでケータイでパチリ。





2Fのフリースペースなので、興味のある方はお出かけになってみたら、いかがでしょう。


【大特価!】ALWAYS 三丁目の夕日豪華版 (DVD)
定価 7,140円 (税込)のところ
ショックプライス 2,839円 (税込2,980円) 送料別
残りあと 15 個です

この映画の前作が大ヒットしたのは、ノスタルジーだけでは括れない何かがあるような気がしている。その魅力のひとつは風景。それは「懐かしい」という感情を超えて、人間が今、まさに求めていることではないだろうか? 

そうそう、Nゲージと同じスケールサイズの建物模型「街並みコレクション」シリーズというものがひそかに人気だとか。


トミーテック ジオコレ 街並みコレクションシリーズ 第7弾 駅前歓楽街 別ver.6種セット
価格 3,290円 (税込) 送料別

人々はもう”新しい”ということに、飽きているんじゃないか。そもそも、新しいというのは「まやかし」。すべての物は過去からの蓄積。小説、映像の世界でいえば、物語の基本的なフォーマット作りはシェイクスピアの時代に終わっている。

以降は焼きなおしたり、書き直したものだ。そんなことに気づいた「三丁目」の製作陣は最新のCGで過去を描き出すことに興味を覚えたのかもしれない。もう未来都市が出てくるCGはもいいい、とね。

近代建築探訪メーリングリストでの投稿記事を見ると、昭和30年代の東京に似た風景を求めて、映画スタッフ、キャストは全国各地をめぐっているようだ。

以下はある方の投稿からの引用。

・東京都国分寺市東恋ケ窪の「孫の湯」
・東京都千代田区の「九段会館」
・兵庫県西宮市の武庫川学院「甲子園会館」
・群馬県館林市の神社
・静岡県島田市で「東京冬の街角」風景
・岡山県真庭市の「旧遷喬尋常小学校」
・福岡県北九州市八幡東区で「東京浅草の繁華街」風景
・山口県宇部市の「渡辺翁記念会館」

まさに全国行脚。これだけ足を運ばないと、昭和30年代の風景は残っていないということだ。ロケ地にお住まいの方は、風景を誇るべきなんだと思う。

※   ※   ※

先日、検見川公民館の館長さんとお話した時のこと。館長さんはこんなことを言っていた。

「私は検見川の町並みを残すべきだと思っていた。でも、いつしか新しい建物がたって、古い建物の風景は失われてしまった。千葉市でも、これだけの町並みが残っているのは、ここしかなかったのに」

確かに、町並みが残っていれば、文化遺産というべきものになっただろう。

検見川の旧道付近には今はいくつかの数寄屋造りの民家が残っているだけだが、そんな旧道から海の方角を見ると、幕張メッセの高層ビル群が立ち並んでいる。

なんだか、不思議な光景。しかし、これがある種、千葉市そのものを象徴しているような気もした。

淋しい。

未来へ残そう 過去の財産
ほぼ満月ただの月見@検見川送信所

日本初の国際放送77周年記念イベント「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」は10月27日(土)午後3時、千葉市花見川区・新検見川駅近くの「はなのわ広場」で無事終了しました。

イベントの様子は11月14日(水)の「ニュースC−master(ニュース・シーマスター)」(月〜金曜、夜9時から9時55分)で 約10分間、特集されます。千葉近県の方はぜひ見てください。

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









去年の日記は?


2006/11/1 勝手口のペイビング



秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示
(蛇足だが、未来都市が出てくる映画でいえば、「ブレードランナー」以降、これを超える優れたSFは出ていない、と思う。ちなみに街の風景は川崎の工業地帯がモデル)

ちょっとだけ「ブレードランナー」の話を振ったので、こちらにもチラリと言及。人気SF作家ウィリアム・ギブソンは「ニューロマンサー」で千葉市を電脳都市として登場させた。chibaは英語圏的に言うと、「チャイバ」と発音する。だいぶ前に読んだので、筋なんて忘れてしまったが、小説世界の”チャイバ”には住みたくないと思った。


ニューロマンサー
訳文が読みにくいとの評判。そろそろ新訳を出してもいいのでは



|

« 防犯街灯管理組合結成 | トップページ | モノクロレーザプリンタ ブラザーHL-5240 »

映画」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

あ! これこれ!

行こうと思ってたんですよ。先越されましたねぇ(笑)

日テレでの展示が終わったら、来月あたりから日本橋三越での展示になるそうです。

投稿: まさやん0386 | 2007年11月 1日 (木) 17時52分

TITLE: Re[1]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>あ! これこれ!

>行こうと思ってたんですよ。先越されましたねぇ>(笑)



そうだったのですか。お楽しみを奪ってしまったでしょうか。ジオラマはそんなに大きなものではないです。



>日テレでの展示が終わったら、来月あたりから日>本橋三越での展示になるそうです。



それは知りませんでした。



検見川送信所模型も作りたいですよね。できればNゲージスケールだと面白いかも。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 1日 (木) 18時16分

TITLE: Re:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

おはようございます。

3枚目の写真が一番リアルに感じますね。

チビまる子やサザエさんの人気も通じるものがあるのかも。

投稿: アンビンバンコ | 2007年11月 2日 (金) 08時43分

TITLE: Re[1]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>おはようございます。



おはようございます。



>3枚目の写真が一番リアルに感じますね。



空撮みたいですね。



>チビまる子やサザエさんの人気も通じるものがある>のかも。



日本は戦後、西洋的な個人主義で突っ走ってきたわけですけど、やっぱり、日本にはジャストマッチではないのでしょう。日本はもっと日本らしいやりかたがあったのでは。そんなことに気づいたとき、三丁目的な生活、サザエさん的な生活に美徳、ノスタルジーを感じるのではないでしょうか。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 2日 (金) 09時17分

TITLE: Re:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

検見川公民館の館長さんとも、なかなか深いお話をされましたね。思考はしたけど行動に移さなかったので、検見川の町並みは無くなってしまったのか?でもまだ何軒かは残っていますね。ふ〜む。実は実家にも何時のものとも知れぬ蔵があったりします。かなり改装を繰り返していますが。もう一度良く見てみよう。



私は、京成検見川駅にも言いようの無い懐かしさを感じます。残したいなぁ。それから、夕方、新検見川駅の西側の出口を出たときの幕張メッセと夕日と町並みのコントラストも好き。夕日の奇麗な事!新しいものと、古いものと、自然と・・・今を生きている感じがします。

投稿: ソフィア | 2007年11月 2日 (金) 10時27分

TITLE: Re[1]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

ソフィアさん

>検見川公民館の館長さんとも、なかなか深いお話

>をされましたね。思考はしたけど行動に移さなかっ>たので、検見川の町並みは無くなってしまったの

>か?



町並みを残そうというのは住民にも相当な覚悟が必要だと思います。京都では9月から新景観政策を行っていますが、なかなか難しいところがあるようです。



http://mainichi.jp/area/kyoto/sento/news/20071014ddlk26040266000c.html



>でもまだ何軒かは残っていますね。



そういった住宅に対して、市が補助すれば、守ることもできるのでしょうけどね。市もお金ないみたいですし。どうなることやら、です。



>ふ〜む。実は実家にも何時のものとも知れぬ蔵が>あったりします。かなり改装を繰り返しています>が。もう一度良く見てみよう。



なんかすごいお宝がありそうな気がしますよ。そういえば先日、ご実家の前を通りましたよ。



>私は、京成検見川駅にも言いようの無い懐かしさ>を感じます。残したいなぁ。



京成検見川駅は最近まで通ったこともありませんでした。見過ごしてしまうような小さな駅ですね。今度、夕日を見に行ってみます。



>それから、夕方、新検見川駅の西側の出口を出

>たときの幕張メッセと夕日と町並みのコントラス>トも好き。夕日の奇麗な事!新しいものと、古い>ものと、自然と・・・今を>生きている感じがしま

>す。



なんか不思議な光景ですよね。東京ですと、月島、西新宿近辺がそんな感じですね。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 2日 (金) 21時04分

TITLE: Re[2]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

久住浩さん

>町並みを残そうというのは住民にも相当な覚悟が必要だと思います。



そうですね。覚悟がいりますね。私にも今の所その覚悟はありません。



>なんかすごいお宝がありそうな気がしますよ。そういえば先日、ご実家の前を通りましたよ。



昭和の時代の安い古道具はあるでしょうね。そのうち機会がありましたら、敷地内もご案内致しましょう。



>京成検見川駅は最近まで通ったこともありませんでした。見過ごしてしまうような小さな駅ですね。今度、夕日を見に行ってみます。



う〜む、あそこから、夕日を見たことは無いなぁ。是非、ホームに上がって歩いてみて下さい。背の低い、ささくれ立った木のベンチ。辺りの景色。すっごく田舎っぽいですよ!



話はそれますが、吉田拓郎が若かりし頃、その近くの広徳院という真言宗のお寺にしばらく居候したそうです。彼の人生に音楽に、検見川の町での暮らしも、何がしかの影響は与えていますね。

投稿: ソフィア | 2007年11月 3日 (土) 09時11分

TITLE: Re[3]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

ソフィアさん



>そうですね。覚悟がいりますね。私にも今の所その>覚悟はありません。



覚悟もそうなんでしょうけど、習慣として根付いているかも重要でしょうね。欧州では、それが当たり前のこととして受け止められているような気がします。



>昭和の時代の安い古道具はあるでしょうね。そのう>ち機会がありましたら、敷地内もご案内致しましょ>う。



ぜひぜひ。先日はお休みの日だったようです。



>う〜む、あそこから、夕日を見たことは無いなぁ。>是非、ホームに上がって歩いてみて下さい。背の低>い、ささくれ立った木のベンチ。辺りの景色。すっ>ごく田舎っぽいですよ!



京成はほとんど使いませんが、昔、幸町という埋立地に住んでいた頃は「登戸駅」をたまに利用していました。京成の駅はのんびりしていていいです。



>話はそれますが、吉田拓郎が若かりし頃、その近く>の広徳院という真言宗のお寺にしばらく居候したそ>うです。彼の人生に音楽に、検見川の町での暮らし>も、何がしかの影響は与えていますね。



先日、公民館主催の史跡散策に参加した折に行きました。その模様も記事化しなければと思っていました。そのうち取り掛かります。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 3日 (土) 11時03分

TITLE: Re[4]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

久住浩さん

>覚悟もそうなんでしょうけど、習慣として根付いているかも重要でしょうね。欧州では、それが当たり前のこととして受け止められているような気がします。



欧州の建物は伝統的に石造りだったりして変質しにくく壊すのも大変。残り易いのかな?日本は木造で、腐り易いし、燃え易い。さらにケガレの概念もあったりして、建て替えが好ましい事でもありましたよね。



>先日はお休みの日だったようです。



誠に残念なことですが、最近、商売を止めたのです。



>京成の駅はのんびりしていていいです。



同感です。でも、そんな駅も建て替えられてしまい、少なくなっています。



>先日、公民館主催の史跡散策に参加した折に行きました。その模様も記事化しなければと思っていました。そのうち取り掛かります。



楽しみにしています。


投稿: ソフィア | 2007年11月 3日 (土) 11時38分

TITLE: Re[5]:「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ(11/01)
SECRET: 0
PASS:

ソフィアさん



>>覚悟もそうなんでしょうけど、習慣として根付いているかも重要でしょうね。欧州では、それが当たり前のこととして受け止められているような気がします。



>欧州の建物は伝統的に石造りだったりして変質しに>くく壊すのも大変。残り易いのかな?



だと思います。建物は後世に残すものという基本的な考えもあるんでしょうね。



>日本は木造で、腐り易いし、燃え易い。さらにケガ>レの概念もあったりして、建て替えが好ましい事で>もありましたよね。



地震、火災。日本人は現世は仮の宿と考えますからね。吉田鉄郎さんの「日本の建築」は興味深いです。



>>先日はお休みの日だったようです。



>誠に残念なことですが、最近、商売を止めたので

>す。



そうだったのですか、それは残念なことです。1930年当時、送信所の人々もソフィアさんちのものを買っていたんでしょうね。送信所は食事の施設がなく大変だったそうです。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 3日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40737005

この記事へのトラックバック一覧です: 「続・三丁目の夕日」ジオラマ@日テレ:

« 防犯街灯管理組合結成 | トップページ | モノクロレーザプリンタ ブラザーHL-5240 »