« インクジェットプリンタはつめかえインクで  | トップページ | 検見川送信所イベント、NHKで放送へ »

2007年11月 3日 (土)

キヤノンの再利用カートリッジ訴訟

ちょうどキヤノンのプリンタの再利用カートリッジをめぐる訴訟が1日に確定の見通しになったので、これに触れる。

<リサイクル品>インクカートリッジ、販売差し止め確定へ
11月1日22時41分配信 毎日新聞

この問題はキャノンが自社の使い捨てのカートリッジにインクを充填したものをリサイクル・カートリッジとして販売している業者「リサイクル・アシスト」を訴えたもの。

争点はリサイクル品が元の製品の特許権を侵害するかどうか。最高裁がこの手の事例について判断を示すのは初めてのケースとあって、注目された。特許権利者である大手メーカー、リサイクル品販売業者にとって、ともに死活問題というのはよく分かる。

特許ならば、権利が守られるべきなのは当然であるが、2つの争いはさておき、ここはユーザー目線で見てみよう。

このリサイクルカートリッジは純正品よりも2、3割安いそうで、ユーザーにとってはありがたい存在だったようだ。何度も書いているが、純正インクカートリッジは高い。それがダメということになると、当然、ユーザーにも影響は出てくる。この問題はつめかえ用インクの方にも波及するのだろうか? なんて気になる。

インクジェットプリンタの06年の国内シェアは8割がエプソンとキャノン(ガートナー・ジャパン調べ)。新モデルを次々と市場に入れて、本体の価格を下げ、インクで儲けるというビジネスモデルを展開している。

以下売れ筋ベスト3の楽天内最安値

1位


【即納(土日出荷可能)】【送料無料】CANON PIXUS MP610 2180B001
販売期間 2007年11月01日10時00分〜2007年11月07日09時59分
楽天市場店 販売価格 18,858円 (税込 19,800 円) 送料込

2位


セイコーエプソン/型番:PM-A840/4548056853561 マルチフォトカラリオ PM-A840
価格 19,700円 (税込) 送料込

3位


キャノン オールインワンタイプインクジェットプリンター新製品PIXUS MP610 即納・クレジットカ...
まいど大特価 25,524円 (税込26,800円) 送料別
残りあと 4 個です

エプソンも同様の裁判をリサイクルインク市場の8割を占めるエコリカに対して起こしている。一、二審はエプソンの請求を棄却している(エプソンは最高裁に上告中)。

リサイクル・カートリッジは価格も安く、かつリサイクル品とあって、当然、地球にも優しい。キャノンもエプソンもリサイクルには力を入れている、とHPなどで書いているが、リサイクル業者が展開しているような安価な商品は市場に出ていないようだ。

リサイクル業者によるリサイクルカートリッジが特許を脅かすというのであれば、自社でリサイクルカートリッジを生産してほしい。店頭ではインクカートリッジ回収箱を設置しているが、”「回収に協力でキャッシュバック」といった展開もあり”だと思うんだけどな。

プリンタの買い替えは考えている方はこちら

サンワサプライのつめかえインクはこちら

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>


楽天で自転車を探す









|

« インクジェットプリンタはつめかえインクで  | トップページ | 検見川送信所イベント、NHKで放送へ »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:キャノンの再利用カートリッジ訴訟(11/03)
SECRET: 0
PASS:

こんにちは。

この問題、携帯電話も含めてなんか覚せい剤販売に似ていると思うのは私だけでしょうか?

痩せるから試してみる?とタダで甘い言葉で引き込んで中毒後は高額で売り続ける。。。

時代が変わったのでしょうかね。。。

高額な消耗品、何かおかしな話だと思います。

投稿: アンビンバンコ | 2007年11月 3日 (土) 15時47分

TITLE: Re:キャノンの再利用カートリッジ訴訟(11/03)
SECRET: 0
PASS:

詰め替えインクの方は、販売時の目的を偽れば規制が難しいでしょうから、なかなか司法の目も届かないでしょうね。



消耗品で儲けるよりも、プリンター本体でちゃんと利益を出して、消耗品は格安の価格で販売して欲しいですけどねぇ・・・・・



店頭でリサイクルされてる廃カートリッジは、どうなんてるんでしょうねぇ?

投稿: しぇるぽ911 | 2007年11月 3日 (土) 16時00分

TITLE: Re[1]:キャノンの再利用カートリッジ訴訟(11/03)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんにちは。



こんばんは。



>この問題、携帯電話も含めてなんか覚せい剤販売に似ていると思うのは私だけでしょうか?

>痩せるから試してみる?とタダで甘い言葉で引き込んで中毒後は高額で売り続ける。。。



なるほど。



>時代が変わったのでしょうかね。。。

>高額な消耗品、何かおかしな話だと思います。



この手のビジネスモデルは昔からありますが、最近は特に目立ちますね。お金はかからないからと言って、客を乗せるが、実はお金がかかる、という具合です。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 3日 (土) 19時37分

TITLE: Re[1]:キャノンの再利用カートリッジ訴訟(11/03)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん

>詰め替えインクの方は、販売時の目的を偽れば規制>が難しいでしょうから、なかなか司法の目も届かな>いでしょうね。



企業としては一番、突っつきやすいところからはじめたんでしょうね。インクの方はなかなか難しいと思いますが。ユーザーでは補充できないような仕様にする可能性はありますね。



>消耗品で儲けるよりも、プリンター本体でちゃんと>利益を出して、消耗品は格安の価格で販売して欲し>いですけどねぇ・・・。



各メーカーとも、開発には莫大な金を投資しているから、本体の価格競争は来るところまできたという感じではないでしょうか?



だから、インクで商売せざるを得ない。まあ、市場原理ともいえるのでしょう。次の価格競争はインクと行きたいのでしょうが、それにはサードパーティーの存在が邪魔だったのでしょう。



そういえば、液晶テレビなんかも、かなり熾烈な競争でしたが、シャープの勝利。日立なんかは赤字を出していますからね。



>店頭でリサイクルされてる廃カートリッジは、どうなんてるんでしょうねぇ?



http://www.canon-sales.co.jp/ecology/recycle1.html



どうも一回、粉々にして再利用しているように見えます。ですから、容器そのものは使わないんだと思います。

投稿: 久住浩 | 2007年11月 3日 (土) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40737001

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンの再利用カートリッジ訴訟:

« インクジェットプリンタはつめかえインクで  | トップページ | 検見川送信所イベント、NHKで放送へ »