« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ビスタ再インストール

インターネットAQUOSの調子が悪い・。立ち上げた瞬間にCPUの稼働率が100%になってしまう。つまり、ほとんど何もできないということ。

こんな中、ウイルスバスターの期間通知の知らせが立ち上がるものだから、余計にムカッ。

やっぱり、このパソコンのCPU構成には無理がある。OSにビスタを載せるなら、CORE2デュアル以上じゃないとダメだなぁ。

セルロン搭載のインターネットAQUOSはメインはテレビ、パソコンはおまけくらいのつもりで考えたほうがいいようだ。

こんな状態をパソコンに詳しい友人に話したら、「OSを入れ直した方がいいよ」。う〜ん、悩みどころだが、実は選択の余地はない。

インターネットAQUOSの説明書によれば、Cドライブは全て初期化されるということ。

アプリケーションはまた入れ直せばいいし、重要なデータはなかったはず。と思い、再インストールを実行。

あっ!
やりなから、思い出した。せっかく入力した住所録が!……

教訓その1
インターネットAQUOSを買うなら、CORE2デュアル以上のCPUが載ったものを


【送料無料】シャープ モニタレスパソコン インターネットAQUOS PC-AX120V PCAX120V
eBEST価格 201,905円 (税込 212,000 円) 送料込

イーベストPC・家電館は安いです。

教訓その2
バックアップはこまめに。データはCドライブ以外に保存しましょう(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

2007年を振り返って

暦通りならば、普通の方は28日が仕事納めだが、僕には関係なし(涙)。除夜の鐘は仕事場で聞くはずだ。

この区切りのなさがいけないんだろうな。どうも、ダラダラしてしまう。年賀状も書いていない(汗)。いつ書くんだ?自分

この年末は忙しさに呑まれた感じ。いろんなことができなかった。しかし、反省しても暗くなるので、今年の成功体験を振り返ってみる。

・仕事で賞を取った

・自作隠れ家でDIYコンテスト賞を取った

隠れ家自体は去年の作品なので、うれしいご褒美だった

・同じく隠れ家が雑誌「MEMO男の隠れ家」に掲載された

・検見川送信所での活動
これは僕1人の成果ではないが、廃墟となった文化遺産に一石投じることくらいはできた気がする

・街灯管理組合を設立し、街灯がついた

・ツール・ド・ちば完走
3日間かけて、房総半島を360km走った

上から3人目が僕(笑)

・フルマラソン完走
成績は誇れるものではない

出かけた場所

ニューヨーク、ハワイ、大阪、湯布院、下関、滋賀、スキーで札幌、ニセコ、湯沢など

今年はあまり行けなかった。場所として印象的なのはニューヨークだろうか。

●面白かったもの
園芸(バラ)、米ドラマ「24」、稲見一良の小説、「一瞬の風になれ」

映画は当たりがなかった。恥ずかしくて、あまり言いたくないが、「HERO」が好きだった。

こうして書き出すと、大したことがあったような、ないような。
ただ、今年はいろんな意味で転機の序章だった気がする。もちろん、こんなことは後にならなきゃわからないが。

みなさんはどんな年だったろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

エコキュートの盲点

通行の邪魔になっていたエコキュートのヒートポンプ。27日に工事をしてもらって、場所を移動した。

BEFORE
エコキュート

AFTER
200712281213502

これまでは狭い通路に置いていたが、今度は庭の入り口の辺り。今度はすんなり入ることができる。

20071228121350

ヒートポンプが作動するのは深夜帯だが、換気口から冷風が出る。植物の発育にも影響を及ぼすそうなので、隣家には向けず、自宅に向けた。正面には何もないので、問題はなし。

ヒートポンプと電気温水機は離して設置することもできるが、離せば離すほど電気効率が悪くなるとか。

業者もこの位置なら問題ないと言っていた。ヒートポンプと電気温水機は土中配管で繋がっている。

エコキュートは最近、増えているが、設置が雑な業者も少なくないそうだ。配管の見た目が悪かったり、むき出しにしてはいけない部分を野ざらしにするなどは景観だけでなく、設備の寿命も短くする。

担当した業者は工事サンプルと悪い設置事例の写真を見せ、「うちは工事には自信がある」と言っていたが、確かに工事は丁寧だった。砂利が敷いてある部分をいったん剥がして、埋め込んで、配管部分はほとんど見えない。

商品の良し悪しはいろんなところで、見たり知ることはできるが、工事の腕だけは実際に見ないとなんとも言えない。

ここは案外、盲点。工事をお願いする場合は、「設置事例はありますか?」と聞くのがいいかもしれない。

僕が買ったエコキュート

【三菱】 エコキュート SRT-HP37W2 追いだきフルオートタイプ(370L) ユニット屋外専用
当店通常価格 708,750円 (税込)
価格 333,110円 (税込) 送料別

エコキュートを楽天で探す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

KDDI光工事

先日、ヤマダ電機でインターネットAQUOSを購入した際、「プロバイダを変えると、2万円引きます」と言われ、「はい」と言った。


SHARP インターネットAQUOS LD-20SP3+PC-AX50M【20V型デジタル液晶TV+PC】

価格 124,000円 (税込) 送料別

回線がNTT東日本のBフレッツからKDDIの光になる。工事というのは面倒くさい反面、物が新しくなるなどワクワクする要素がある。しかし、今回は「光」から「光」になるだけなので、そんな感情はゼロだ。

書斎を掃除しながら、なんとなく作業を見ていた。NTTの工事では、コンセントカバーの隙間から、光ケーブルを出していたが、KDDIは専用のコンセントカバーを取り付け、正面からケーブルを出す仕様。なんとなく、KDDIの方がしっかりしている気がする。

20071227152242

光の機械も2年前に取り付けたNTTの機械よりも小型化されていた。写真の白い方がNTT、黒いのがKDDI。パソコンの配線はグチャグチャするから、機械は小さいに越したことはない。

工事は30分もかからず、終了。携帯電話同様、ナンバーポータビリティというサービスがあるので、番号自体は変わらない。

とりいそぎ、NTTにBフレッツの解約を申し出なければと思い、「116」に電話したら、NTTではなく、KDDIにつながった。

「116」は電話に関する各種問い合わせ番号でしたよね?電話会社が変わると、繋がる先も根本から変わるらしい。

番号をそのままにサービスだけが変わる。そうか、これがナンバーポータビリティというものか。

それにしても、NTTに電話をかけるにはどうすればいいのだ?(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

はじめてのWii

「ゲームばかりやると、子供はバカになる」
スティーブン・キング原作の映画「シャイニング」より

小4の娘はサンタさんがくれたWiiに大満足のようだ。サンタさんもおそらくそんな様子を知って、満足していることだろう。

我が家のテレビゲームはプレステ以来。僕は元々ゲームはやらないし、娘にもテレビゲームはやらせたくないと思ってきた。

やっぱり、子供は外で遊ぶのがいいし、ゲーム脳というのも心配だ。

さて、娘と「はじめてのWiiパック」をやった。

このパックには、コントローラとシンプルなゲームソフト9つが入っている。このソフトでコントローラの操作性に慣れてもらおうという意図で設計されている。

Wiiは僕が思っていたこれまでのテレビゲームとは違う感覚だ。コントローラはワイヤレス。画面の上に設置した受信機に向けて、操作を行う。

従来ならば、操作は十字キーで行うところをコントローラの上げ下げ左右移動で行う。

ちょっとした動きでズレる。自由度が高い分、思い通りに動かすにはコツがいる。指先だけでなく、腕を動かす感じと言えばいいのだろうか。

ビリヤードにいたってはさらに本格的だ。これは本物と同じようにキューを引き、突き出す動作をしなければいけない。

そうなると、肘の動作まで加わるわけだ。

さらに野球、テニス、ゴルフのソフトもあるようだが、こうなると、ビリーズ・ブートキャンプばりの運動量が要求されるのかもしれない。

ゲームをしているというよりも、ゲームの名を借りたスポーツだろう。五感を動かすのがWiiである。

DSもゲーム一辺倒からの脱却を図った。漢字検定、英語ソフトに数独。いずれも大人がターゲットで、大ヒットしている。

ゲーム業界のクリエーターは既に脱「ゲーム脳」を実現しつつある。

ここまで進化すると、「ゲームをやるとバカになる」と簡単に言うのは、どうなんだろうなぁ。「シャイニング」の頃とはだいぶゲーム事情が変わった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

サンタを信じる?

小4になる娘はいまだにサンタの存在を信じている。
ただ、最近はさすがに疑い始めているらしい。
「サンタさんって、Y子ちゃんでしょ?」
Y子ちゃんとは配偶者のこと。配偶者は「お母さん」とも「ママ」とも呼ばせず、名前に「ちゃん」づけさせている。
それはいいんだが、「サンタはママ」って、どうよ?サンタの存在を疑うのはいい。そういう年齢だろう。だけど、サンタの性別は男だろ?
「サンタはパパ?」
と疑うのが筋じゃないだろうか?

そんなことは娘には言えないので、配偶者に抗議したら、ただ笑っているだけだった。

娘は普段からも、何かを買ってもらうと、「Y子ちゃんが買ってくれた」と言う。どうやら父の威厳はあまりないようだ。

世間のパパって、こんなもの?(笑)

話を戻す。娘のサンタさんへのリクエストは配偶者という代理店を通じて申し込まれることになっている。
僕は配偶者に聞いた。
「今年は何が欲しいって?」
「それがなかなか決まらないみたい」と配偶者。
困るなぁ、早く言ってくれないとこっちにも都合がある。そんなこんなで、ズルズルとクリスマスイブを迎えた。
最新情報によると、本当はWiiが欲しいらしいが、高いので、DSの太鼓がどうしたこうしたというソフトに落ち着いたらしい。

配偶者に「買ったの?」と聞くと、「まだ」という。
ヤマダ電機に行った折、買う作戦だったが、娘がいる手前、探すこともできず、失敗。ドン・キホーテなら、ソフトもあるかと思い、僕が別行動で探しに行ったが、ご所望のソフトはなかった。

その代わりにWiiがあった。本体だけでは遊べないから、「はじめてのWii」と合わせて、3万円弱。子どものクリスマスプレゼントとしては高いだろう。

若いときを振り返っても、恋人にだって、3万円のプレゼントをあげたことがないぞ。
しかも、サンタでもない僕が買うのか?(笑)

悩んだ。そして、悩んだ。3万円と言えば、家計支給の1か月のこずかいである。

だけど、娘のためなら買えてしまうのだ。親って、バカだな。

プレゼント包装してもらい、車のトランクへ。

帰宅後、娘と風呂に入った。サンタの話をした。
「サンタに何を頼んだ?」と聞くと、
案の定、DSの太鼓のなんとかというソフトともう一つ名前を挙げた。
「今年は早くに頼んだ?」と聞くと、「ううん」。
「早く言わなかったから、欲しいものは来ないんじゃない」
「そうかな」
「そりゃそうだ。サンタにも都合がある」と僕。
「DSのソフトなら何でもよかったんだよ」と娘。

えっ。なんだ、そうだったのか。それを早く言えよ。こっちは太鼓のソフトがなくて、高〜いWiiにしたんだぞ。
もちろん、そんなことは口が割けても言えない。

ところで、昨晩遅くの話。どこからともなくサンタさんがやってきて、娘の部屋のベランダに2つプレゼントを置いて行ったらしい。

20071225165850

「信じるか、信じないかはあなた次第」(スティーブン・セキルバーグ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

検見川送信所を歩く(約5分)

検見川送信所に関するショートムービーです。大昔、映画館で流れていたようなニュース映画風なクリップと最近の映像で構成しています。

動画の画質がYouTubeよりいいので、nifty動画共有サイトにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

勇気づけられたメール

先週日曜日、就職フォーラムでパネラーを務めた。

自分のしゃべりのダメさを痛感して帰ってきたが、「名刺をください」という男子学生が1人いた。

その学生から後日、メールが届いた。僕の話が印象に残り、僕と同じ業種に進みたい、というものだった。

穿った見方をすれば、こういうことは就職マニュアルに書いてあるのかもしれない。就職試験は願書を書くところから始まるとか、どこに道が開けるかは分からないなど書いてあった記憶もある。

だとしても、うれしいものだ。こういう子は就職フォーラムに参加するまでもなく、希望する会社に入社するだろうけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウインドウズが重い時は

繰り返しになるが、ビスタはダメなOSだと思う。XPの方が優れている。

複数のソフトを起動すると、動作が圧倒的に遅くなる。下手をすると、固まる。最悪の時は今まで作り上げたデータも保存できないまま、再起動を強いられる。
CPUもソフトも選ぶ。最大の原因は搭載しているCPUが非力なせいだ。CPUメーターはあっという間に100%に達する。

CORE2以上のCPUじゃないとつらいと思う。動きが遅い、と言うと、「こんなものですよ」と諭されるらしい。

僕のインターネットAQUOSはセルロン搭載だが、こんな非力なCPUを載せたパソコンを売るべきじゃないと思う。

とはいえ、使わないことには何もできないので、動きを軽くする努力を試みることにした。

CPUがフル稼働になる原因には常駐ソフトが悪さしている可能性がある。

1)壁紙をプレーンなタイプに変更。

2)スタートメニューにあるソフトを外す。スタート→プログラム→スタートメニューで探して、2つのソフトを削除。

3)さらにウイルスソフトでスパイウェアを検査。

ウイルスバスターで絶えず見張っているはずだが、20のスパイプログラムが見つかった。ファイル名を見てもよく分からないが、とりあえずはいらないだろう。なんかのクッキーらしいけど。

その後、動画編集ソフトなどCPUに負荷のかかるソフトまでは動かさなかったが、iTunesの動きなどを見ると、だいぶ負荷が減った気がする。

今晩、再び動作させた時に、どの程度の動きをみせるか注目。

僕はパソコンには詳しくないが、このやり方はビスタに限らず、XPでも効果あり、と見ている。パソコンが重いと思った方はお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビスタ使えない

大学時代に監督した自主映画の16年ぶりの再編集をしている。これがパソコンが得意ではない僕にとってはなかなかの難作業(汗)。

まずはビデオ・HDD・DVD一体型のレコーダーでビデオからDVDにダビング。説明書通りこなし、その機械では見ることができた。


『激安!Christmas sale開催中』シャープ【送料無料】250GB HDD搭載VHS内蔵ハイビジョンDVDレコ...
SAKURA価格 64,572円 (税込 67,800 円) 送料込

しかし、パソコンではDVDレコーダーがキュルキュル言うだけ。フォルダを開くことさえできない。説明書をよく読むと、ファイナライズという最終作業が必要だと分かった。2、3分で終わる作業の存在を知るまで1、2週間もかかってしまった。

しかし、DVD化したところで、そのまま編集することはできない。DVD化すると、VOBファイルに生まれ変わる。

このVOBファイルはビスタ内蔵のムービーメーカー、アドビの編集ソフト「プレミア」では未対応。どこかで変換ソフトを入手するしかない。

動画変換ソフトはコピー文化の恩恵か、ネット上にたくさんのフリーソフトが存在する。

しかし、ほとんどのソフトがビスタに対応していない。試しにインストールすると、エラーが出た。

ビスタというOSは本当に曲者。ソフトを予想以上に選ぶ。ビスタしかいれていない人は苦労すると思う。ここまでひどいと分かっていたら、買わなかった。OSはXPがいいと思う。

1階においたXPパソコンでAVIファイルに変換させたまま家を出た。帰宅した頃には終わっているはず。

画質を保ちたかったので、圧縮率の低いファイル形式を選びたかったのだが、よく分からなかった。本当はどのソフトを使って、どの形式にすればよかったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

自主映画再び

新ブログになってから、何だか気楽になっている。
なぜだろうと思ったら、アクセス数が激減したからだ。多分、1日50人も見ていないだろう。

読んでいただいてる方は貴重な読者です。ありがとうございます。

楽天時代は読まれている感覚もあったし、少しは商品も売れていたので、読んでくれている方をそれなりに想定していた気がする。

そんな気楽な時だから、自分のことを自分のために語ろうと思う。つい最近まで、「アクセスアップのために」なあんて文を書いていたのに、ホント気楽な身分だ。

つい最近、大学時代に撮った自主映画が出てきた。8ミリで撮ったものを、ビデオテープにテレシネ(変換)したものだ。

僕は大学時代、映画サークルに入っていて、3本撮った。先に撮った短編2本は行方も分からない。

最後の一本(91年製作)は80分の長編で、心理学者ユングの「シンクロニシティ」理論とクローネンバーグの「デッドゾーン」にヒントを得たオリジナルホラーだ。

簡単に言うと、主人公が自分が死ぬ夢を見ると、同じ時間に人々が死んでいくというものだ。それは同時間に起こるから、誰も止めることができない。主人公が夢を見るから死ぬのか、あるいは偶然なのか?

完成当時、すごく不満があった。出来映えもそうだが、最大の理由は思う通りに現像できなかかったからだ。

この作品は現実の場面はモノクロ、夢の部分はカラーで描かれる。そのつもりでライティングもしていたのだけど、現像所がモノクロで焼く部分を、カラーで焼いてきた。

結局、この部分は撮り直せず、冒頭に現像所の手違いがあった旨をクレジットで入れて処理した。

当時から「8ミリフィルムはいずれなくなる」と話に出ていた。そんな事情でビデオテープに起こしたはずだが、同時に現像ミスをいつか修整できる日が来るかも、と思っていたのかもしれない。

大学時代は映画はあくまでもフィルム、ビデオなんてクソと思っていた。その最大の原因は質感。ビデオはフィルムに比べると奥行きが見えず、安っぽい。

だから、ビデオカメラを持っても、なんらワクワクしなかった。しかし、久しぶりに映像を撮ってみると、なかなかイケる。

8ミリフィルムではやりたくても出来なかったことが簡単にできる。

フィルムをハサミで切っていた頃とはえらい違いだ。失敗しても修整は効くし、写真を動画のようにも扱える。すっかり見直してしまった。

カラーをモノクロにすることも簡単だ。さすがにストーリー、セリフは修整できないが、間の取り方、カットの繋ぎなどいじってみようかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコキュートの置き場

テレビCMでもおなじみのエコキュート。これは電力会社・給湯機メーカーが総称する、自然冷媒C02ヒートポンプ式給湯機のこと。つまり、エコな給湯機ということだ。

これは深夜の安い電力を使って、お湯を沸かす。従来の電気温水器と何が違うかといえば、消費電力が抑えられること。

以下はカタログの接写。

020.jpg

電気温水機が4000円に対し、エコキュートは1000円。3000円の差なので、年間3万6000円。10年間で36万円の差が出る。

エコキュートの方が初期投資は高いが、長い目で見れば、電気温水器よりもお得なのかもしれない。

我が家が購入したのはこちら。


【三菱】 エコキュート SRT-HP37W2 追いだきフルオートタイプ(370L) ユニット屋外専用
当店通常価格 708,750円 (税込)
価格 333,110円 (税込) 送料別

想像していたことだが、ネットの方がはるかに安い。この手のものの定価はあってなきのなんだろう。工事の手立てがあれば、ネットで購入することもありだ。ただ、我が家の場合、セールスがなかったら、導入はしなかったと思う。

エコキュート、電気温水機ともに置き場には苦労するはず。ともかくでかい。

エコキュート

場所は隠れ家の反対側。基礎の部分を通していくので、風呂場に近くなくても問題ないらしい。

電気温水機は単体で済むが、エコキュートの場合、ヒートポンプがもれなくついてくる!!

これが案外、ありがたくない。

業者に指示をしなかったら、通路側に置かれてしまった。これでは庭の出入りが不便なので、業者と相談。本日、来てもらって、場所を移すことにした。

013s.jpg

このヒートポンプ、もっとキュートなサイズならばなぁ。

エコキュートを楽天で探す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しましたが、楽天ブログ祝3周年

当ブログが3周年を迎えました。
好き勝手に書いているブログにご訪問くださりありがとうございます。

このところ、新ブログへの引越しを機に楽天ブログのこと、アクセスアップについて書いていました。
誤解なきように書くと、楽天ブログは嫌いなわけではないです。ただ、改善してほしいなぁと思っているだけ。

いやだったら、書きません。
ただ、スパムコメントもいただき、まいったなとは思いましたが。

新ブログのアクセスは少ないですが、ボチボチな感じでやっています。

今後ともよろしくお願いします。

ブログ名:モールスキンとめぐる冒険
総アクセス数:581946 アクセス(平均 531 アクセス/日)
開設日数:1096日
(開設日:2004/12/22)
日記記入率:85.2%

楽天から新ブログに移ります。以後、ブックマークをしていただければ幸いです。

検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/










去年の日記は?


2006/12/22 キーボックス作り(2)〜再塗装



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

楽天ブログ引っ越しツール

年末のバタバタなのか、ろくにネットも出来ず。ブログは相変わらず、携帯メールでの更新だ。

そのくらいの時間はあるのだ。なんせ電車での通勤時間は45分。今も電車の中で書いてる。

そして、帰宅後にパソコン画面でちょこちょこ直している。

明日は休みなので、ちょっと時間はある。とはいえ、夜は忘年会。3連休の初日の土曜日に忘年会というのも、少しクレイジーな感じだが、これが毎年の恒例行事である。

そして、日曜は普通に仕事。振り替え休日の月曜くらいは休もうかな、確かクリスマスイブだし。そして、大みそかは職場で年を越す。これがいつもの年末である。

以上はみんな言い訳(汗)。
メール、ブログのコメントの返事を書けていないことを気にしているのです。本当に。

楽天からこのfc2ブログに移って来てからも、コメントをいただけることは有難いと思う。

鎌倉時代のエッセイスト、吉田兼好も、「ありがたきは物をくれる友とブログにコメントをくれる友」と、かの「徒然草」に書いている(ウソ)。

ネットの良いところは困っていることを書くと、手をさしのべてくれる人がいることだ。

以前、映画の批評サイトをやっていたころ、「パソコンが古くて困る」と書いたら、「会社の処分品があるので、送りましょうか」と申し出をいただいたことがある。

実際、着払いで送っていただき、そのモニターは我が家で現役で稼働している。ソニーのトリニトロンの17インチ。このモニターは、ソニー製品は保証期間が過ぎると必ず壊れるとの僕の中での「ソニー神話」を打ち崩してくれた製品だ。

さて、本題。楽天ブログの日記を引っ越しツールで今のブログで引き継げないものかと書いたところ、楽天仲間のしぇるぽさんがある方を紹介してくれた。

その方は僕と同じように楽天ブログから、このfc2ブログに拠点を変え、その方の友人が開発したという引っ越しツールを使って、全てのデータを移したという。この方に無理を承知でお願いしたら、助けてくださった。

本当に有難い。試しに今年11月分だけをインポートして、アップしてみたが、想像以上に簡単に作業が終わった。

しぇるぽさん、そのご友人、そのまたご友人には大感謝。

さて、電力の安い深夜に、引っ越すぞ。これじゃぁ、夜逃げか(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オール電化ってなんだ?

我が家はオール電化になった。先日、セールスマンが営業にやってきて、話を決めた。

以前はソーラー発電の話も来たが、これは設備投資の割に、返ってくるものが少なかったので、詳しく聞くまでもなかった。

我が家の1か月の電気代は1万円強。ガス代は4000〜7000円。高熱費で17000円くらい使っているらしい。三人家族としては高い。配偶者も夜型の生活を送っているからだろう。

いま話題のオール電化だが、その良さはどれくらい浸透しているのだろうか。

正直、僕は知らなかった。
そもそも、オール電化という考え方は「電気を大切に」という宣伝で育った者にはやや混乱がある。

オール電化にしたら、電気の消費量が増えてしまうではないか、ガスと併用する方が電気のためには、いいのではないか?と思うわけだ。

また、配偶者は調理のことを心配した。電気で調理するって、どういうこと?という感じ。

それにフランベ(鍋に火を入れるやつ)ができないのはいやだ、と言っていた。

オール電化が節約になるというのは契約プランの変更によるものだ。

我が家の場合、従量電灯Bという契約である。これは使いだしは安くて、一定量を超えると、使えば使うほど高くなる。

東京電力の電気料金メニューはこちら

オール電化の場合、この契約そのものが変わる。大抵は50アンペアとか60アンペアに設定されているが、このアンペア数は上がる。しかし、料金設定そのものに恩恵を受け、特に深夜帯の料金がグンと安くなる。

この安い深夜帯に屋外に設置したタンク内でお湯を沸かして、ためる。ガス代の多くは湯沸かしによるものだそう。

オール電化を導入されている方、実際の光熱費はいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

風流時圭男

Amazonから竹内清人の新刊のお知らせが来た。前に「いぬのえいが」という映画のノベライズを買っていたので、送られたらしい。

「また買え」というのか。というのも、竹内清人さんは友人である。しかも同い年。本業は脚本家。早速、携帯メールで「新刊がでるらしいですね。著者謹呈ないの?」と送ったら、「何で知っているんですか?今度会った時に差し上げますよ」と返事が来た。

「今度っていつ?」と送ったら、飲む話になった。住まいは神奈川の方だが、場所は千葉寄りの錦糸町でいいという。

おかしいなぁと思ったら、彼女の住まいが近くなんだという。ごちそうさま。

二人で飲んでいると、12才下という彼女がやってきた。

堅苦しい挨拶はほどほどに、彼女に「本当に竹内さんでいいのか」と突っ込んだ。
「男なんて星の数ほどいる。竹内さんより金を持っているやつだってたくさんいる。若くてかっこいいやつだって、たくさんいる」と下げつつ、
「だけど、竹内さんは世界で一人しかいない」と言うと、彼女は笑っていた。

彼女によれば、付き合って、3日で結婚を決めたらしい。

そんな幸せ者の竹内さんが書いた小説の題名は「風流時圭男」という。


まだ読んでいないが、多分面白いだろう。買ってあげてください。印税は彼女のウエディングドレスに化けるはずだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

街灯がついた

「ちょっと見に来なよ」
配偶者が呼ぶ。

何かと思って、外に行くと、敷地から生えている電柱に街灯がついていた。

昨晩は気が付かなかった。多分、まだ通電していないのだろう。

地域を明るくしよう、という思いで街灯管理組合を作った。秋の申請に間に合って、ようやく設置されたらしい。

夜、タクシーで帰る時も少なくない。家の場所を言うときに、「このまま暗闇の先に行ってください」と説明していた。

我が家ではクリスマスイルミネーションを飾っているが、深夜は消えるようタイマーをセットしている。

今度から「あの街灯のところまで」と言える。

何の変てつもない平凡な街灯。だが、うれしいもんだ。灯りがつくところを見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビスタは重い アドビ・プレミアとの相性

今さら書くと、笑われるかもしれないが、ビスタは重い。

もちろん、最初からなんとなくは気付いていた。しかし、その重さを改めて知ると、どうなっているんだ、と文句も言いたくなる。

僕が使っているのはインターネットAQUOS。一番安いクラスで、セルロンに512MB搭載。いくつかのソフトを立ち上げると、応答待ちの渦を巻く。ビスタ特有のアイコンだ。

それに嫌気が指して、1Gのメモリーを買ってきた。都合、1.5Gのメモリー。XPなら、十分なメモリーだろう。

先日、ビデオ編集をやるようになったので、アトビの編集ソフト「プレミア」を買った。

まず、インストールで苦労した。エラーが何度も出た。

仕方なく、ネットで検索すると、やりかたが出てきた。ビスタ特有の症状らしい。コマンドラインでなんやら組み込む。付属ソフトもやっぱり、素直に入らない。こちらもコマンドラインでパチパチ。

ようやくソフトは入ったのだが、動きは恐竜のごとき。サクサクとはいかない。タイトルを入れる機能はほとんど固まった状態。10万円もするソフトがほとんど有効利用できていない。悪夢のような出来事が起こっている。

さらにメモリーを足した。スロットは2つしかないから、512MBを外してやらなければいけない。もったいない。

さて、メモリーはMAXの2G。これなら、文句ないだろ。と思ったら、ギチョンチョン。
まだ、サクサクとならないのだ。こっちはいくらパソコンに投資していると思っているんだ。
CPUのメーターはすぐにレッドゾーン。メモリーは半分近くで余裕がある。

調べてみると、CPUのパワー不足が原因。ビスタの場合、セルロンはお話にならないらしく、CORE2DUO以上じゃないと、ダメらしい。

インターネットAQUOSの購入を検討されている方はその点、ご注意ください。

これなら、オーケー。

もちろん、メモリーも多いに越したことはない。要は金食い虫のようだ。

ネット上の評価は概ね辛口。「ビスタの乗り替えに必然性を感じない」「金が余っているなら、どうぞ」「ハイパワースペックを買わせるためのウインドウズとインテルの策略だ」などなど。

こいつは考えもののOSだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

送信所の絵、無線機、ジョディ・フォスター、そして、インターネット

検見川送信所の件でともに行動している河童画人さんは、送信所で月見をしようというイベントにちなんで、河童が送信所で月見をする水彩画を描いてくださった。

この絵は僕の書斎に飾らせてもらっている。送信所が建物として完全復活した折に、どこかで飾れたら、というのが夢だ。

「子供の頃から無線が好きだったんです。その思いを絵にしてみました」と河童画人さんは語る。

ブログ仲間のまさやんさんが撮影して、僕がまとめたショートムービーの中でも、その場面は登場する。好きな場面だが、編集自体は失敗している。いずれ直したいし、また河童画人さんには、勝手ながらいろんなことをお聞きしたいと思っている。

僕は男にしてメカに弱いと自認しているが、実は中学の時、無線に興味を持ったことがあった。

ただ非常に短期間の話で、無線が好きだというほどの話ではない。僕は根っからの文系で、「抵抗」「コンデンサー」やら難しい話についていけなかったのだ。

ただ、学校にあった無線機で、遠くの方と話せたという体験はすごいなぁ、と単純に思った。

無線機が出てくる映画では「コンタクト」が好きだ。

ジョティ・フォスター演じる天文学者の少女時代のエピソード。
娘と父親が無線機で交信している。壁か何かに地図があって、交信ポイントに画鋲を指していく。娘はどんどん記録を更新していくことに喜びを感じている。
こまかいセリフは忘れたが、こんな感じだった。
「星とも交信できるの?」と娘。
「ああ、できるとも」と父親。
「じゃあ、ママとは?」
ママは他界しているのだ。父親は絶句してしまう。

原作はカール・セーガンの本。原作ではどんな風に描かれていくのかは分からないが、この場面はシナリオとしてよく書けているなと感心した。

短いエピソードで家族関係、その位置、濃密さが出ている。宇宙人と交信したいという思いが天文学者という職業につながっていく。また、ヒロインはラスト近く、思わぬ形で両親と再会することになり、この伏線にもなっている。

いい映画なので、見てほしい。僕もDVDを見直そうと思った。

話は大きくずれてしまった。ともかく、中学の短い無線体験だが、いまのブログに僅かにつながっているかもしれない。

送信所をめぐる出会いは全てインターネットがきっかけだった。河童画人さんとの出会いもそうだ。

そして、さらにまた出会いがあった。高知にお住まいで元検見川無線勤務のMさんが「検見川無線30年史」という本を送ってくださった。

検見川送信所は1926年、竣工。まだじっくり読めていないが、興味深いことがたくさん載っていそうだ。

表紙をめくると、検見川送信所の絵が載っていた。局舎の前には記念碑がある。いまでは、この記念碑すら朽ちているが、当時は「検見川無線局跡」という鉄板とレリーフがあった。プレートは最近見なくなくなったが、レリーフは既になかった。

このレリーフはこの絵を元に作られていると聞いた。検見川無線全盛期の様子が伺える。

20071218163915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

マジックアワー@検見川送信所 by GX100

検見川送信所の活動について、ある方から言われた。

「クズミさんのやっていることは素晴らしいけれども、最終的に何をやりたいのかが見えてこない」

そうかもしれないなぁと反省。

つまり、送信所を残して、何をやりたいのか?
これがアンサーになっているかは分からないけど、ショートムービーを作ってみた。

「マジックアワー@検見川送信所by GX100」(約3分)は全部デジカメCaplioGX100の動画機能で撮影。見られなかったという方、すみませんでした。実は誤字を発見したため、一旦削除していました。

僕のムービーカメラはDVテープを使用する旧タイプ。パソコンに取り込むにはケーブルを繋げてシンクロさせなければいけないので、動画を取り込むのに、時間がかかるのです。

GX100は動画がSDにデータとして取り込めるから飛躍的に楽。

詳しく調べていませんが、多分、現行のムービーデジカメは記録メディアをSDやDVDにしているはずなので、パソコンとの連携は容易でしょう。

動画の画質そのものはムービーデジカメには敵わないという印象でしたが。元がスチルカメラですから、贅沢は言っちゃいけないかも。

Caplio GX100はamazonよりも楽天の方が安かった。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 51,239円 (税込 53,800 円) 送料別

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

続・就職セミナー

就職セミナーのパネラー、終わった。無事といっていいのかどうか。

今回は進行役がいて、僕ら4人がパネラー。進行役が話を振って、それぞれが自身の経験を語るという形式。予定を10分オーバーして、100分。話し手としては長さは感じなかった。多分緊張していたせいだろう。

僕は人前で話すのが苦手だ。緊張するし、話がまとまらなくなってしまう。言いたいことの半分も言えなかったんじゃないか。

一方、隣でしゃべっていた女性は簡潔に主義主張を伝えていた。僕の発言を引用して、軽くやりこめられた。「あなたの発言は軽いのよ」と言わんばかりに。お姉様、あまりいじめないでください(汗)。

人前で話すのに、必要なのは訓練と場数だという。そもそも、そういうわけで、この会に送り込まれた。

それにしても、学生たちは熱心だった。その後、60分の質問コーナーでも、途切れることなかった。

パネラーと言いながら、学生から教えられたことの方が大きかった。質問を受けることで、自分を見つめ直すことができた。

この年になって、夢について、正面から語ることなんて、ないもんなぁ。

今日の僕は謙虚である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

就職セミナー

20071216114054
本日、就職セミナーでパネラーをすることになった。今は電車の中。何を話したらいいのか。

ホームページで詳細を見たら、結構な数の学生さんが参加するみたい。今は大学3年で就職活動が終わるみたいだから、2年生が多いのだろうか。

学生たちは多少は夢や希望に燃えているのだろう。

僕の仕事はもちろん、それを抱くだけの価値がある。そう思っているから、僕は続けてきた。しかし、厳しい現実もある。それも話すべきなんだろうな。その兼ね合いが難しい。

写真は出かけに携帯電話で撮った庭のブルーベリー。ブルーなのに、レッドとはこれいかに。物事には必ず2つの顔がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

最近のお気に入りQUIETDRIVE

最近買ったCDその1。配偶者たちが買い物している時、視聴コーナーで気に入って買った。

ソニーのウォークマンに入れている。僕が買ったのは既に廃盤だが、最近のやつなら、ノイズキャンセリング機能がついているものがいい。電車でも音がクリアだ。

CDは全般的にいい。メロディアス・ロック。「エモ」っていうらしいですね。

特におススメは1曲目の「RISE FROM THE ASHES」と9曲目「TIME AFTER TIME」のカバー。「TIME AFTER TIME」は80年代、洋楽で育ったものにとっては涙ものの選曲。これをギターを派手にならしてロックなバラードになっている。この2曲を聴くために買ってもいい。

下はQUIETDRIVEがラジオ出演した際の映像。「RISE FROM THE ASHES」のアコースティック版。

彼らはYouTubeに自身のページを持っている。そこではいくつかのPVが見られる。

http://www.youtube.com/Quietdrive

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

忘年会と転職とシクラメン

12月13日、有楽町駅近くの大きな会場で行われる某社の忘年会。余興のくじ引きで、初めて末等の乾電池以外のものが当たった。なんとシクラメン

20071214131837

普段会えない人と会えるので、この会にはほぼ毎年顔を出す。例年、「立錐(りっすい)の余地もない」という常套句を実写化とこうなるみたいな混雑ぶりたが、今年はこころなしか少ない気が。それでも、立食形式の中、飯にありつくのは大変だ。肘に気をつけてつけなければいけないから。

それでも、何人かの懐かしい顔に会えた。会社が変わったKさんに「名刺ください」というと、「この名刺短いかもよ」と言いながら渡された。異業種に転職し、1年間勤めた同業他社の同期Gは「年内やめるよ」と言う。目下、就職活動なんだそうだ。僕の働く世界では終身雇用制はなくなりつつある。

Gは1つ年上だが、戦友みたいな存在だ。人前では敬語も使うが、二人になると、タメ口になる、そんな仲。

忘年会を抜けて、彼の行き付けの店に行き、転職の話を聞いた。夢があって転職したが、1年働き、この会社ではそれは実現できない、と分かったという。また、元の業種に戻りながらも、夢を追っていくらしい。

元の業種に戻るのは送り出してくれた人に申し訳ない気持ちもあるが、結局、自分の好きなことをやるのが正しいのでは?と悟ったのだと話す。

妻子があって、家のローンもある中の転職。僕だったら、決断できないだろう。

聞けば、この日12月13日が40歳の誕生日。

「じゃ、ハッピーバースデーに、これ、どう?」
僕が花の入った箱を差し出すと、
「いらない」とG。
一蹴された。

そりゃ、そうだろうなぁ。花はうれしいけど、宴会シーズンで混雑している電車に乗って、持って帰るのは至難のわざだ。

実際、持ち帰るのは罰ゲームのようだった。通勤快速(2駅しか停車しない)に乗れたのでよかったが、それでも周囲には気を遣った。駅からのバスは満員。何度「すみません」といったことだろう。

ある人から贈り物の極意を聞いたことがある。

それは重くて、大きい物を贈れということ。そうすれば、貰った人は忘れないから。

実際、酒瓶1ケースをもらったことがある。東京の外れから、また東京の外れの会社まで電車を乗り継いで、持って帰った。

理屈には頷くところもある。確かに何を貰ったかは忘れない。しかし、貰った方はうれしくも苦痛だったりする。出来れば、宅送してくれぃ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

カバーオンカバー〜ほぼ日手帳

08年の手帳をどのタイミングで使うかは難しい。「元日から」が気分はすっきりするが、手元にあるのに、使わないなんて、ね。

というわけで、ほぼ日手帳を使い始めてます。これが素晴らしいのはバタフライペンホルダー。

カバーの両方にホルダーがあって、ペンを差し込むと、手帳が開かないようになっている。これは手帳界におけるノーベル賞級の発明だと思う。

しかも、ホルダー部分はゆとりを持って作られていて、軸の太さを選ばない、と来ている。太軸のラミー2000もきちんと収納できるのだ。


【30%OFF】【送料無料】【ラミー】【LAMY】 ラミー2000 L401 4色ボールペン #21991【クリスマス セール】 1122ダッシュ【学生割引071221】【2007冬ボーナス】カードOK【2007冬ボーナス】セール



20071213174006_3

手触りを味わう革製カバーでないのなら、カバーオンカバーも面白い。これはカバーに透明カバーを被せるというもの。表紙にポストカードサイズの写真を挟み込むことができる。

目下、「ブレード・ランナーファイナルカット」のポストカードを差し込んでいる。12月はこれ、1月は別の映画もの、なんて差し替えたら、月刊誌みたいで面白いじゃないか。

家族写真というのも、アリ。すぐに使う時刻表なんかは裏ページに挟むとか、TODOリストのメモを突っ込むのもよし。いろんな応用が効く。

08年は、ほぼ日手帳に、モールスキンという組み合わせでいこうかと思っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のイルミネーション

ご近所ではクリスマス・イルミネーションが流行っています。近くのマンション、戸建ての住宅。それぞれのライトが住宅地を照らす。

街灯がない我が住宅地はイルミネーションが明かり代わりだ。暗い分、それらが際立つ。

坂を上がって、家に近づくと、帰ってきたんだなぁと思う。

イルミネーション2
隣の家のイルミネーション。右側が我が家

ある時、向かいのご主人がフェンスにイルミネーションを取り付けていた。
彼は「今年はこれで最後です」と照れ笑いを浮かべた。
なんか浮かれてるみたいで、恥ずかしかったのかもしれない。

でも、浮かれてもいいのではないか。うきうきすることは悪いことではない。町が明るくなれば、住む人の心も豊かになる。

クリスマスイルミ

イルミネーションにちなんで、こんな映像を作ってみた。24秒だけ時間をください。

配偶者によれば、イルミネーションはお宝ドットコムという店が安いらしいです。

LEDのイルミネーションを探す。

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 52,191円 (税込 54,800 円) 送料別

 クリスマスプレゼント、パーティーにおすすめ!
ガーデンイルミネーショントナカイガーデンクリスマススティック 限定LED仕様レインボーツリー限定フロストコンチネンタルツリー
楽天市場クリスマス特集へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスアップ〜より具体的な人気テーマに書き込む

引き続き、アクセスアップについてです。ちなみに僕のブログは昨日は700越えでした。もっと上の方はたくさんいらっしゃるので、書く資格があるかどうかは自分自身、疑問です。

アクセスアップにはちゃんとした理論があって、検索サイトに上位リストに拾われるのが大事のようです。これをSEO対策というようですが、僕は主体的に対策を講じたことはありません。

理由は
1)僕が不勉強なこと
2)勉強する気がないこと
でしょうか。

なにやらシステムはよく変わるみたいなんで、その度に、こちらで書き替えるのが面倒くさそうだなぁというのもあります。

まあ、普通に書いていれば、ある程度検索サイトも拾ってくれるだろうという甘い考えもあります(汗)。

楽天ブログはブログ別のカテゴリーがあって、その下に記事のテーマが用意されています。

ちなみに、このブログは「生活・インテリア」のカテゴリーに所属しています。これが正解かどうかは分かりません。

カテゴリーのページを開くと、左側にテーマとカテゴリー別のランキングベスト50が掲載されていますね。
このテーマを選ばないで記事を書かれている方がいますが、これはアクセスアップの観点から言うと、非常にもったいない。

テーマに投稿される方は自分と同じようなところに関心を持っている方々です。

読んでくれる可能性も高く、記事を通じて、買い物をしてくださる可能性も高い。積極的に使うべきです。

ただ、テーマ選びは考えた方がいいと思います。

例えば、仕事の愚痴を書いたとしましょう(僕は書きませんが)。

それを「独り言」「つぶやき」といったテーマに投稿する。これはやめたほうがいいと思います。

このテーマ、そもそも僕は読みませんよ。理由はあえて書かないけど。

もしかしたら、そこに書かれた方はあんまり読まれたくないのかもしれません。それなら、問題なしです。「王さまの耳はロバの耳と」と叫びたい時はいいかもしれません。

内容が仕事の愚痴、悩みだったら、「仕事の話」といった内容に投稿します。こちらの方がより具体的でしょう。

差し支えなければ、もっと業種を絞り込んだテーマに書き込むと、より話を理解してもらえそうな気がします。

たとえ、書いた内容が「呟き」であったとしても、誰かに聞いてほしいから、ネットに公開したのでしょう?

もし、コメントをもらえて、励まされたりしたら、それはそれでうれしいんじゃないでしょうか。

投稿テーマはより具体的に、しかも人気があるところへ、というのはポイントのように思えます。

楽天から新ブログに移ります。以後、ブックマークをしていただければ幸いです。

検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/



検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/13 隠れ家作り(65)〜引き戸解決編



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

稲見一良「ダブルオー・バック」

稲見一良さんは絶版の多い作家だ。記念すべきこのデビュー作も絶版。ただ、読者からの人気は絶大で、マーケットプレイスでも高値がついていることでも分かるだろう。

「ダブルオー・バック」とはポンプ・アクション6連発銃のウインチェスター・M12のこと。この1丁の銃が次々と人の手を渡り、4つの話をつむいでいく。

第1章は病気でスタイルを失って、銃の腕前を落とした中年男の話、第2章は都内を捨てた男と息子の交流、第3章は悪徳養豚場経営者をやっつけるマスターの痛快劇、第4章は北朝鮮のスパイ事件に巻き込まれた老人の話。それぞれ短編としても魅力的だが、僕は2、1、4、3の順で好き。

また、どうやって銃が次の人の手に渡ったかが、会話で語れる断章も面白い。

この本を読むには、図書館で借りるか、ブックオフなどでこまめに探すか、マーケットプレイスを利用するしかない。

最近では復刊ドットコムというのもあるので、ここでリクエストをかけるのも手かも。いい本がすぐに読めないというのは寂しい。


これも本好きには面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷彩好き〜Gショックも手帳も…

20071212133936
アーミー好きというわけではないが、迷彩柄が好きだ。柄にバリエーションがある時はついつい迷彩を選んでしまう。

来年の手帳、ほぼ日手帳も迷彩柄。ペンはラミー2000の4色ボールペン。お気に入りの文具で「武装」して、お仕事というわけです(笑)。


【30%OFF】【送料無料】【ラミー】【LAMY】 ラミー2000 L401 4色ボールペン #21991【クリスマス セール】 1122ダッシュ【学生割引071221】【2007冬ボーナス】カードOK【2007冬ボーナス】セール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YouTube、ニフティ共有動画サイトの画質比べ

前回の記事で紹介した動画はニフティ動画共有サイトにアップしたもの。今回はYouTubeにアップした同じ動画を掲載してみた。

まったく同じものだが、YouTubeの方が解像度が悪い。

作者にしてみると、ニフティで見ていただきたいというのが本音。これは個人的なこだわりで、見ている方は気にしないのかもしれないが。

しかし、ニフティの方が優れているかといえば、そうでもないのが不思議。以前、ニフティにアップした動画は静止画をつないだ部分にノイズ音が出ていた。原因は不明だけど、元は無音なので、エンコードの問題なんだと思う。

YouTubeにアップした動画
KEMIGAWA RADIO STATION STANDS ALONE 異空間・廃墟・検見川送信所

ちなみに、ニフティにアップしたものはスタッフがピックアップする「おすすめ動画」に選ばれた。2度目の栄誉だ。

ほぼ同時にアップしたが、12日1時15分現在、回転数はYouTube17回、ニフティは66回。

テレビや映画の人気動画ならいざ知らず、こうしたオリジナルコンテンツを見てもらうのはなかなか大変なことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人のブログを見て回る

アクセスが少ない。だから、モチベーションが上がらない。こういう人は少なくないと思う。

そんなことを思うのは、僕自身がそうだったからです。読まれない物を一生懸命書くのに、何の意味があるのか?

しかし、考えてみてください。僕ら大抵の人々は有名人ではありません。誰が興味を持つでしょうか?興味を持たない、ブログが読まれないのは当たり前の話ではないでしょうか?

1日のアクセスが50だとしても、100だとしても気にすることはないのです。

ここは内に籠らず、むしろ、外の世界に打って出てみようではありませんか?

アクセスアップのコツその2は、他人のブログを読むことではないかと思います。他の方のブログにはヒントがあります。気になる記事があったら、コメントをしてみる。

我が身に振り返っても、何らかのコメントを頂くのはうれしいことです。例え、それが反対意見であってもね。

賛成意見を書くのは容易なことです。しかし、意見を無視しないで、あえて反対するというのはちょっとした勇気が必要。これは歓迎すべきことではないですか。

自分に興味を持ってもらうには、まずは他人に興味を持つこと。そこから生まれることは大きいと思います。

しかし、いけないコメントもある。

例えば、こんなやつ。

「興味深い内容ですね。大変勉強になりました。こんなブログをやってます。よかったら、遊びに来てください」

この手のものを何度かいただきました。

明らかに使い回しの一方的な宣伝文。一応、義理を果たしに、そのブログを見に行きましたが、ほとんどは「書き込みありがとうございました」という書き出し。この人はコピペでいろんなところに書き込んでたみたい。

一時的な効果はあるでしょうが、その次はないですよね。

楽天から新ブログに移ります。以後、ブックマークをしていただければ幸いです。

検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/



検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/12 隠れ家作り(62)〜ヒートン



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

テスト投稿をかねて、検見川送信所

楽天ブログの不満が蓄積し、こちらに移ってきた。タグの禁止事項もなく、アフィリエイトも使えるようだ。

ということで、12月某日朝、検見川送信所を歩いた時に撮影した映像。

2分半ほどの内容なので、まずは見て欲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

07年12月 異空間・廃虚・検見川送信所

送信所前の銀杏の葉も落ちただろうと、12月のある朝、撮影してきました。工事車両が入り、砂利が敷かれるなど様子が一変していました。今回の映像は建物が放つオーラにフューチャーしてみました。毎回思うのですが、不思議な空間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天ブログでいかにアクセスを伸ばすか?

「アフィリエイトでおこずかい稼ぎ」

そんなキャッチフレーズに惹かれて、ブログを始めると、割と早い段階から挫折します。



この手の本はたくさん出ていますし、僕もいくつか読みましたが、本の通りにうまくはいきませんねぇ。

僕がこの楽天ブログを始めたのはちょうど3年前の12月。かくいう僕も、アフィリエイトでお金を稼いでいる方の存在を知り、ブログでこずかいができればいいなぁと思っていました。

しかし、1か月、2か月、3か月と経っても、つくポイントは微々たるものでした。

ブロガー初心者には何度かの壁があると思います。最初は書いても、読まれないということでしょう。

文章を書くのはホネの折れる作業ですが、その労力に対して見返りはそんなには多くはない。
そのうち、イヤになってしまうわけです。

ですから、最初は自分の記録のためにブログを書くくらいの気持ちで始めるのがいいと思います。誰かが読んでいると思えば、プレッシャーにもなりますし、書きたいことを抑えて書くのでは面白くないでしょう。

自身のことを棚に上げて書きますが、僕がみなさんのブログを読んで、面白いと思う記事はなんらかしらの本気感、本音が伝わってくるものです。

逆につまらないなぁと思う記事は、アフィリエイト商品を並べているだけのものです。この人は実際には買っていなくて、本当は欲しいとも思っていないんだろうなぁと分かると、読む気すらなくします。

さて、表題の「どうやって楽天ブログでアクセスを伸ばすか」についてです。

僕はこれまで楽天ブログについての不満を書き並べてみましたが、楽天ブログにはほかのブログにはない素晴らしい点もたくさんあります。もとい、たくさんではないかもしれませんが、いい点はあります(笑)。

それはブロガー同士の交流でしょう。楽天はブロガー同士が近づけるような仕掛けをいくつかしています。

アクセス解析はないに等しいですが、「アクセス記録」を見ると、楽天ブロガーの足跡が簡単に見ることができます。(これを利用して、自動巡回でアクセスを誘引しているブログもあるみたいですが、そういうのは無視してかまわないと思います)。

また、「お気に入りリンク」という機能もあります。これに登録されると、ほかの方のブログのトップページに、更新された順に表示されていきます(右上に表示中)。同じ趣味、興味を持っている方と相互リンクできると、双方にメリットが生まれます。気になるブログがあれば、「お気に入りリンク」に登録させてください、とメッセージを送るのもいいかと思います。事情がない限り、相互リンクしてもらえるのではないでしょうか?

この「お気に入りリンク」は最大50件までしか登録できませんが、50のブログと相互リンクできるようになると、アクセス数も変わってきます。

もし、50件に満たないのでしたら、これを埋める努力をされてみたらいかがでしょうか?


楽天から新ブログに移ります。以後、ブックマークをしていただければ幸いです。

検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/



検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/11 隠れ家作り(60)〜一体、いくら使ったのか



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

楽天アフィリエイトの不思議

勝手ながら、楽天ブロガー感謝週間実施中です。楽天ブログを運営していて、ひそかに思っていながら書かなかったことをぶっちゃけています。少しでも、楽天ブロガーのみなさまの参考になればと思っています。

さて、毎月10日はアフィリエイトポイント付与デイ。僕のブログは文具、DIY、ガーデニングと変遷していますが、今夏、検見川送信所の利活用問題を取り扱うようになってから、アフィリエイトの成績はさんざんたるもの(涙)。

春ごろ、25000ポイントをゲットしたのを契機に一気に下降線。この数ヵ月は10000ポイント割れとアフィリエイトはおまけのような存在でした。(それでも、恩恵にあずかっているほうかもしれません)

今回も期待していなかったのですが、どうにか10000ポイント越え。なんとか何かをまとまったものを買えそうな額にはなりました。

みなさんもご存知だと思いますが、楽天アフィリエイトは非常に不明瞭なシステムだと思います。

1)何度理解しようとしても、このポイント確定前、確定後の違いが分からない。
2)詳細を見ても、何が売れたのかは分からない。

はっきりいって、楽天のアフィリエイトシステムは問題ありありだと思います。

僕はアマゾンのアフィリエイトも利用しています。こちらはホームページからのリンクが主で、モールスキンというノートを中心に扱っていました。

アマゾンのアフィリエイトは一生懸命やっていなかったせいもあって、微々たるものでしたが、その売り上げの詳細ははっきりしていました。ブログで取り上げていたモールスキンを中心に、自分が取り上げたビジネス書が売れていました。

一方、楽天ですが、ショップ名はあって、金額はあっても商品名はありません。もし、何が売れたのかを知りたいなら、ショップのページを訪れ、値段から当て推量するしかありません。

これって、おかしくないでしょうか?

楽天はアフィリエイト対策をいろいろと推奨しますが、僕らユーザーが知りたい情報は自分のブログから何が売れているのか、ということではないでしょうか?

ニーズがあれば、ニーズにあった対策を打ち出すこともできます。

しかも、売上はよく分からないところ(ブログで紹介していないもの)から出ていることも少なくありません。

もちろん、「もらえるものは病気以外なんだってもらう」という家訓(?)にしたがって、いただいちゃうわけですけどね。

次回以降、僕なりに考えた楽天でのアクセスアップの方法、アフィリエイトの成果の出し方を書きたいと思います。

といっても、この記事自体ニーズがあるかは分かりませんけどね(汗)。


楽天から新ブログに移ります。以後、ブックマークをしていただければ幸いです。


検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/


検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/10 隠れ家(ガーデンハウス)作り(57)〜100円ショップグッズでクリスマス



| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

絶版も紹介したいから〜楽天ブックスVSAmazon

みなさんは楽天ブックス、Amazonのどちらを利用しますか。

僕はケース・バイ・ケース。ポイントがあれば、楽天を使うことが多いかも。ただ、楽天には在庫がないこともしばしば。在庫数ではAmazonの圧勝ですね。

買い物もそうなんですが、ブログを書く時に困るのが絶版の扱い。楽天では商品リンクはあっても、「在庫なし」と表示される。これでは、オススメ商品もおすすめしにくいわけです。

僕は稲見一良という作家のデビュー作「ダブルオー・バック」(絶版)を紹介したかったのですが、楽天ではやっぱり「在庫なし」。

一応、リンクはあります。

ダブルオー・バック

そこへ来ると、amazonは業者、個人が中古品など売りに出している「マーケットプレイス」がある。amazonはここでの売り上げもアフィリエイトの対象になっています。

しかも、紹介率は楽天ブックス1%に対して3%。楽天の紹介料は低いように思えます。

楽天ブログのアクセスはほかのブログに比べ、かなりいい。初心者ブロガーにもやさしいシステムがあり、会員同士が交流できる仕組みは素晴らしいです。しかし、あと一歩なんですよね。

というわけで、新ブログはこちら。


検見川レイディオ
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/



こちらで、稲見一良「ダブルオー・バック」を記事化しました。

検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/9 隠れ家(ガーデンハウス)作り(53)〜リスボンで買った呼び鈴、サインボード





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

楽天ブログでできなかったこと〜動画の貼り付け

約3年間の楽天ブログ生活で、楽天ブロガーの方々には大変お世話になった。しばらく、楽天ブログで思ったこと、運営者に改善してほしいと思っていることを綴っていきたい。ブロガーの方の参考になれば、幸いです。

不満の積み重ねは以前の記事にまとめた。コメントをいくつかいただいたということはみなさんも同じように考えているということではないかと思う。楽天運営者の方々は真摯に受け止め、改善してほしい。

僕が楽天以外でブログを立ち上げようと思ったのは、動画を取り扱うことになったのが大きい。

僕は廃墟になっている検見川送信所を文化遺産として正しく扱い、利活用できないかと提案を続けているが、この建物をより分かってもらうには動画で見てもらうのが一番だと思い、いくつかのショートムービーを製作した。


動画でも使用した検見川送信所の写真

楽天でも動画はアップできるが、最大3MBと話にならない。

張り付ける場合はリンク先をコピペすることになるが、実体が見えないと訪問者がクリックする可能性が低い。自分自身に振り返ってみても、ブログからワンクリックして進むにはちょっとした”覚悟”がいる。

それを払拭するには、先に何があるのかを予め見せておくことだと思った。というわけで、ユーチューブからキャプチャーした画像を張り付けた。もちろん、作り手(僕)には手間だし、それでも、訪問者はクリックしないかもしれない。

ユーチューブにアップしてみて分かったのだが、人に動画を見てもらうのは「労多くして功少なし 」である。クリック数は一般のブログに比べて少ない。もっと工夫が必要なんだと思う。それを動画貼り付けができないブログで続けることは無理だと感じたのだ。

たとえば、こんな感じ(このキャプチャーは僕がやったのではないが)

検見川送信所についての動画↓


引っ越し先のfc2ブログでは動画はタグを張り付けるだけで済む。

例えば、新ブログ「検見川レイディオ」では、動画サイトで画質が良いのはどこか?なんていうことも書いてみた。

YouTube、ニフティ共有動画サイトの画質比べ

こういうものは動画を張り付けられないブログで書いても、リアルに伝わらない。

というわけで、新ブログはこちら。

http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/












去年の日記は?


2006/12/8 隠れ家(工房)作り(49)〜スケルトン壁





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

楽天ブログやめます

前回の「楽天ブログから撤退か」では、いろいろとコメントを下さり、ありがとうございます。

結局、今後はシンさんが紹介してくれたfc2ブログで展開しようと思います。

新しいブログ名は「検見川レイディオ」
http://kemigawaradio.blog17.fc2.com/

新しいショートムービーもアップしました。

今まで通り、検見川送信所の問題もガーデニング、DIY、書籍、音楽、映画の話題も書いていきます。

と書きながら、楽天ブログで更新することもあるかも。その辺は臨機応変というか、いい加減なもので。

しばらく見てもらえれば、僕のやりたかった方向性も分かってもらえる気がします。

楽天ブログの方はこのまま残しつつ(というのも、楽天では過去記事のバックアップすら取れない)、新規展開を考えていきます。もし、よかったら、引き続き、ブックマークしていただければ、幸いです。こちらからも、順次ブックマークさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

検見川送信所についての動画↓










去年の日記は?


2006/12/7 隠れ家作り(48)〜二枚ドアの取り付け



| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

楽天ブログから撤退か?

久々に楽天ブログを開くと、新機能として「下書き」というのが出来ていた。
多分、僕は使わないなぁ。

もうすぐ3周年を迎える楽天ブログだけど、そろそろ引っ越しかなと思っている。

いくつか不満が重なっているのだ。

1)画像置き場が50MB
既にいっぱい。この容量はほかのブログと比べても少なすぎ
動画用にも同様に最大3MBという制限がある。

2)タグに制限がある
自由度が低い。特に動画リンクを貼れないのが痛い。

3)アフィリエイト
運営、ポイント付与が不透明
確定前と確定後の開きが余りに大きいことには長い間、疑問を持っていた

4)検索窓の変更は改悪
以前は自分のブログを検索できたが、新システムではブログ全体を検索しかできなくなった。タグ検索は使い勝手が悪い。

5)アフィリエイトの新機能
キーワードを入力すると、別窓が立ち上がり、ブログへの挿入もボタン一つというのが売りだが、ヒットする数が少ない。アフィリエイト画面で検索して出てくるものが引っ掛かってこない。しかも、禁止文字が勝手に入って、書き込みエラーが出る。これは重大なバグだろう。こんな症状が出たことないですか?

6)メンテナンスが多すぎ
土日の深夜帯はブロガーの視聴ゴールデンタイムではないのか?

この際、はっきり書くと、楽天が何度も行ってきたシステム改訂は改悪に次ぐ改悪でしかなかった。

もっともやってほしかった画像置き場の拡張はついになく、旧画像置き場は廃棄すらされ、古い日記の画像にはリンク切れさえある。他のブログでは出来て、楽天ではできないことが非常に多い。

以上はこの3年間、感じてきたことだが、それでも楽天に固執したのは、ここで築いた人間関係がよかったからだ。

ヒット数もほかのブログよりも総じていいような気がする。それは楽天がブロガー同士の交流ができるシステムを作ったことが大きいと思う。

僕は今夏、地元に埋もれている近代遺産・検見川送信所を知ろうと声を上げた。地元自治会の方もイベントの中で「送信所は地元でもよく知られていたわけではなかった」とおっしゃっていた。地元ではない方には、もっとよく分からないものだったと思う。それでも、バナーを貼ってくれたり、応援してくれたのが楽天ブログの友人たちだった。

次なるブログは画像置き場にもなっているniftyのココログと決めているのだが、どうしようかと心が揺れている。

musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

検見川送信所についての動画↓




「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/5 隠れ家作り(45)〜上部のドアの設置



| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

HDD・DVD・VHSビデオ一体型レコーダー DV-ACV52

友人のブログ経由でイーベストPC・家電館で購入した以下の商品が届いた。


 在庫有!【送料無料】シャープ ハードディスク・DVD・VHSビデオ一体型レコーダー 【DV-ACV52】DVACV52 DV-ACV52
eBEST価格 66,477円 (税込 69,800 円) 送料込

当時は最安値だったけど、いまチェックしたら、家電のSAKURA 楽天市場店の方が2000円安かった。クリスマスセールとか。


『激安!Christmas sale開催中』シャープ【送料無料】250GB HDD搭載VHS内蔵ハイビジョンDVDレコ...
SAKURA価格 64,572円 (税込 67,800 円) 送料込

これは書斎用。パソコンがインターネットAQUOSなので、i Linkの連携を狙って、シャープ製。かなり、術中にはまっています(汗)。


SHARP インターネットAQUOS LD-20SP3+PC-AX50M【20V型デジタル液晶TV+PC】
価格 124,000円 (税込) 送料別

これで、ダブルレコーディングもできるらしい。多分、僕は使わないが、家人からのリクエストはありそうな気が。

僕が選んだ主な理由はビデオテープのバックアップ。今や、DVD全盛期だけども、家にはビデオテープがいっぱい。DVDにもなっていない作品もいくつもある。娘を撮ったビデオテープ、学生時代に撮った8ミリ映画をビデオ化したもの。こんな物もDVD化させておきたい、と思ったからだった。

まずは8ミリ映画をDVDにダビング。これはボタンひとつでカンタンだ。レコーダーではバッチリ見られたが、パソコンで読み込めない。フォーマットの方法が問題だったのか?う〜む、最近の家電は難しい。まだまだ使いこなせていないのであった(汗)。

検見川送信所についての動画↓




musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/4 隠れ家作り(42)〜ガレージライフ風?撮影



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

検見川送信所に国境はない

みなさん、お久しぶりです。1週間ほど日記を溜めてしまいました(汗)。

先日、検見川送信所でお会いしたフランス人カメラマンのルイさん。ひょんなところで再会した。

11/27 フランス人も知っている検見川送信所

といっても、ネットでのお話。

YouTubeでルイさんのチャンネルを発見。この中に当日、ルイさんが撮影した検見川送信所の動画もあった。

僕はここにメッセージを書き込み、僕が作った英語圏向けのショートムービー(↓クリックすると、リンク先に飛ぶ)を紹介した。



すると、この動画にメッセージをいただきました。

very nice and interesting project, indeed, Kemigawa radio transmitter deserves to be saved.
Such a nice place and historic place for Japan
(とてもナイスで、興味深いプロジェクトです。本当に。検見川送信所は保存に値します。ナイスな場所で歴史的な場所ですね)
↑訳はテキトー。

日記を書いている12月8日はジョン・レノンの命日。
ジョンも言っている。

国境なんてない、てね。


ジョン・レノン イマジン ポスター 

You may say I'm a dreamar
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

僕はジョンほどの深い考えはなく、楽しいことをやろうってことなんですが。

検見川送信所についての動画↓




musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/3 隠れ家作り(38)〜雨樋の逃げの部分




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

検見川送信所、YouTubeで公開中

「ほぼ満月ただの月見@検見川送信所」の模様を7分半のショートムービーとしてまとめた。

ただいま、YouTubeにて公開中。



この日のビデオは某テレビ局の番組で取り上げてもらえるはずだった。しかし、持ち込みから1週間後、担当の方から「編集者からストーリーが作れないと言われました。申し訳ありませんが、今回は見送らせていただきます」との電話が入った。

撮影したのはブログ仲間のまさやんさん。その場で急きょお願いしたものだった。放送されないことよりも、まさやんさんにどう告げたらいいのか、このことの方が僕にとっては気になった。結局、正直に告げたけど。

当日は台風で肝心かなめの「送信所でお月見」の部分がない。しかも、映像のほとんどは講演と出席者のしゃべりである。そう考えると、編集が難しいところもある。

テレビ局の担当の方は、持ち込み映像の撮影のコツを伝授してくれた。

1)カメラは固定する
2)同じ構図で15秒以上撮る
3)ズームは使わず、寄って撮る


なるほど。これはこれで教訓になった。そういわれると、この”コツ”から外れている映像も少なくない。しかし、僕はこう思う。手ぶれ、ズームはカメラマンのエモーション(感情)である。スティーブン・ソダーバーグ監督の「トラフィック」、テレビドラマ「24」なんて、手ぶれしっぱなしだ。


トラフィック
ロスで見た。英語でよく分からないところもあったが、面白かった。帰国後、さらに字幕付で見た。


シーズン5まで見たが、6はまだ。このシリーズに外れなし。


24 TWENTY FOUR シーズン6 DVDコレクターズボックス

ともかく、この映像を日の目に当てたいという思いがずっとあった。

まずは、まさやんさんにお見せしたく、4分半の暫定版をニフティの動画共有サイトにアップしたところ、ニフティのオススメ動画にピックアップされた。

可愛らしい猫の映像に交じって、検見川送信所のドキュメンタリーがラインナップされている(笑)。こっちはあくまで未完成版だが、それでも見てもらえれば、うれしい。(というのも、静止画の部分に、あるはずのないノイズがある。原因は不明)僕のお薦めは7分半のバージョンの方ではありますが。



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/2 隠れ家(工房)作り(36)〜全体像はこんな感じ



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

ほぼ満月ただのお月見@検見川送信所

前回の「検見川レディオvol.0」のロングバージョン。静止画再生中にノイズがあるのが気になります。字幕スーパーに、決定的な誤りがあります。開催したのは「11月」ではなく、「10月」の誤り。再編集の予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブレードランナー ファイナルカット

少し前のことになるが、新宿バルト9で「ブレードランナー ファイナルカット」を見てきた。すぐにDVDが出るが、やっぱりスクリーンで見ておきたかった。


2007年12月14日発売≪発売延期≫『ブレードランナー ファイナル・カット』製作25周年記念エディション HD DVD
当店通常価格 4,980円 (税込)
価格 4,482円 (税込) 送料別


【送料無料!2007年12月14日発売予定】「ブレードランナー ファイナル・カット」製作25周年記念エディション【BD】


【2007年12月14日発売】初回限定生産『ブレードランナー』製作25周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション(5枚組)
価格 11,100円 (税込) 送料別

言わずと知れたSF映画の金字塔で、公開当時、映画館で見た。シド・ミードの描く未来都市に興奮した。改めて見てみても、圧巻だったが、今見ると、テンポは少しスローに思えた。

この映画にはいくつかのバージョンがある。公開版、ディレクターズカット版。大幅に違うのはラストシーンで、公開版はヘリコプターによる空撮で終わった。確か、「シャイニング」のカットを流用したはず。実は僕はこの劇場公開版が一番好きだ。なぜだろう?

リドリー・スコット監督はこれに不満で編集をやり直したかったと聞く。映画監督の中には「自分の映画にバージョン違いなどありえない」という人もいるが、僕はスコット監督の気持ちがよく分かる。

実はいま、ドキュメンタリーのショートムービーを編集している。一通り、繋ぎ終わった時は、これで完成と思うのだが、見直すと、カットのつなぎ、音のタイミングなど細かいことが気になる。

脚本家のニール・サイモンの「書いては書き直し」という本ではないが、繋いでは繋ぎ直しである。


書いては書き直し

検見川送信所保存計画ショートムービー

What's Kemigawa Radio Transmitting Station?”(1分)




10/17 検見川送信所を見に行く(約1分)



YouTube完全活用本


YouTube革命



musenhozon.jpg

日本初の国際放送を行うなど日本の通信に大きな貢献をした近代化遺産・検見川送信所が取り壊しの危機にあります。これを保存、再生できないかを考えるプロジェクトです。

賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://moleskine.air-nifty.com/photos/kemigawamusen/" target="_blank"><img src="http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/47/0000060947/20/img2159e7f1zik6zj.jpeg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

「検見川送信所を知る会」では仲間を募っています。入会していただける方はこちらのメールフォームから「入会希望」と明記の上、

お名前(ふりがな):
ご住所:〒
電話番号:
メールアドレス:

をお知らせください。

メールマガジン「検見川送信所J1AA通信」を購読していただける方は以下のURLからお申し込みください。
http://www.mag2.com/m/0000246340.html
バックナンバーも読めます。

検見川送信所についてはここで過去記事をまとめています。







去年の日記は?


2006/12/1 隠れ家(工房)作り(36)〜全体像はこんな感じ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »