« 自主映画再び | トップページ | ウインドウズが重い時は »

2007年12月23日 (日)

ビスタ使えない

大学時代に監督した自主映画の16年ぶりの再編集をしている。これがパソコンが得意ではない僕にとってはなかなかの難作業(汗)。

まずはビデオ・HDD・DVD一体型のレコーダーでビデオからDVDにダビング。説明書通りこなし、その機械では見ることができた。


『激安!Christmas sale開催中』シャープ【送料無料】250GB HDD搭載VHS内蔵ハイビジョンDVDレコ...
SAKURA価格 64,572円 (税込 67,800 円) 送料込

しかし、パソコンではDVDレコーダーがキュルキュル言うだけ。フォルダを開くことさえできない。説明書をよく読むと、ファイナライズという最終作業が必要だと分かった。2、3分で終わる作業の存在を知るまで1、2週間もかかってしまった。

しかし、DVD化したところで、そのまま編集することはできない。DVD化すると、VOBファイルに生まれ変わる。

このVOBファイルはビスタ内蔵のムービーメーカー、アドビの編集ソフト「プレミア」では未対応。どこかで変換ソフトを入手するしかない。

動画変換ソフトはコピー文化の恩恵か、ネット上にたくさんのフリーソフトが存在する。

しかし、ほとんどのソフトがビスタに対応していない。試しにインストールすると、エラーが出た。

ビスタというOSは本当に曲者。ソフトを予想以上に選ぶ。ビスタしかいれていない人は苦労すると思う。ここまでひどいと分かっていたら、買わなかった。OSはXPがいいと思う。

1階においたXPパソコンでAVIファイルに変換させたまま家を出た。帰宅した頃には終わっているはず。

画質を保ちたかったので、圧縮率の低いファイル形式を選びたかったのだが、よく分からなかった。本当はどのソフトを使って、どの形式にすればよかったのか?

|

« 自主映画再び | トップページ | ウインドウズが重い時は »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40737118

この記事へのトラックバック一覧です: ビスタ使えない:

« 自主映画再び | トップページ | ウインドウズが重い時は »