« 風流時圭男 | トップページ | 楽天ブログ引っ越しツール »

2007年12月21日 (金)

オール電化ってなんだ?

我が家はオール電化になった。先日、セールスマンが営業にやってきて、話を決めた。

以前はソーラー発電の話も来たが、これは設備投資の割に、返ってくるものが少なかったので、詳しく聞くまでもなかった。

我が家の1か月の電気代は1万円強。ガス代は4000〜7000円。高熱費で17000円くらい使っているらしい。三人家族としては高い。配偶者も夜型の生活を送っているからだろう。

いま話題のオール電化だが、その良さはどれくらい浸透しているのだろうか。

正直、僕は知らなかった。
そもそも、オール電化という考え方は「電気を大切に」という宣伝で育った者にはやや混乱がある。

オール電化にしたら、電気の消費量が増えてしまうではないか、ガスと併用する方が電気のためには、いいのではないか?と思うわけだ。

また、配偶者は調理のことを心配した。電気で調理するって、どういうこと?という感じ。

それにフランベ(鍋に火を入れるやつ)ができないのはいやだ、と言っていた。

オール電化が節約になるというのは契約プランの変更によるものだ。

我が家の場合、従量電灯Bという契約である。これは使いだしは安くて、一定量を超えると、使えば使うほど高くなる。

東京電力の電気料金メニューはこちら

オール電化の場合、この契約そのものが変わる。大抵は50アンペアとか60アンペアに設定されているが、このアンペア数は上がる。しかし、料金設定そのものに恩恵を受け、特に深夜帯の料金がグンと安くなる。

この安い深夜帯に屋外に設置したタンク内でお湯を沸かして、ためる。ガス代の多くは湯沸かしによるものだそう。

オール電化を導入されている方、実際の光熱費はいかがですか?

|

« 風流時圭男 | トップページ | 楽天ブログ引っ越しツール »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40737098

この記事へのトラックバック一覧です: オール電化ってなんだ?:

« 風流時圭男 | トップページ | 楽天ブログ引っ越しツール »