« 検見川送信所CGムービーとツェッペリン伯号 | トップページ | アロエの花 »

2008年1月22日 (火)

ツェッペリン伯号は検見川上空を飛んだか?

分離派建築博物館のきくちさんが作ったCGパースに、ツェッペリン伯号が描かれてる。

これが非常に琴線に触れた。ツェッペリン伯号と検見川送信所の邂逅については前記事で紹介したが、ツェッペリン号が検見川上空を飛んだとすれば、もっとおもしろいと思った。

ツェッペリン伯号の航路は当時の新聞に大きく紹介された。

これによると、検見川近くを飛んだかのようにも見える。そうでないにしても、当時は高い建物は少なく、東京の方まで見渡せたという。空も澄み切っていただろうし、何よりも検見川無線はツェッペリン伯号と交信をしたわけだから、飛んでいる方向を目視しようと試みた職員もいたのではないだろうか。CGパースに描かれた光景は、はずれてはいないのではないかと思う。

下の映像はNHKが製作したドキュメンタリーのようだ。

ここにはツェッペリン伯号の来日(2:47)、浜口雄幸首相が国民に緊縮財政を訴えるラジオ放送の模様(8:17)が出てくる。浜口首相はその風貌から「ライオン宰相」と呼ばれた信念の人物。小泉首相時代、よく比べられた。小泉首相もメディア戦略にはたけていたが、ラジオを有効利用した最初の首相は浜口首相だったのではないか?

このラジオ放送は検見川送信所が行った国際放送以前に行われたものであるから、NHKのアーカイブスには国際放送当日の模様が残っているような気がする。


浜口雄幸首相の生き様は城山三郎の「男子の本懐」に詳しい。

男子の本懐男子の本懐
(1983/01)
城山 三郎

商品詳細を見る

|

« 検見川送信所CGムービーとツェッペリン伯号 | トップページ | アロエの花 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40737164

この記事へのトラックバック一覧です: ツェッペリン伯号は検見川上空を飛んだか?:

« 検見川送信所CGムービーとツェッペリン伯号 | トップページ | アロエの花 »