« 「検見川送信所〜past,now,future〜」プロダクションノート | トップページ | オリンパス DS-60の実力 »

2008年2月26日 (火)

春の闘い

昨秋から組合の執行部を務めています。昨日、会社に要求を提出し、いよいよ春闘が始まりました。

副書記長という立場。言ってみれば、最前線に立つ裏方でしょうか。

「検見川送信所を知る会」事務局長、街灯管理組合組合長もやっていますが、こうした活動が好きで、やっているわけではありません。

40歳を目前に控え、社会貢献を考える年になったということでしょうか。やっぱり、誰がやらなきゃ、何も変わらない、という思いです。

組合に関しては、入社以来、なんだか大変そうなことをやっているなぁとは思っていましたが、完全に他人事。昨夏、先輩から「執行部に入ってくれ」と言われ、引き受けたという次第。

約半年、経験させていただきましたが、正直、騙された(笑)。会社側との交渉の窓口になるわけで、折衝も多く、組合ニュースなども書かなきゃいけない。

気が付けば、元上司が総務に異動になって、交渉の席で向かい合うことにもなったし(汗)。よく知っているだけに、やりやすくもやりにくくもあります。向こうも、同じような感じみたい。

わが社の労使は話し合い路線を取っていますが、組合職は専従ではないので、仕事の合間を活動に充てることになります。

しかも、任期間もない頃から、重大案件も提示され、先輩からは「後は任せたぞ」と冗談半分に言われる始末。まぁ、その先輩ともども、重大案件があるかぎり、組合からは抜けられそうにありませんが…。

そんなこんなで、いろいろ失敗もやらかしながらも、なんとかやっています。

春闘は賃金闘争をメーンに、諸要求も多岐に渡る。後ろには1000人近い組合員とその家族がいる。そう考えると、責任は重い。

完全なボランティア活動だなぁと思う一方、リスクもあり、責任も負わなければいけない。

ボランティアだから、責任を負わなくてもいいとは思いませんが、割に合わない役目であることには間違いありません。

本日も、これから業務の合間に事務折衝です。



去年の日記は?


2007/2/26 ウォークマンNW-S203F、使ってみました



|

« 「検見川送信所〜past,now,future〜」プロダクションノート | トップページ | オリンパス DS-60の実力 »

カテゴリ未分類」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:春の闘い(02/26)
SECRET: 0
PASS:

こんにちは。

うーん、大変そうだなぁとは思っていましたが、やっぱ、大変そうですねぇ。

この手の活動をされる方は尊敬します。

私も上水道に絡んだ活動を少しだけ手伝いましたが尻すぼみで。。。

投稿: アンビンバンコ | 2008年2月26日 (火) 16時40分

TITLE: Re[1]:春の闘い(02/26)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんにちは。



こんばんは。



>うーん、大変そうだなぁとは思っていましたが、>やっぱ、大変そうですねぇ。



大変ですが、アンビンバンコさんは非組合員である管理職でしたよね。そちらも大変では。



>この手の活動をされる方は尊敬します。

>私も上水道に絡んだ活動を少しだけ手伝いました>が尻すぼみで。。。



やっぱり、総意を得るのは難しいですよね。人それぞれ考えはあるし。

投稿: 久住浩 | 2008年2月27日 (水) 02時09分

TITLE: Re:春の闘い(02/26)
SECRET: 0
PASS:

今の僕の勤務先は組合そのものがないので、ずいぶん遠い世界のできごとのように映ってしまいますが、

大阪のマンションで管理組合の理事をやっていたときは、辛かったですね。「ボランティアで何でここまでけなされなあかんねん!」と人間不信に陥りかけたこともあります。

でも、だいたいにおいて賛成者は「サイレント・マジョリティ」なんですね。声を出さない。声を出すのは決まって反対者なので、どうしても全員が反対に回っているように錯覚を起こすんです。

そのことがわかったときに、ずいぶん気持ちがラクになりました。

会社の労組活動も同じようなところがあるかもしれませんね。



>後ろには1000人近い組合員とその家族がいる。



そう考えると、両肩に重たいものが乗っかりますよね。僕がこういう場面に遭遇したら、無責任かもしれませんが「他人のコトより自分のため」の感覚で臨むと思います。

投稿: まさやん0386 | 2008年2月27日 (水) 10時06分

TITLE: Re[1]:春の闘い(02/26)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん



>今の僕の勤務先は組合そのものがないので、ずいぶん遠い世界のできごとのように映ってしまいますが、

>大阪のマンションで管理組合の理事をやっていた>ときは、辛かったですね。「ボランティアで何で>ここまでけなされなあかんねん!」と人間不信に>陥りかけたこともあります。



やっぱり、同じような思いをされましたか。組合活動に限らず、いろんな方がいろんなことをおっしゃいます。勉強になりますよ。



>でも、だいたいにおいて賛成者は「サイレント・>マジョリティ」なんですね。声を出さない。声を>出すのは決まって反対者なので、どうしても全員>が反対に回っているように錯覚を起こすんです。

>そのことがわかったときに、ずいぶん気持ちがラクになりました。



>会社の労組活動も同じようなところがあるかもし>れませんね。



いまのお話を聞いて、僕もちょっとホッとしました。

反対意見をおっしゃる方は、意外と思いこみを基におっしゃっていることも分かりました。しかし、こちら側も誤解を生み出さない努力をしなければいけないですね。



>>後ろには1000人近い組合員とその家族がいる。



>そう考えると、両肩に重たいものが乗っかります>よね。僕がこういう場面に遭遇したら、無責任か>もしれませんが「他人のコトより自分のため」の>感覚で臨むと思います。



もちろん、自分が得する部分もあるのかと思います。でもね、そこはあんまり考えないようにしています。

投稿: 久住浩 | 2008年2月27日 (水) 12時58分

TITLE: Re:春の闘い(02/26)
SECRET: 0
PASS:

はじめまして。「自転車置き場」の検索からやってきまして、DIY系を中心にいつも拝見させていただいてましたが、初めて書き込みをします。

労組の執行委員をされているということで、大変ですね。副書記長ならなおさら大変だと思います。組合員1,000人ということは、さぞかしご苦労も多いことでしょう。

私は労組の委員長をやっていますが、こちらは組合員数50名足らずと小さな労組ですので、気楽にやっています。

いずれにせよ、春闘に入り、今がいちばん大変なときだと思います。お体をくずさずよう、お互いにがんがんばりましょう!

ちなみに、私は今年の4月で40歳になります。おそらく同じお年だと思いますが・・・。


投稿: ティモテ | 2008年2月28日 (木) 00時22分

TITLE: Re[1]:春の闘い(02/26)
SECRET: 0
PASS:

ティモテさん

>はじめまして。

>はじめまして。



>「自転車置き場」の検索からやってきまして、D>IY系を中心にいつも拝見させていただいてまし>たが、初めて書き込みをします。



DIY系は最近、まったく手をつけていませんね。申し訳ありません。



>私は労組の委員長をやっていますが、こちらは組>合員数50名足らずと小さな労組ですので、気楽>にやっています。



委員長とは。とても、私にはできそうにないです。副書記長でもせいいっぱいですが、来期はそうもいかないようです。



>いずれにせよ、春闘に入り、今がいちばん大変な>ときだと思います。お体をくずさずよう、お互い>にがんがんばりましょう!

>ちなみに、私は今年の4月で40歳になります。おそらく同じお年だと思いますが・・・。



同い年ですね。やっぱり、そういう年代に入ったということでしょうか。3月は8日くらい組合に当てなければいけないようです。お互い体調管理には気をつけましょう。



本当はスキーに行きたいんですけどね。組合運動よりもスポーツをしたい、と思う、この頃です。

投稿: 久住浩 | 2008年2月28日 (木) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40724583

この記事へのトラックバック一覧です: 春の闘い:

« 「検見川送信所〜past,now,future〜」プロダクションノート | トップページ | オリンパス DS-60の実力 »