« iPodケースは革がおすすめ | トップページ | iPod classicのビデオ出力の仕様がひそかに変更 »

2008年3月 5日 (水)

Googleにこそ問題がある

楽天ブロガーを揺るがすGoogle八分問題。

「楽天がいけない」という見方が多いようですが、はたしてそれだけの問題なのでしょうか? ちょっと斜めから見てみます。

楽天のシステム変更により、楽天ブログがGoogleに検索されにくい状態が続いています。楽天が導入した動的リンクが原因でスパムウェブとして認識されているという話です。

僕のブログもアクセスが約半分近く減りました。今月のアフィリエイトの収入も落ちることでしょう。ほかのブログに移転したり、移転を考えている方も少なくないようです。アクセス数が減った以上、その対策を考えるのは当然だと思います。

僕も、楽天ブログの不自由さに低く、これまでのシステム変更は改悪だと書いてきました。だから、今回のシステム変更は史上最悪の改悪だと書いたわけです。

しかし、もうひとつ大きな問題点があります。それはGoogle側の問題です。

ちょっと考えてみて下さい。

Googleが楽天ブログを検索結果から落とす合理的な理由はあるのでしょうか。

広告の動的リンクがスパムと見なされる。

「なるほど」とは思います。

たかだかそれだけの理由(あえて、そう書きます)で検索から落とされるのであれば、Googleのシステムにも大きな問題があるのではないでしょうか? つまり、Googleは、中身の重要性やアクセス数はちゃんと見ていないわけです。それでいいのか? 

今や、Googleに認められなければ、ウェブに存在しても意味はないというくらい、力を持っています。だからこそ、ウェブ運営者はGoogleに拾われやすいSEO対策を練るわけで、そのノウハウはビジネスにもなっています。Googleはある意味、新聞やテレビ並、それ以上の力を持っているわけです。

僕はこれまでGoogleを便利に使い、その検索結果やページランクはある程度の正当性があると信じてきたわけですが、今回の騒動でその信頼性に疑問を持ちました。

また、Googleが力を持ちすぎることに怖さを感じています。

いまや、Googleはどんなことでもできるのです。検索結果次第で、ネットビジネスの売り上げも変わる。こいつは気にくわないと思えば、その存在を無視することができる。それは経済だけでなく、政治の世界にも影響を及ぼすことができる。

もちろん、そこまでやらないかもしれません。しかし、その力はあるのです。

楽天はこのGoogle問題をどのように対処するのでしょうか?システムを元に戻すのでしょうか? それとも、Google側に何らかの要請をするのでしょうか?

この問題は奥が深いです。

グーグルを知ろう。グーグルの本はこちらから。


グーグル八分とは何か

musenhozon.jpg

去年の日記は?


2007/3/5 佐藤多佳子「一瞬の風になれ」



|

« iPodケースは革がおすすめ | トップページ | iPod classicのビデオ出力の仕様がひそかに変更 »

楽天ブログ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

こんばんは。

今までグーグルさんにはお世話になっていたのだけど・・今回の状況はショックです。



で、アンビンバンコさんに聞きましたが「楽天スタッフのブログ」だけページランクが戻ってるのはどういう取引なのでしょうか?(T_T)

投稿: のりぴぃ姫 | 2008年3月 5日 (水) 21時09分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

のりぴぃ姫さん、こんばんは。

>で、アンビンバンコさんに聞きましたが「楽天スタッフのブログ」だけページランクが戻ってるのはどういう取引なのでしょうか?(T_T)

答えは簡単。

高ランクなリンクを受けて高ランクを維持している楽天管理画面から静的リンクを受けているから。

園芸管理画面は動的リンクにされたのでランクゼロ。

園芸管理画面にブログがランキングされても恩恵なし。

こつこつ書き続けてランクインしたブログテーマも同様の理由で恩恵なし。

みんなゼロ。

投稿: アンビンバンコ | 2008年3月 5日 (水) 21時21分

TITLE: Re:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

仰る通り問題含みのようですね。



素人の私も、検索候補や履歴が列挙されるGoogleは大変便利で、上位検索結果から情報を得ることがほとんどになってしまいます。



もちろん、ネット上には正しい情報も、そうでないものもあり、取捨選択はユーザーの側に委ねられるのでしょうが、有害で無いものが排除されるようなことがあっては、情報操作と受け取られ兼ねません。



Google自身にとってもデメリットになってしまうような気もします。どうなるんでしょうね?協調はしていないような感じは受けます。

投稿: しぇるぽ911 | 2008年3月 5日 (水) 21時30分

TITLE: Re:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

こんばんは。

面白い切り口ですね。

結論から申し上げると反論になります。

Googleは世界中の本をインデックスしたいといいます。

そんな大量の情報の中から目的の情報を得るためには邪魔な情報を取り除かなくてはならない。

そのためにアルゴリズムがあるわけです。

BMWが読者には映像を流し検索ロボットにはテキストの別サイトを見せてGoogleから消されました。

現在でもGoogleはYahoo!に比べ簡単にインデックスされる反面、劣悪なサイトがたくさん上位インデックスされているのが現実です。

今の技術では検索精度を向上させるためには個々のケースまで細やかにフォローされないのでしょう。

IT産業で100万を超えるユーザーを抱える企業にこそ細やかなフォローが必要なのだと思います。



少なくとも火曜日時点でなんらかのアナウンスがあるべきです。

投稿: アンビンバンコ | 2008年3月 5日 (水) 21時33分

TITLE: Re:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

理路整然としていてとても説得力があります。

たしかにGoogleの影響力は大きすぎる。



ちなみに私のブログはアクセスが1〜2割程度、減少。

これはGoogle検索経由のアクセス分でしょうかね?

ただ、アフィにはあんまり影響ありません。

もともとランクC程度なので、あんまりいばってもいられませんがσ(^◇^;)



たぶん、私の場合、拙サイト『うっちいの音楽箱!』経由の

アクセスが、アフィヒットも支えてくれているのだと考えています。

投稿: 音楽と薔薇☆うっちい | 2008年3月 5日 (水) 22時34分

TITLE: Re:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

なるほど、Googleへの疑問という視点で見ると、また違った解釈が生まれるんですね。

確かに今や「Googleでなければ検索サイトにあらず」のような情勢になってきて、それはそれで怪しい空気が感じられますね。

おっしゃるように今回の事件は、奥が深いと感じました。

投稿: まさやん0386 | 2008年3月 5日 (水) 22時36分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

のりぴぃ姫さん

>こんばんは。



こんばんは。



>今までグーグルさんにはお世話になっていたのだ>けど・・今回の状況はショックです。



僕も検索はグーグルさんにお世話になることが多いです。



>で、アンビンバンコさんに聞きましたが「楽天ス>タッフのブログ」だけページランクが戻ってるの>はどういう取引なのでしょうか?(T_T)



取引はないでしょうね。ここだけ取引したら、さらに楽天ブロガーさんの反発を買ってしまいますもの。僕も確かめにいきました。ページランク4になっていますね。



理由はアンビンバンコさんが説明されていますね。納得です。

投稿: 久住浩 | 2008年3月 5日 (水) 22時59分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

しぇるぽ911さん

>仰る通り問題含みのようですね。



>素人の私も、検索候補や履歴が列挙されるGoogle>は大変便利で、上位検索結果から情報を得ること>がほとんどになってしまいます。



僕も実はホームに設定しているのはグーグルです。



>もちろん、ネット上には正しい情報も、そうでな>いものもあり、取捨選択はユーザーの側に委ねら>れるのでしょうが、有害で無いものが排除される>ようなことがあっては、情報操作と受け取られ兼>ねません。



以下、グーグルの説明の抜粋です。



完全性

Googleの複雑で自動化された検索方法には人為的な介入がありません。 PageRankTMを販売したり、商業的に検索結果を操作するということは一切ありません。Google検索は高品質なウェブサイトを手軽に探すための、正確で客観的な手段です。



とかかれていますが、ほとんどの楽天ブログがページランクなしという事態に、完全性があるのか疑問を感じます。



>Google自身にとってもデメリットになってしまうような気もします。どうなるんでしょうね?協調はしていないような感じは受けます。



グーグルから検索されないというサイトは過去にもありましたが、ここまでの規模は初めてのことではないでしょうか。おっしゃる通り、グーグルの信頼度も揺るぐ問題だと思います。



僕も、歩み寄るのはなかなか困難だろうと思います。今後、どうなるのかはネットの今後を占う問題だと思いますので、進展に注視したいと思います。

投稿: 久住浩 | 2008年3月 5日 (水) 23時11分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

アンビンバンコさん

>こんばんは。



こんばんは。



>面白い切り口ですね。



ありがとうございます。



>結論から申し上げると反論になります。

>そんな大量の情報の中から目的の情報を得るためには邪魔な情報を取り除かなくてはならない。

>そのためにアルゴリズムがあるわけです。

>BMWが読者には映像を流し検索ロボットにはテキストの別サイトを見せてGoogleから消されました。

>現在でもGoogleはYahoo!に比べ簡単にインデックスされる反面、劣悪なサイトがたくさん上位インデックスされているのが現実です。

>今の技術では検索精度を向上させるためには個々のケースまで細やかにフォローされないのでしょう。



グーグルのアルゴリズムが不完全だ、とおっしゃっているわけですね。僕が言っていることと大差はないように思えました。グーグルは検索システムに関して完全性があると書いていますが、やはり不完全なのではないでしょうか。

そもそも、人の手で作られたものに完全なものはないと、僕は思います。少々、哲学的ですが。



>IT産業で100万を超えるユーザーを抱える企業にこそ細やかなフォローが必要なのだと思います。



>少なくとも火曜日時点でなんらかのアナウンスがあるべきです。



こちらは楽天のことですね。ごもっともだと思います、僕も、ここまで楽天ブロガーが声を上げている以上、不安を解消するためのアナウンスがあるべきだと思っています。



僕は楽天にもグーグルにも問題はあるということを書いたつもりです。

楽天ブロガーとしては、「グーグルから検索されないようなシステム変更をするな」という声には道理があると思います。ただ、その一点だけで語られる問題ではないかと思いました。



ただ、説明がしきれていなかった点もあるかと思いますので、機会を見てもう少し書きますね(はーと)。

投稿: 久住浩 | 2008年3月 5日 (水) 23時48分

TITLE: Re:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

たかだかそれだけの理由(あえて、そう書きます)で検索から落とされるのであれば、Googleのシステムにも大きな問題があるのではないでしょうか?



 全くその通りだと思います。しかし、グーグルはシステムを改善していくのではないでしょうか? グーグルのシステムが高度に改善されて、楽天のシステムが改善されなくても、中身のしっかりしている楽天ブログのページランクが回復することになればいいですね。

投稿: takaak | 2008年3月 5日 (水) 23時59分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

音楽と薔薇☆うっちいさん

>理路整然としていてとても説得力があります。

>たしかにGoogleの影響力は大きすぎる。



ヤフーをはじめとした検索エンジンが力がないともいえます。このままでいくと、グーグルがスタンダードとなりますね。新聞にしてもテレビにしても、複数のものがあって、バランスが取れているわけです。他社さんにもがんばってほしいとは思います。



一方、グーグルは努力して、ここまで成長したわけですから、報われるべきだとも思います。その辺が難しいですね。ネットは新しい社会ですから、秩序ができるまでは、いろいろな段階があるのでしょう。



今回の一件はグーグルとは何かを改めて考える機会にもなっているかと思います。



>ちなみに私のブログはアクセスが1〜2割程度、減少。

>これはGoogle検索経由のアクセス分でしょうかね?



でしょうね。



>ただ、アフィにはあんまり影響ありません。

>もともとランクC程度なので、あんまりいばってもいられませんがσ(^◇^;)



僕もCランクです(汗)。最近はすっかりだめです。園芸ブログはこれからがハイシーズンではないでしょうか。



>たぶん、私の場合、拙サイト『うっちいの音楽箱!』経由の

>アクセスが、アフィヒットも支えてくれているのだと考えています。



複数のサイトを持つことはリスクヘッジになるようですね。

投稿: 久住浩 | 2008年3月 6日 (木) 00時06分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

まさやん0386さん

>なるほど、Googleへの疑問という視点で見ると、>また違った解釈が生まれるんですね。

>確かに今や「Googleでなければ検索サイトにあら>ず」のような情勢になってきて、それはそれで怪>しい空気が感じられますね。

>おっしゃるように今回の事件は、奥が深いと感じ>ました。



標的ができると、一点に集中する傾向があります。誰か一人を悪者にするのは非常に簡単なんですね。

(マスコミの報道を見ていただくとよく分かるのですが)



今回の一件は楽天が悪者という風に語られることが多いので、一石投じてみました。



いろんな議論があってこそ、総合的にプラスの方向に向かえるのではないでしょうか。検見川送信所の問題もそうですよね。



今後、楽天あるいはグーグルがどう対処するのか、どこへ向かっていくのかは、我々消費者が注視していく必要があるように思えます。

投稿: 久住浩 | 2008年3月 6日 (木) 00時21分

TITLE: Re[1]:Googleにこそ問題がある(03/05)
SECRET: 0
PASS:

takaakさん



> 全くその通りだと思います。しかし、グーグル>はシステムを改善していくのではないでしょう

>か? 

>グーグルのシステムが高度に改善されて、

>楽天のシステムが改善されなくても、中身のしっ>かりしている楽天ブログのページランクが回復す>ることになればいいですね。



そうですね!



グーグルは自分の検索システムを完全だといいきっています。そこに傲慢、慢心はないでしょうか。



楽天ブロガーが楽天のシステムを責める気持ちは分かるのですが、それこそグーグルの思うツボなんじゃないでしょうか。今後、すべてのウェブ、ブログはグーグルのスタンダードに併せて作ることになってしまいます。それって、おかしくないですか。



ですから、楽天だけでなく、グーグルに向けても、「否」を言うべきなのではないでしょうか、というのが僕の記事の趣旨です。



我々ブロガーはグーグルのためにブログを書いているのでしょうか?違いますよね。

投稿: 久住浩 | 2008年3月 6日 (木) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40744243

この記事へのトラックバック一覧です: Googleにこそ問題がある:

« iPodケースは革がおすすめ | トップページ | iPod classicのビデオ出力の仕様がひそかに変更 »