« 市民の力で市議を動かす | トップページ | 「グーグル八分とは何か」とは何か? »

2008年3月12日 (水)

スカイプの使い心地

前々回の記事で書いたスカイプ。友人に付き合ってもらって、通話テストしました。

相手はMacのラップトップだそうで、マイクがどこについているのかは不明だそうですが、とりあえず話はできるのだとか。

こちらは安いスタンドマイク。


スタンダードサイズ・マイクロフォンELECOM スタンドマイクロフォン MS-STM54

最初はオーディオテクニカの密閉式ヘッドホンで聴いていたのですが、密閉式だと自分の声が聞こえない(汗)。モニターのスピーカーに切り替えて話しました。


【11時までのご注文完了で当日出荷可能!】【在庫あり】【送料無料】audio-technica ATH-ANC7 / アクティブノイズキャンセリングヘッドホン「QuietPoint」 ATH-ANC7
楽天市場店 販売価格 17,040円 (税込 17,892 円) 送料込

マイクは安い単一指向性のせいか、あまり離れると聞こえなくなる様子。マイクで話すことになれていないせいか、時々、「聞こえない」と言われました。

そもそも、電話しているような感じなのに、マイクで話して、スピーカーで音を聴くということに違和感があります。慣れの問題でしょうかね。

もちろん、マイクの前に入れば、感度良好のようですが、パソコンをやりながら、あちこち動きたいこともあるわけです。

快適な環境にはマイク付ヘッドホンがあったほうがいいなぁと感じました。


MM-HSUSB6BK USBヘッドセット(ブラック)


マウス操作不要!電話感覚で簡単にSkype通話が楽しめる多機能モデルUSB対応 Skypeフォン ホワイ...


Skypeグッズはこちらから。

|

« 市民の力で市議を動かす | トップページ | 「グーグル八分とは何か」とは何か? »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40744236

この記事へのトラックバック一覧です: スカイプの使い心地:

« 市民の力で市議を動かす | トップページ | 「グーグル八分とは何か」とは何か? »