« ローズバッド~フレグラント アプリコット | トップページ | ブログの引っ越し~楽天からココログの場合 »

2008年4月 3日 (木)

Moleskine exhibition

あいさつが遅れましたが、08年4月1日付から楽天ブログから、このココログに移転しました。

楽天では「モールスキンとめぐる冒険」と題してきましたが、リニューアルとともに「モレスキンとめぐる冒険」に改題しました。

モレスキンとはフランスで生まれたノートブックで、現在はイタリアのModo&Modo社で製造が続けられています。最近では世界的なブームの中、新製品も数多く、リリースされています。

「モレ」とはモグラ、「スキン」は革のこと。カバー部分がモグラの革に似ていることから名付けられました。このカバー部分が秀逸で、水を見事に弾きます。また、ラバーバンドもついており、鞄に突っ込んでもページが乱れることはありません。フィールドワークにも優れ、しっかり知的財産を守ってくれるノートブックがMoleskineなのです。

日本では長らく英語読み風に「モールスキン」の名称で親しまれてきましたが、05年11月に日本の総代理店が原語の発音に改めたいと発表しました。

モールスキン世代としては、モレスキンなる言葉に抵抗(響きがよくないじゃないですか)があり、ずっとモールスキンと呼んできたのですが、この際、モレスキンの呼称を採用することにしました。

モレスキンはスケッチブックが有名です。


4/4現在1190円。これは安い。定価1660円だから。

かつてはゴッホ、マチスといった巨匠が愛用者でした。現代アーチストは全ての作品をモレスキンに書き込み、自分の世界観を披露しています。世界に一つしかない一冊のスケッチブックはあたかもミニ個展のようで、面白いです。

ココログは楽天と違って、YouTubeの動画を掲載できるので、ひとつ動画を紹介してみようと思います。

Moleskine Paula Scher notebook @ Detour exhibition

YouTubeで「Moleskine」と検索してみると、個性豊かな作品の数々を目にすることができます。アートの表現方法も変わってきましたね。

僕も、旅先などでは戯れに絵を書いたりしていますが、久々に何かを書いてみようかと思いました。

|

« ローズバッド~フレグラント アプリコット | トップページ | ブログの引っ越し~楽天からココログの場合 »

モールスキン Moleskine」カテゴリの記事

コメント

原文の読みが他の国では好ましくないことを理由に変えられるってことは、クルマの業界などでも良くありますね。

最初は間違ってるのかと思いましたけど、やっと理由が判りました(笑)

ちなみに日本のクルマですとレガシィは、オーストラリアではリバティという名前で売られています。どうも隠語と間違われるようです。

投稿: しぇるぽ | 2008年4月 4日 (金) 19時13分

疑問が解けましたか、書いた甲斐がありましたよ(笑)。

モールスキンの場合は英語風に読んでいたものが定着したようです。

しかし、モレスキンだと出来の悪いコンドームみたいでしょ?

しかしながら、ウィキペディアも「モールスキン」から「モレスキン」に変更したように浸透しつつあるようです。

ただ、生地素材としてはモールスキンという言葉が残っています。

レガシィは遺産転じて、未亡人という意味があるんですね。確かに車名にはふさわしくないですね。

投稿: 久住コウ | 2008年4月 4日 (金) 19時57分

先日TVで特集をされていた女優さんも
モレスキンの手帳を使っていました。
なんだかとってもおしゃれな感じ。(^-^)

投稿: 裏猫あ~ | 2008年4月 4日 (金) 21時25分

>裏猫あ~さん

女優さんって、誰ですか?

俳優さんにも、ファンが多いみたいです。
浅野忠信君はジャパニーズアルバムで絵を描いていました。

投稿: 久住コウ | 2008年4月 4日 (金) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/40758846

この記事へのトラックバック一覧です: Moleskine exhibition :

« ローズバッド~フレグラント アプリコット | トップページ | ブログの引っ越し~楽天からココログの場合 »