« 検見川送信所でロケしませんか?(2010/1/20現在、募集中止) | トップページ | GRデジタルワークショップ2 »

2008年4月29日 (火)

下志津駐屯地 つつじ祭り2008

過去記事でも紹介しましたが、本日は年に1度の下志津駐屯地の一般公開日。初めて行ってきました。

2008年4月23日 (水)
GWは自衛隊を見に行こう

恒例の旧所・名跡めぐりで言えば、ここは「旧陸軍下志津飛行学校」跡地ということになります。千葉市は民間航空の発祥地であったり、気球連隊が置かれたりと、飛行機には浅からぬ縁があります。飛行学校時代の建物などはないのですが、「広報史料館」に少し史料が残っていました。


大きな地図で見る

メーンイベントは午後10時半からの観閲行進。スタンド席から見ることができるのですが、10時半近くになると、席がいっぱい。僕はかろうじて、スタンド席に座ることができましたが、入場を断られた方もいるようです。座って見たい、という方は早めの着席がオススメ。撮影するとなると、スタンドではなく、芝生のロープ際の最前列を陣執るのがいいと思います。

来賓の千葉市長、臼井日出男元防衛庁長官の来賓あいさつなどがセレモニーが約30分あり、11時ごろから閲覧行進がスタートします。自衛隊の”戦車”などを間近で見る機会はありませんから、圧倒されます。


87式自走高射機関砲

11時半ごろからは敵がミサイル攻撃をしかけてきたという設定の演習。ほとんどの装備は別録りのサウンドを合わせて、煙を出すだけのデモンストレーションですが、96式装輪装甲車は空砲を発射していました。


96式装輪装甲車

”男の子”(笑)の心をくすぐるのは、ヘリですね。デモ演習が終わると、対戦車用のAH-1 コブラが着陸。


AH-1 コブラ

演習後はアトラクションコーナーで、自衛隊隊員によるロックコンサートなども。家族とふれ合う隊員の姿もあったりと、年に1度の一般開放日はお父さんの働く姿を見せる日でもあるようです。

午前は自転車で行ったのですが、いったん帰って、車で配偶者と娘を連れて行きました。午後は閲覧行進した装備品が一斉に展示されます。娘も96式装輪装甲車の上に座って、記念撮影したり、出店で大阪風お好み焼きや串焼きを食べたりと楽しんだようです。


イラク戦争で有名になったパトリオット。850億円

自衛隊では「ペトリオット」と呼んでいる。習志野駐屯地に配備しているものですが、つつじ祭りのために移動したそうです。ほかの展示品は触ることもできますが、これだけは柵を張って、数人の隊員が警戒に当たっています。

下志津に配備されているのは中SAMとよばれる「03式中距離地対空誘導弾」。仙台から名古屋までの標的を撃墜できるそうです。


03式中距離地対空誘導弾。ワンセット(1個群)約470億円

終了は3時ですが、最後も見所があります。ヘリの離陸を間近で見ることができました。パイロットは前面の機銃をウエーブさせたり、「また来年あいましょう」と手を振って、あいさつします。


観客に手を振るコブラのパイロット


離陸の際にはすごい風圧がかかる


ツツジの上を飛ぶコブラ


木更津に向かうコブラを見送る人々

こうして、家族で「つつじ祭り」が楽しめるのも、日本が平和だから、なんですね。


高層マンションのすぐ近くにある駐屯地

写真はキャノン30Dで撮影。新型は40D

EOS 40D ボディ
価格 94,500円 (税込99,225円) 送料別
【キャンペーン対象購入期間】
2008年3月20日(木・祝)~2008年6月30日(月)

【お申し込み締め切り】
2007年7月15日(火)

【景品内容】
EOS 40D・ボディをご購入の上、ご応募いただくと、10,000円をキャッシュバック!

|

« 検見川送信所でロケしませんか?(2010/1/20現在、募集中止) | トップページ | GRデジタルワークショップ2 »

千葉」カテゴリの記事

コメント

陸自も市民対話に熱心なさまが伺えます。
僕の住んでいる狭山市には空自の入間基地があって、毎年11月に「航空祭」というのが行われます。
かのブルーインパルスがアクロバット飛行をするので、毎年テレビニュースネタにもなりますが、この陸自のアトラクションもふだん見ることのないさまざまな車両に触れることができて、インパクトが強いですね。

投稿: まさやん | 2008年4月30日 (水) 09時19分

私は昨日のつつじ祭りには行きませんでしたけど
天気も良く、ご家族で楽しめたようですね。

間近での空砲や軍用ヘリの音は迫力がありますが
近くのマンション住人からは騒音や砲口がこちら
を向いている等の苦情も多く、自衛隊は気を使っ
ているそうです。昨日はパトリオットも見る事が
出来て、ついていましたね。

投稿: かっぱ画人 | 2008年4月30日 (水) 13時33分

>まさやんさん

自衛隊も市民から厳しいまなざしを向けられているところがありますから、市民との対話、理解を深めてもらおうということは必要なんでしょうね。

イベントには自衛隊ファンから、普通の市民まで、さまざまな”人種”が集まっている印象でした。

航空祭は毎年、すごい数の入場者ですよね。ネットでも調べてみましたが、人気が分かる充実ぶりですね。

まさやんさんは航空祭に行かれたことがありますか?今年は機会があったら、見に行こうかと思います。

投稿: 久住コウ | 2008年5月 1日 (木) 00時31分

>私は昨日のつつじ祭りには行きませんでしたけ
>ど天気も良く、ご家族で楽しめたようですね。

家族は興味を持たないかと思ったのですが、誘ってみたら、「行ってみたい」というので、見学に出かけました。

>間近での空砲や軍用ヘリの音は迫力がありま
>すが近くのマンション住人からは騒音や砲口
>がこちらを向いている等の苦情も多く、自衛
>隊は気を使っているそうです。

爆音は効果音程度で、少しがっかりしたくらいでした。ヘリの音も、ジェット機に比べると大したことはなかったです。

それでも、周囲は騒音と感じるくらいなのでしょうか?これは近くで生活されている方ではないと分からないかもしれませんが。言われてみれば、砲口はマンション側ではなく、西側を向いていました。

宅地化の進む昨今、市民との共存は大きな課題なのでしょうね。

>昨日はパトリオットも見る事が出来て、つい
>ていましたね。

これは3月末に習志野に配備されたばかりですものね。

投稿: 久住コウ | 2008年5月 1日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41039476

この記事へのトラックバック一覧です: 下志津駐屯地 つつじ祭り2008:

« 検見川送信所でロケしませんか?(2010/1/20現在、募集中止) | トップページ | GRデジタルワークショップ2 »