« ピエール・ドゥ・ロンサール開花 | トップページ | 正しい怒りの伝え方〜「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」(村上春樹) »

2008年5月22日 (木)

ボッタクリ飯店~大阪ワンダーランド

20~21日、会合のため大阪に行ってきました。会合が終わると、懇親会と称した宴会に突入するのが恒例となっています。

さて、どこに行くのかなと思っていると、先輩は「今夜はボッタクリ飯店だ」と笑いながら言います。

ボッタクリ飯店?

前回、閉店間際に行ったら、5人で25000円取られた、とか。「酒なんか、そんなに飲んでいないのにさぁ」と先輩。1人あたり5000円。東京の常識から言っても安くはないですねぇ。

しかし、そんなボッタクリ飯店にみんなで行こうというのは、かなり酔狂ではないか。

行った先は普通の中華料理屋。まだ外は明るい午後5時すぎのことです。しかし、僕らが到着した頃には、先乗り組の飲みが既に始まっていて、適当につまみも出ている。

ここまでは普通ですね。

ここからはボッタクリ飯店の本領発揮。

そのうち、どんどん料理がテーブルに並べられる。ギョーザ、炒めもの、冷やしトマト(中華?)、鶏の唐揚げ(中華?)などなど。皿でテーブルがいっぱいになる。

「そろそろ、注文しようか」と仲間の1人が言い出す。

えっ、注文してなかったの?

「一切してない。出来上がった料理を勝手に持ってくる」

こちらも注文してない料理をひたすら食う。なんか変。

「ちゃんと注文数を計算しているのだろうか?」
「しているわけがない」
とにかく、皿の料理がなくなると、不思議と新しい料理が出てくる。

環境が人を作るのか? 人が環境を作るのか。その真理は分からないけれど、こちらも、ボッタクリ飯店のシステムに慣れてくるようだ。

ビールは既に注文すらしてない。後輩が目上の者から注文を取って、勝手にサーバーからつぎ始める。店の人も適当で、黙認。楽でいいくらいにしか思っていないようだ。

僕らが占拠したのは、座敷だったのですが、その壁にはこんな張り紙もある。

「閉店時間は午後9時です。私たちも三十路を過ぎ、ヘトヘトです。閉店時間を守ってください。ご理解お願いします」

僕がこれに気づいたのは10時を回ったくらいだったろうか?しかし、店員も「そろそろ閉店なんで」とも言わない。

大阪の後輩に聞くと、「こんなん、気にせんでもええですよ」

結局、僕たちはロッテ対巨人戦をやんややんや言いながら最後まで見て、宴会は11時近くに終了した。1軒の店で滞在6時間。さすがに飲み疲れた。

さて、会計は? というと、途中出入りもあったが、延べ21人で8万ちょっとだったそうです。一人4000円もいかない?6時間もいたわけだから、1人1時間あたり600円ちょっとしか使っていないことになります。これで儲けはあるのか?

「ボッタクリ飯店は大勢で来ると、なぜか安いんだ」

ボッタクリ飯店は、ぼったくるのか、そうではないのか。ナゾの店であった。

|

« ピエール・ドゥ・ロンサール開花 | トップページ | 正しい怒りの伝え方〜「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」(村上春樹) »

」カテゴリの記事

コメント

ぼったくり飯店、面白いですね。
初めてだとビビるだろうなぁ(^_^;)
大人数だと良さそうですね。

投稿: アンビンバンコ | 2008年5月22日 (木) 11時49分

やりますねぇ、「ぼったくり飯店」。
少人数だと『ぼったくり』、大人数だと明朗会計。
ビールは勝手に客がサーバーから入れるなんて、ええ加減の極致。都会でこんな店が許されるのは、大阪以外はないのかもしれませんね。

ちなみにこんな店をミナミでやり出したら、1日でその店が潰れると思います(笑) それくらいミナミの人間はがめついので…(^_^;)

投稿: まさやん | 2008年5月23日 (金) 12時24分

ボッタクリ・・・・というより“丼勘定”と言った方が正確なような?(笑)

こういうアバウトなところも、大阪の良さでしょうかね?

投稿: しぇるぽ | 2008年5月23日 (金) 17時36分

アンビンバンコさんへ

初めてだと、なんだろうと思うでしょうね。
なじみの店だからこそ、大阪のみなさんは「ボッタクリ飯店」と呼ぶのでしょうね。

投稿: 久住コウ | 2008年5月23日 (金) 22時41分

>まさやんさん

>やりますねぇ、「ぼったくり飯店」。
>少人数だと『ぼったくり』、大人数だと明朗
>会計。

明朗会計なんでしょうか?
東京出身の僕には理解不能です(笑)。

>ビールは勝手に客がサーバーから入れるな
>んて、ええ加減の極致。都会でこんな店が許
>されるのは、大阪以外はないのかもしれませ
>んね。

やっぱり浪速流なんですね。大阪時代はこんな店ばかりだったのでしょうか?

>ちなみにこんな店をミナミでやり出したら、
>1日でその店が潰れると思います(笑) そ
>れくらいミナミの人間はがめついので…(^_^;)

ミナミって、行ったことがないのです。なんか凄そうですね。

投稿: 久住コウ | 2008年5月23日 (金) 22時44分

>しぇるぽさん

>ボッタクリ・・・・というより“丼勘定”と言
>った方が正確なような?(笑)

どんぶり勘定にもほどがあるような気が…(笑)。超どんぶり勘定でしょうかね。

>こういうアバウトなところも、大阪の良さ
>でしょうかね?

人間らしくて面白いですよね。まぁ、少人数だとボッタクリといっても、たかがしれていますし。

投稿: 久住コウ | 2008年5月23日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41280519

この記事へのトラックバック一覧です: ボッタクリ飯店~大阪ワンダーランド:

« ピエール・ドゥ・ロンサール開花 | トップページ | 正しい怒りの伝え方〜「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」(村上春樹) »