« 「しのぶれど」はやや難しい? | トップページ | フロントガーデンのミニバラ »

2008年5月28日 (水)

田中長徳さんの万年筆はラミー「サファリ」

かっぱ画人さんから、写真家の田中長徳さんの実家は万年筆店だと聞きました。万年筆好きとしては、気になる情報です。

長徳さんの実家はどんな万年筆を作っていたのだろう?

ネットで検索してみると、長徳さんのブログに、その記述がありました。

KCチョートクカメラ日記
2008年2月20日 (水)
万年筆を買う

詳細は長徳さんご自身のブログに譲りますが、実家の万年筆は使ったことがないそうで、前回の記事で書いたラミーの万年筆はサファリのよう。サファリは僕も3本持っています。ドイツ製らしい質実剛健を持ち、シンプルなデザインも魅力的です。

2本あった長徳さんのサファリですが、1本は人にあげてしまったそうで、もう1本はなくしてしまった、と書かれています。ところが、知人が購入したペリカンのペン先を見たら、欲しくなったとか。その後、買われたのだろうか?

ペリカンも、すごくいいですよね。フラッグシップモデルは緑のストライプ。N100というモデルは1937〜40年代に作られましたが、今も現役。いいものは時代を経ても、古びないし、壊れない。N100はいつも鞄の中に入っています。


2005年9月 2日 (金)
念願のペリカンN100

楽天で探す
ペリカンの万年筆

|

« 「しのぶれど」はやや難しい? | トップページ | フロントガーデンのミニバラ »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41348830

この記事へのトラックバック一覧です: 田中長徳さんの万年筆はラミー「サファリ」:

« 「しのぶれど」はやや難しい? | トップページ | フロントガーデンのミニバラ »