« 飲み過ぎた | トップページ | 精密機械のネットオークションは難しい »

2008年6月28日 (土)

木村伊兵衛 昭和を写す

勅使河原宏監督作品『十二人の写真家』予告編

ライカユーザーのことを「ライカ使い」と言う。

ライカの歴史を調べていくと、木村伊兵衛 というカメラマンにぶつかる。土門拳と並び、ライカ使いとして有名な人物だ。

木村はスナップショットを得意とした。スナップショットほどプロ、アマの差が出ないものはないという。スタジオなどでのコマーシャル写真では機材やセッティングも違うし、技術の差は明確だが、路上では機材の違いはほとんどない。そのスナップショットで勝負し、称えられたところに木村伊兵衛という人物の凄さがある。

「木村伊兵衛 昭和を写す」は全4巻。戦災で焼け野原になった東京、戦後間もなくの闇市、銀座、復興を遂げる姿、有名人のポートレイト、秋田の美しい女性…。

   

「昭和」=「過去のもの」という印象だが、木村はもちろん、そういう意識では撮っていない。目の前で起こった今、リアルな瞬間を切り取り続けた。だから、写真の中の風景は古くても、そこに写っている人々の表情は生き生きとしている。

スナップショットは被写体との一瞬の出会いであり、それがフィルムに定着することで永遠のものに変わる。写真は、移り行くものを閉じ込めたい、という欲望のような気がする。日本人はとりわけ写真好きな民族ということになっている。それは日本には古来から四季があり、「わびさび」という考えが染み付いているからじゃないか、とふと思った。季節の花々や事象を見て、歌に残す。そんな感覚と似ている。

|

« 飲み過ぎた | トップページ | 精密機械のネットオークションは難しい »

Leica ライカ」カテゴリの記事

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41667406

この記事へのトラックバック一覧です: 木村伊兵衛 昭和を写す:

« 飲み過ぎた | トップページ | 精密機械のネットオークションは難しい »