« ライカM3&ズミクロン50mmテスト撮影 | トップページ | 雨の検見川送信所と吉田鉄郎シンポジウム »

2008年6月 4日 (水)

日本最初のライカ使いは検見川送信所所長

ライカ病という恐ろしい病があるそうです。これに感染すると、いても立ってもライカが欲しくなるとか。僕はこのタチの悪い病に感染し、ライカM3を買ってしまったようです。病ならば、仕方ないですね(笑)。


ショッピングクレジット分割払12回まで金利1%!!《中古良品》Leica M3 (70万台)

ライカはずっと気になっていたカメラでした。ただ、ナイスミドルのジェントルマンが休日にパシャリとやるもので、僕のような若造が持つにはちょっと違うかなと思った。

さて、本日の本題。今から約80年前、同じライカ病の熱に浮かされた人がいる。検見川送信所所長の菊谷秀雄氏だ。

購入したきっかけは、検見川送信所を知る会のトップページにある写真を初夏らしいものにしようという話が持ち上がったこと。今の写真は十分素晴らしいのですが、銀杏が落葉した姿で、季節感を考えると、ちょっと違和感がある。

そんなこんなで以前撮った写真を見返してみたのですが、ピンと来るものがなく、新たに撮り下ろそうかと思った。そんな時に頭を過ったのがライカでした。

送信所の初代所長を務めた菊谷秀雄氏の自伝「検見川送信所の思い出」には、ライカのことが出てくる。

菊谷所長は当時、日本に数台しか輸入されていなかったライカを購入し、米国、欧州への視察旅行にも持参し、数千枚の写真を撮影したと記しています。

実は検見川送信所とライカにはただならぬ縁がある。検見川送信所は大正14年竣工。ドイツのライツ社が市販のライカA型を発売したのも同じ年のこと。つまり、送信所とライカは同い年。

ライツ社はドイツらしい几帳面な会社で、いろんなことを記録に残している。ライツ社が日本の代理店であるシュミット商会にライカA型を輸出したのは1925年春。送信所が竣工式を行ったのも同時期。このファーストライカは1926年までに50台のライカA型が輸出されたとあり、菊谷氏の記憶通りならば、菊谷氏はファーストライカを手にした初期の1人ということになる。

日本初の国際放送を成功に導くなど、技術者として非常に優れた方だったわけですが、当時のハイテク機械だったライカに目を向けるとはさすが。

ライカは映画の露出計として開発されたため、35mmフィルムが使用されたことが定説になっている。当時は大判の写真機が主流だったため、この35mmフィルムを手に入れるのは容易ではなかったと思われる。国産のフィルムが誕生するのは1937年のことだそうだ。

ライカという存在が日本で広く紹介されたのは1929年、飛行船ツェッペリン号の飛来という。船長以下、乗組員たちはライカA型を首からぶる下げていたのだという。ツェッペリン号のニュースは当時、新聞の一面記事になり、ニュース映画としても映画館で流された。菊谷氏も当然、このツェッペリン号の人々の胸にあるのはライカだと気付いたはず。

検見川送信所は、このツェッペリン号とも交信している。ただし、東京無線局が威信をかけて行った通信だったが、北海道の無線局に感度、通信時間とも及ばなかったとされ、検見川送信所としては苦い経験として残った。

これを契機に写真家・木村伊兵衛、映画界の巨匠、小津安二郎がライカを手にすると言ったら、菊谷氏の先見の明のほどが分かるでしょう。

ただ、残念なことがある。世界一周の貴重なフィルムと写真は残っていない。

戦時中、防空壕にしまっていたそうで、湿気とカビにやられ、全て処分したそうだ。よりによって、湿気の巣窟と思われる防空壕なんかにしまったのか、と思いますが、これにも事情がある。千葉市は二度と大きな空襲に遭っている。大切な写真を残そうと思ったからこそ、防空壕に保管したのでしょう。もし、現存すれば、初期のライカで撮られた貴重な旅行写真として歴史的な価値を持ったことでしょう。

「検見川無線の思い出」には検見川送信所の写真がいくつか掲載されています。


「検見川無線の思い出」より

菊谷氏は当時は鮮明だったのに、経年の変化で色褪せてしまった、とも記している。この中の写真のいくつかはライカによるものだった。

菊谷氏は昭和8年ごろには海外の無線通信の記念にQSL(受信)カードも海外へ送っていた。厚手の印画紙を探し、自分で焼き付けたというから、相当なライカ使いだった。

こんな歴史的な経緯を振り返ると、やっぱり送信所を撮るカメラにはライカがふさわしい気がします。

昭和初期、「ライカ1台家1軒」と言われた。ライカ1台の値段で家1軒建てられるというもので、ライカがステータスだったことを物語る言葉。菊谷氏が購入したライカはおそらく300円。当時の月給は100円なので給料3か月分。当時は物価がドン底で、小さな一戸建ては300円ちょっとで買えたという。

今もライカは高価ですが、価格はグーンと下がっている。赤瀬川原平に言わせれば、今の日本はカメラにおいての充実度は幸福だ。確かにその通り。家は買いにくくなったが、ライカは買えるのだから。

楽天で探すライカ

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

|

« ライカM3&ズミクロン50mmテスト撮影 | トップページ | 雨の検見川送信所と吉田鉄郎シンポジウム »

Leica ライカ」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41424880

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最初のライカ使いは検見川送信所所長:

« ライカM3&ズミクロン50mmテスト撮影 | トップページ | 雨の検見川送信所と吉田鉄郎シンポジウム »