« エクステリアの塗装はインウッド | トップページ | ライカを買う理由(田中長徳) »

2008年6月11日 (水)

ライカM3@佐原

ライカM3(ズミクロン50mm+UVフィルター、フジカラー100)で撮った佐原でのネガが現像から上がってきました。

2008年6月 1日 (日)
小江戸・佐原

2本目のフジカラーフィルム。家族のスナップショットが多いので、そのままネットに掲載できるようなものは少ないんですけど。

全24枚にはピンぼけ、フレアありで、なかなか難しいものだなと思いました。逆行気味の写真は度々フレアが出てしまっている。やっぱり、フードが必要か。

開放f2では緑が強くなりました。どうしてなんだろう?


蔵を改造した民芸品店内部

最初にテストの時は、日中の自転車置き場を開放値で撮影していますが、このときも緑が強い。

テスト撮影のほかの写真はこちら


ライカ


ズミクロン

|

« エクステリアの塗装はインウッド | トップページ | ライカを買う理由(田中長徳) »

Leica ライカ」カテゴリの記事

コメント

青味が強いのは富士フイルムの性格もあると
思いますので、コダックのネガカラーフイルムを
試してみてはどうでしようか? 

また現像に出すお店を変えて様子を見るのも
どうでしょう。

投稿: かっぱ画人 | 2008年6月12日 (木) 01時35分

>かっぱ画人さん

確かに富士フイルムの特徴かもしれません。僕は大学時代、8mmフィルムで映画を撮っていました。フジは青みが強く、コダックは赤みが強いなどの特徴が見られました。

今度はコダックを使ってみることにします。いろいろと試しているみるのも楽しいですからね。

そろそろライカ復活しないのですか?期待しています。

投稿: 久住コウ | 2008年6月12日 (木) 03時04分

私はカメラについては素人の門外漢なので、ライカで撮影されたと言われてみるとなんだか素晴しく見えてきますね。立体感があるような・・。
きっと名機というのはは、持ち主のこだわりや思い入れが乗移るものなのでしょうね。

投稿: きくち | 2008年6月12日 (木) 10時23分

>きくちさん

>私はカメラについては素人の門外漢なので、ラ
>イカで撮影されたと言われてみるとなんだか素
>晴しく見えてきますね。立体感があるよう
>な・・。

ライカレンズは、「シャープながらソフトな味わい」といった形で評価をされます。デジカメのようなカリカリとした画質とは少し違いますね。

>きっと名機というのはは、持ち主のこだわり
>や思い入れが乗移るものなのでしょうね。

このカメラは当年50歳。レンズは43歳。どのような道を経て、僕の手元にやってきたのでしょうか。興味があります。


投稿: 久住コウ | 2008年6月17日 (火) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41496777

この記事へのトラックバック一覧です: ライカM3@佐原:

« エクステリアの塗装はインウッド | トップページ | ライカを買う理由(田中長徳) »