« 日本最初のライカ使いは検見川送信所所長 | トップページ | バラ談議 »

2008年6月 5日 (木)

雨の検見川送信所と吉田鉄郎シンポジウム

関東地方は2日に梅雨入りし、不安定な天気が続いています。本日も午前中は雨がパラパラ。

前回記事で報告した通り、近いうちにライカM3で撮影してこようかと思っていますが、今回の写真は先週末、GR DIGITAL2で撮影した、雨に濡れる検見川送信所。


★代引手数料・送料無料!アクセサリーもお買得価格!★【でんき0317】リコー GR DIGITAL II
価格 51,240円 (税込 53,802 円) 送料込

正面の銀杏の木は葉が生い茂り、周囲にも雑草がたくさん生えてきました。雨が降ると、むき出しのコンクリートが暗い色に変色してしまいます。


2008/5/31(GR DIGITAL2)


2008/2/3(GX100)


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 47,429円 (税込 49,800 円) 送料別

送信所跡は昨秋くらいから資材置き場と作業車の駐車場として使われていますが、作業車の数がグンと増えていました。また、周囲の柵には「あぶないから、はいらないで」という立て看板がたくさん貼られていました。

文化遺産がこんな使われ方ではもったいない。

がっかりな光景で、落ち込みましたが、明るい話題も。送信所を設計した建築家・吉田鉄郎氏のシンポジウムが以下の通り、開催されます。案内文いただいたので、そのまま転載します。

【日本建築学会、シンポジウム】

「日本における近代建築の原点-吉田鉄郎の作品を通して」

http://news-sv.aij.or.jp/jnetwork/scripts/view30.asp?sc_id=1963
2008年6月30日(月)開場17:30、開始18時00分~

【趣旨】

5月19日に吉田鉄郎に関する特集番組が富山テレビで放送されました。東京中央郵便局が現在置かれている状況、設計・建設時に吉田や時代が考えていたことを冷静に取材したドキュメンタリー番組です。

番組のドイツ取材では、吉田鉄郎がヴァスムート社に送った原稿が見つかり、その場面などが放送されています。この番組を見て、吉田鉄郎の作品について議論するシンポジウムを6月30日に建築学会ホールで開催したいと存じます。

当日は、番組を制作されたディレクターも出席されます。

どうぞご参加ください。

【番組について】

2008年5月19日(月)放送(第336話)

『平凡なるもの~建築家 吉田鉄郎物語~』

http://www.bbt.co.jp/bspe/index.html

musenhozon.jpg
賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

|

« 日本最初のライカ使いは検見川送信所所長 | トップページ | バラ談議 »

GR DIGITAL2」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

撮影ご苦労様です。
曇天だと気分も滅入りますよね。知る会HPのトップページに使わせてもらおうかなぁ、と思いましたが、作業車が少し興ざめ。どうしたもんでしょうね。

投稿: まさやん | 2008年6月 6日 (金) 09時08分

>まさやんさん

>撮影ご苦労様です。

撮影は送信所裏の老人ホームを訪問した際に、ついでにパチリといった感じです。当日はバッチリ雨で、ほとんど撮れませんでした。

>曇天だと気分も滅入りますよね。知る会HPの
>トップページに使わせてもらおうかなぁ、と
>思いましたが、作業車が少し興ざめ。どうし
>たもんでしょうね。

この写真はあくまでも、近況をありのままにお伝えしようと思って掲載しました。興ざめな感じの写真を選んでおりますので、トップページで使うにはふさわしくないと思います。

投稿: 久住コウ | 2008年6月 7日 (土) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41432123

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の検見川送信所と吉田鉄郎シンポジウム:

« 日本最初のライカ使いは検見川送信所所長 | トップページ | バラ談議 »