« 90歳の祖母の「初めて」 | トップページ | 千葉公園の大賀ハス、ただいま五分咲き »

2008年7月 6日 (日)

アグフア ビスタ400

欧州出張に行くと、大きな看板で必ず目にしたフィルムメーカーの「アグフア」。既に倒産し、フィルムは製造中止。07年夏に復活を遂げたが、現在のフィルムはオリジナルとは違うらしい。

かっぱ画人さんも2008年06月07日付の記事「アグファのフイルムでもう一度」で「全紙に引き伸ばしても何処か折り目正しくカチンと写る」と書いていらっしゃる。

「ない」と聞くと、試したくなるのが人情というもの。某オークションで探して、ビスタ400(24+3)撮りを10本まとめて、手に入れた。ブツは08年2月期限のものだが、出品者は冷蔵庫で保存していた、ということ。引き続き、冷蔵庫保存すれば、しばらく持つような気がしている。

ライカM3+ズミクロン50mm+UVフィルター+12538フードという装備で、テスト撮影。一応、露出とシャッタースピードを記したが、メモは取っていないので、アバウトなもの。現像はフジカラーのショップに出した。現像液は互換性があるみたい。

カラーフィルムはライカM3&ズミクロン50mmのコンビでは3本目になる。フジカラー100に比べると、発色がいい(もっと色がはっきりしたものを使えば、より差が出たかも)。緑の色はアグフアの方が好きだ。(バニラボニカ フジカラー100 )


散歩道の紫陽花(f4 1/250s)

夜の店内で撮影したが、三脚を立てて、ノーフラッシュ。ここまでくっきり撮れるのは、ズミクロンの優秀さ。


千葉・一幸にて(f2 1/15s)

宅地開発業者による保護樹木の伐採問題でニュースにも取り上げられた甲大神内の石碑。


甲大社(f2.8 1/125s)

こちらにはほかの写真も。

ネットで検索してみると、復活したアグフアはパワーショベルという会社から発売されている。

アグフアのフィルムは楽天でも買うことができる。多分、オリジナル(要確認)。ポラロイド同様、在庫限りだと思う。


35mmFilm AGFA カメラフィルム 36枚撮り

ライカM3&ズミクロン50mm


ライカ


ズミクロン

|

« 90歳の祖母の「初めて」 | トップページ | 千葉公園の大賀ハス、ただいま五分咲き »

Leica ライカ」カテゴリの記事

コメント

M3にアグファをお試しになりましたね。

好みの問題もありますが、私はアグファと
ライカの組み合わせは好きでした。
相性も良いと思います。

アグファのULTRAと言うフイルムが
懐かしいです。

投稿: かっぱ画人 | 2008年7月 7日 (月) 01時50分

>かっぱ画人さん

僕もフジカラーより、アグフアの方が好きです。
はっきり色が出るし、パッケージ通り、赤の発色などよさそうなので、花の撮影とかで威力を発揮しそうですね。

お探しのものはULTRAでしたか。それはもうないようですね。VISTAでよろしければ、3本お送りします。試してみて下さい。

本日の記事で書かれていたソフィー・マルソー。
僕のミューズです(笑)。そのソフィーが写真家を演じている、とは。これは見なければいけませんね。
情報ありがとうございます。

投稿: 久住コウ | 2008年7月 7日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41751134

この記事へのトラックバック一覧です: アグフア ビスタ400:

« 90歳の祖母の「初めて」 | トップページ | 千葉公園の大賀ハス、ただいま五分咲き »